<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 16日

被災地の方々には申し訳ない

つらい状況で寒さと食糧不足に耐えていらっしゃる被災地の方々には申し訳ないのですが、原発の報道と計画停電、スーパーの品薄状態にはかなり参っています。

日本で今一番問題なのは電力不足とガソリン等の不足でしょうか。

地震以来スーパーもコンビ二も棚はガラガラです。何かが新たに入荷してもすぐに売り切れます。しかも計画停電の影響で終日閉店か開店時間が短縮され仕事をしていると買い物ができないのです。計画停電とは言え、その区分は大雑把で、我が家は2つのエリアの対象となっており、一体いつ停電するかよく分かりません。食材不足といつ来るか分からない停電のため食事の用意も普段どおりにはいきません。
そして保育園も保育時間の短縮を始めました。仕事をしているとお迎えに間に合いません。

職場の停電時間は自宅の停電時間とはまた違います。停電時間は実際には停電しなくても職場のサーバーはシャットダウンされるので、仕事に支障が出ます。
しかし、仕事はいつもより忙しいのです。焼肉チェーン店(震災後も営業し続けています)の食材を調達する部署にいる私、コンビ二でも品薄の今、食材調達は至難の業です。そして、調達できてもガソリンがないのです。ガソリン不足は輸入にも支障をきたす程度になってきました。外国から荷物が届いても、港から国内に運ぶためのガソリンがないのです。港には荷物が山積みで、新たに来る船は入港できず、次の船は外国を出港できません。日に日に深刻になる状況で、日本という国がもう元には戻れないのではないかという悲しい気持ちに襲われながら仕事をしています。

帰宅途中に見るのは、いつもより暗い街です。ほとんどの店舗が閉まっているか節電していて、とにかく暗いのです。今日は最寄り駅の反対側のエリアが停電していて真っ暗で、それを見て泣きそうでした。空を見上げると皮肉にも普段は明るすぎて見えない星がいくつも見えました。日本の経済はこうして萎縮したまま、ただ衰退していくのでしょうか。

仕事がハードになったのに、保育園の保育時間は短縮され、停電や食材の確保にも困っているので、息子をしばらく三重の実家に預ける事にしました。福島の原子炉も気になりますし。とっても寂しいです。ほんの1週間ほど前の日常がとても遠い事のように思います。

外国人の日本脱出も報道されていますね。夫の同僚も半分は仕事を放り出して帰国しました(笑)。しかしまあ、このまま経済が停滞すればいずれは夫も私も失業するのは目に見えているのですから・・・。

首都圏ですらこの混乱ぶり。今回の災害の大きさを思い知らされます。被災地の方々のご苦労を思えば贅沢な悩みかも知れません。それでも原子炉の事故の報道と、日本の復興への不安、仕事も日常もこれまで通りにいかなくなって、とうとう息子と離れ離れになった現実に平常心ではいられません。

息子は放射性物質が漏れる事故の発生したことを理解しています。「直るの?直せるの?」と聞いてきます。「分からないんだって」と伝えると「どうしてそんなもの造ったの?」とも言っていました。

自宅から東京駅まで、レインコートを着てマフラーを巻いて、普段は嫌がるマスクをして夫に手を引かれて旅立った息子。後からその写真を夫に見せられて思わず笑っちゃいました。電車の中で目立ったろうな~。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2011-03-16 22:03 | 国際結婚2011年の日記