<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 26日

成長しています

写真では分かりにくいですが・・・保育園児が、しかも男の子がお琴を弾いています。我が保育園名物のお遊戯会でのお琴の演奏です。
e0027594_12332062.jpg

途中で爪が何度も落ちて(笑)、拾っては弾く、拾っては弾くの繰り返しだった我が息子(汗)。でも、きちんと演奏していました。その昔、お遊戯など一切参加せず突っ立っているだけだった息子。成長しました。

12月はこのお遊戯会に始まり、園での三者面談や、自宅での保育園の友達を招いてのクリスマスパーティーと行事が盛り沢山。その間に土曜日の出勤もこなしてまたたく間に年末となりました。

三者面談では、数字や文字を上手に書け、お家でお料理のお手伝いをする息子が先生や他の子供たちに評価されていることを聞かされて安心・・・でも、サンタクロースの顔を「へのへのもへじ」って描いたのにそれを褒められたとか・・・いいのか?本当に?
新しく入った保育士さんは息子と目が合わない事を何となく心配していたと教えてくれました。で、今の環境ではあまり目立たない息子の発達障害が、小学校入学という環境の変化によって何かしらのトラブルを引き起こす可能性がある事を伝え、何とか息子が新しい環境に馴染めるようにサポートしていただけるようにお願いしてきました。「小学校に馴染めず1時間目から保育園に逃げ帰っても笑って受け入れる」という先生のお言葉・・・ちょっとお金はかかるけど(汗)、学童保育でもこの保育園のお世話になるのが息子には一番と思っています。

25日は園で仲の良いお友達を招いてのクリスマスパーティー。一番貧乏な我が家に集まるのは・・・我が家がもっとも駅に近く便利であるのと、我が家が相変わらず家具も少なくがらーんとしており(汗)子供たちが走り回るスペースがあるからでしょうか(笑)。夫はこういう時張り切って料理をし、子供たちと鬼ごっこしてパパとしての株を上げる。お友達のママもチキンナゲットやワインを差し入れてくれて、にぎやかで楽しい時間でした。ケーキは小さな一口サイズマフィン(30個入りで398円とかの)に、子供たち自身で生クリームやチョコペンで飾りつけをしてもらって食べました。うちの子はバクバク食べたけど、よその子はあんまり・・・(汗)ちゃんとしたケーキじゃないとお口に合わなかったんでしょうか・・・(泣)。

お金もないし、家も狭いし、車もないし・・・でも、交通が便利な駅前に住み、日当たりの良い小さなマンションでエアコンも使わずお金も使わずのこの生活、そんなに悪くないと思ってます・・・でも何かそう言うと夫失業してもOK、貧乏でもOKみたいに夫に誤解されそう。もちろん、夫にちゃんと仕事して貰いたい、もう1人子供養えるくらいになって貰いたいんですけどね。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2010-12-26 12:28 | 2010年(5~6歳)の日記
2010年 12月 10日

近況

夫・・・また失業しました。

毎朝、晩ご飯の下ごしらえをして、自分の弁当作って、子供が弁当の日は子供の弁当も作って、子供を保育園に送ってから出社。恐らく他の人の1.3倍のスピードで仕事を片付け、「もう帰るの?」と言われながら(笑)、ほぼ定時で退社し保育園へお迎え。たまに遅くなるような事があると子供はひっくり返って怒るんです(泣)。「おなか空いたー」「おやつ食わせろー」と喚く子供を宥めながら洗濯物を取り入れ、夕食を仕上げて子供と夕食をとる。「これ嫌ーい」「こぼれちゃったー」「マヨネーズがないと食べれなーい」といっこうに落ち着かない。食べ終わった子供の手や服の汚れを拭き、机を拭き、床を拭き、台所の後片付けをし、保育園から持ち帰った汚れ物を片付け、明日の持ち物を揃え終わった頃・・・夫はようやく帰宅し、子供がギャーギャー喚く中私が必死に作った夕食をTVを見ながら1人悠々と食べる。そのくせ非正規社員なので月収は僅か。それでも「仕事があるうちは仕事を辞めたくない、家事と子育てはお前がやれ」と言い続けてきた夫。失業した途端、「お前が正社員になればいい」と言う。そのくせ、夫はまた次の仕事が見つかれば収入がどんなに少なくても「俺は仕事があるから」と家事も子育ても全て私に押し付けるのだ・・・。だから正社員になったところで負担が増えるのは私だけ。だから正社員意なるべきかどうか本当に悩んでしまう。悩んでいるうちにまたしても夫が失業してしまった・・・。

夫、今度の仕事は11ヶ月しか持たなかった・・・。

さて、そんな夫ですが、お金もないのに10日間も中国に帰ります。夫だけ10日間も自由気ままに遊んでるなんて何だか許せなくて、私と息子も5日間だけ同行することにしました。久しぶりに上海のおじいちゃんとおばあちゃんに息子を会わせたいし。でもそれでもちっとも気分が晴れません。上海の両親の前でもきっとずっと不機嫌なままの私のことでしょう。ましてや夫が上海の両親にお金でも渡したら(前回はずいぶんな額をプレゼントしてましたが)、その場で泣き喚くってアリですよね?!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2010-12-10 21:10 | 国際結婚2010年の日記