只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 29日

その⑥ 最近思うこと

2歳の頃息子はマンションの7階から葉っぱを落とす実験に夢中になっていた。「なぜ葉っぱは下に落ちるのか」、「なぜ落ちる場所がいつも違うのか」、毎日、毎日葉っぱを落としては1階まで下りてその葉っぱを探した。1時間かかっても見つかるまで探した。1ヶ月ほど続けてようやく飽きてくれた息子だった。
その時は息子が発達障害とは知らなかったし、ただ好奇心が強い子だと思っただけだった。しかし、今だったらもっと違う対応をしていたかも。物理系のサイトを調べてもっと科学的に息子の質問に答えてやらなければならなかったのではないかと反省している。ママがきちんと答えてくれないから、息子は葉っぱを落とす実験を1ヶ月も続けなければならなかったのだ。

「どうして時間はどんどん過ぎるの?」「どうして毎日夜が来るの?」そんな息子の質問に地球の自転と公転の話をしてやった。するとすごく納得する息子。どこまで理解しているかは分からないが、ともかく科学的な答えなら納得するらしい。

興味の対象に対しては、きわめて強い偏執的ともいえる集中力で、大量の情報を記憶できるアスペルガー症候群。実は最近ある人のブログを読んだのだが、その人は、もしアスペルガーの人がいなかったら、人類は洞窟に住んで猟をする生活から全く進化できなかったはずだと言うのである。読んでいて思わず大笑いしてしまった。
それは極端な考え方かも知れない。でも、息子が小学校に入れるかどうかで悩んでいたりする自分が急に馬鹿馬鹿しくなって笑ってしまった。息子は千以上まで数字を数えられるし、簡単な足し算もできる。小数点も分かる。ひらがなも読める。三歳半でひとりで本を読んでいる。こんな息子が小学校の授業を楽しいと思うだろうか。小学校の授業は息子の疑問を解決する答えを教えてくれるところだろうか。
そして逆に息子にとって何が楽しいかを考えると、ともかく数字に囲まれて暮らすことが息子にとって何よりの幸せなのだ。息子は精神的に落ち着かなくなると、デジタル時計や、ストップウォッチ(どちらも携帯に付いてる機能ですが)をじーっと見ている。すると落ち着くのだそうだ。ブロックで遊んでいても独り言のようにひたすらブツブツと数を数えていることのよくある息子。数字は息子にとってリラックスできるものらしい。そして電卓を押しては「×」や「+」のボタンに興味を示している。きっと「×」や「+」の法則が分かれば息子の世界はもっと広がるだろうと思う。感覚的には足し算は分かっている息子なので、記号の意味さえ教えればきっと理解できるだろう。
・・・ということで、息子には数学の英才教育を受けさせることが息子の幸せなのではないのかと思い始めている私。日本ではこんな考え方、受け入れられないかな~。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-29 23:59 | 未来のエジソン君
2008年 04月 28日

その⑤ 保育園の先生への手紙

この手紙は、3月12日に受けた発達テストの結果をふまえて、保育園の先生に宛てて書いたものです。保育園の先生には発達障害の資料とともに手渡しました。

以下、手紙の内容です。

息子が発達障害なのかそうでないのか、発達障害だとすれば広汎性発達障害(PDD)なのか、単に注意欠陥多動性障害(ADHD)なのか(両方の特徴を伴う子供は多いそうです)、それは専門家の診断を受けなければなんとも言えませんが、2008年3月12日に市の療育センターで心理士による発達テスト(恐らく新版K式発達検査)を受けた結果、発達の偏り、アンバランスがあると指摘されました。

テストの結果、現在3歳半の息子は部分的には5歳くらいの発達をしているところもあり、また部分的には2歳くらいの能力しかないということでした。このバラつきが風変わりな行動に結びついてしまうようです。心理士さんによると経過を見守る必要があるとのことで、4歳と5歳の時点で再度発達テストを受けることとなりました。また、テストの結果、息子の集団行動が苦手といった面は少なくともあと1年はこのままだろうとも言われました。

1歳になる前からいつも落ち着かずに動き回る息子を見て、私は注意欠陥多動性障害(ADHD)を疑ったことはありました。しかし、発達障害というカテゴリーで色々調べていくと、広汎性発達障害(PDD)、なかでもとりわけアスペルガー症候群の項目が目に止まりました。これはまさに息子のことが書いてあると感じました。自閉症やアスペルガー症候群によくある特徴を調べていくと、この3年間不思議だったことにどんどん答えが見つかります。息子が意味もなく頭をシェイクしたり、物を何でも一列に綺麗に並べて遊んだり、数字や曜日に関する記憶力が異常に良い理由もだんだん分かってきました。専門家の診断はどうか分かりませんが、息子が限りなく広汎性発達障害(PDD)のカテゴリーに近いところに存在していることは否定のしようがないと思います。

息子が8ヶ月頃、お座りして扉を開けたり閉めたりする遊びに夢中になっていました。目を離した隙に扉の角で足を切ってしまった息子は血が出ていても泣きもせずにずっと扉をパタパタ動かしていました。その後も息子は痛みに対してかなり鈍感でした。興味のあるものに突進し、頭をぶつけたり、転んでばかりいました。転んで「痛い」と言い出したのはとても最近(3歳くらい)ではないかと思います。
また1歳頃、児童館のお遊戯に参加させようとしてもいつも部屋から逃げ出してしまう子でした。いつも落ち着きなく動き回って、眠りに落ちる瞬間まで動いていました。遊びへの興味の示し方も他の子と違うようなところがありました。おもちゃよりもエレベーターのボタンを押すのが大好きで、一日に何十回でもエレベーターに乗れとせがまれましたし、目覚まし時計を投げる遊びが大好きで何個も目覚まし時計を壊されました。偏食も激しくて、納豆とチーズとごはんしか食べない日が何ヶ月も続きました。
それでも当時は「自分の息子が発達障害かも」などとは決して思いもしませんでした。「おかしい」と思い始めたのは、息子が数字に興味を持ってからです。2歳半になって数字に興味を示し始めると、すぐに数字を覚えてしまいました。しかし、それからは大変でした。

まず、乗る電車を選ぶようになりました。同時期に「色」にも興味を示し始めましたが、そうなると「青色の電車」の「×番目」の車両でないと乗らないという「こだわり」が始まり、そうではない電車に乗せると泣いて大暴れしました。病院などの部屋番号に「4」や「9」がないことを異常に気にし、「3の次は4なのに!4がない!」と怒りました。CDラジカセの操作を覚えると、何番目は何の曲かを毎日何度も確認していました。私にも何度も何度も「×番目は何の歌?」と聞いてきます。私がきちんと答えられないとひっくり返って怒るのです。
数字以外にも、せっかくパパが着せた服を「ママじゃないとダメ!」と言って全て脱ぎ捨ててしまうような「こだわり」がどんどん増えていきました。
そして、注意欠陥多動性障害(ADHD)を疑わせるような落ち着きのない行動は3歳を過ぎても続きました。「このままできちんと小学校に入れるのかな?」そう心配しはじめた私に、3歳児検診で保健士が「療育センター」を勧めてくれたのです。

そして3月12日に発達テストを受けることになったのですが、積み木を並べたりするようなテストで、息子はとても楽しんでテストを受けていました(「楽しいから毎日やりたい」と本人は言っていました)。
息子は心理士さんのお手本どおりに積み木を並べ変えたりすることはとても得意でした。数字に関することももちろんよくできました。しかし「人間に関すること」と「聞く」ことに関しては明らかに出来が悪かったです。

8つくらいの表情が並んでいる一枚の絵がありました。
心理士さんが「怒っている顔どれ?」「泣いている顔どれ?」と聞くとすごく迷ったり「ない」と答えたりするのです。他人の表情を読み取る力が全然ないのです。確かに日常生活でも私が全然怒ってないときに「ママ、どうして怒るの?!」言うことが何度もあります。場の雰囲気を読み取る力もないのでしょうが、表情を読み取る力もないのだとよく分かりました。

また、片手や片目のない人物の絵がありました。
心理士さんが「足りないところ付け足して描いて」と言うと」、「(足りないところが)ない」と答える息子。人物の絵が描けることは自分を表現することでもあると心理士さんは言ってました。そういえば息子は生まれて一度も人物の絵を描いたことがありません。

椅子やメガネや洋服のカード。物の名前はスラスラと答えた息子。しかし、心理士さんが「着るものどれ?」「座るものどれ?」と聞くと全く答えられない息子。「動詞」を知らないわけではないのに、耳に入っていても脳がそれに反応しないようです。他人が話しかけていても聞いていないことがよくある息子ですが、心理士さんは「耳から入ってきた情報を全く使わずに、視覚だけを頼りに生活している」と指摘しました。
心理士さんが紙を持って「名前を書いてあげる。名前は?」と聞くと「・・・ひよこ」と答えた息子。息子の注意力は心理士さんの手元の紙にしか向いていないようです。保育園でひよこ組(1歳児クラス)だった時に同じような紙の同じような箇所に保育園の先生が「ひよこ組」と書いたことがあったのかも知れません。かけられた言葉よりも、視覚的な情報だけを頼りに「何組さん?」と聞かれていると思い込んだようでした。

心理士さんによると、5歳頃、友達同士関わりながら遊ぶということができるようになればこれらの発達の偏り、アンバランスはなくなるとのことでした。逆に言えば5歳頃にそれができないと小学校に入っても上手く集団生活を送れないかも知れないということです。そしてその経過を見守る意味で4歳と5歳の時点で再度発達テストを行うことになりました。

この先1~2年のうちに友達と上手く遊べるようになるかどうかがカギとなります。そしてその為に是非保育園でお手伝いいただきたいことがあります。(とは言ってもできる範囲で構いません。下記のことを実行するしないに関わらず、5歳になれば自然と友達と遊ぶようになるのかも知れません・・・。)

☆2~3人での遊びをさせる
クラス全員でのお遊戯に参加することは息子にはかなり難しく、2~3人のお友達と一緒に遊ぶところからスタートしなくてはならないようです。自由遊びの時間に、もし息子が1人で遊んでいたら、2人くらいで遊んでいる子の仲間に入れてあげてください。しかし、息子のお友達と遊ぶ能力はせいぜい一歳児レベルなので、上手く対等には遊べません。また、お友達はいつも反応が違うためにとまどうことが多いようです。前回お友達が好きだったものを差し出しても、今回もお友達が気に入ってくれるとは限らないのですが、息子にはそういうことが理解できません。そばにいる大人が「○○ちゃんは今日はあっちの方が好きなんだって」等、いちいちフォローして補ってやる必要があるそうです。

☆年長さんと遊ばせる
息子と同い年の子もまだそれほどコミュニケーション能力があるわけではありません。息子が一緒に遊んで「楽しい」と感じられるかはなかなか難しいものがあるそうです。しかし年長さんともなるとかなり相手に合わせたコミュニケーションがとれます。今の息子にとってはそういった1~2歳年上の子にリードされながら遊ぶことがとても大切だそうです。そうした中で徐々に他の子供と遊ぶ楽しさが分かってくるとのことです。

☆お遊戯はさせずに見せる
今の息子がいきなりみんなと一緒にお遊戯するというのは難しいそうです。そもそも場の雰囲気が読めないのでみんなが何をしているのかよく分かっていないことが多いとのことで、1人でボーッとしている場合は、みんなのことがよく見える先生の側に立たせて、みんなが何をしているのか見せるのが効果的だそうです。それでもお遊戯はやらないかも知れませんが、少なくとも「今みんなは何をしているのか」ということは理解できるだろうとのことです。耳から聞こえる情報は耳元でシャットダウンしてしまうので、口で説明するよりも、全体を目で見せる方が断然分かるようです。

☆1対1で 
耳から聞こえる情報は耳元でシャットダウンしてしまう特徴があるので、「みんな今から公園行くよ~」などといった呼びかけはまず息子には届いていません。息子の肩を叩いて、もう一度目を見て1対1で呼びかけてください。
そうでないと、息子はいきなり「早く、早く」と急かされるところから始まることになり、「何が早くなのか」「今から何をするのか」さっぱり分からないまま、強引に連れて行かれるといったことになってしまうようです。

☆スキンシップ
耳から聞こえる情報は息子にとってほとんど重要ではありません。「おはよう」「さよなら」という言葉は息子にとっては単なる音でしかないようで、言葉のあいさつがコミュニケーションだとは息子は思っていません。言葉よりもハグのほうが息子にはコミュニケーションだと感じられます。スキンシップしながら話しかけたり、表情やジェスチャーを大げさに(表情を読み取るのも苦手なので)することでようやく息子に届くようです。
家でも「ごはん食べよう」と何度呼びかけてもダメですが、お茶碗を目の前に持っていくと「食べる~」と食卓につくことが度々あります。私の発する言葉は息子には一言も届いていないのかなと悲しくなることもある程です。

☆お手伝いをさせる
これは主に自宅での取り組みになるのかも知れませんが、機嫌の良い時や落ち着いている時にお手伝いをさせ、大げさなほどに誉める(ハグしたりしながら)ことが大切だそうです。するとまた誉められたいという感情が起こり、自分から「お手伝いしようか?」などと言うようになり、それが自分から他人とコミュニケーションをとることにつながっていくのだそうです。

☆人物の絵は無理?
人物や顔の絵(アンパンマン含む)を自分から描くことはとても大切なことだそうです。しかし、心理士さんによると「今の息子には無理」とのことでした。
いきなり描くのは難しいそうですが、福笑いのように、目や耳のパーツを並べたり、糊で貼ったりすることはできるかも知れないとのことで家で試してみようと思っています。人物の絵を描くことは自分を表現することだそうです。そして自分を表現することはお友達との関係を築く上でも大切なことなのだそうです。


一番楽観的な考え方をすると、息子はある日突然耳から入る情報を使い始めたり、ある日突然友達と遊ぶことに目覚めたりするのではないかと思います。それらの能力は今は眠っているだけできっかけさえあれば目覚めるのではないかと・・・。だから私達が色々と働きかけることはそれほど役に立たないかも知れません。耳からの情報が息子には全く届いていない点には保育園でもご配慮頂きたいと思っていますが、その他の事は思い出したらやってみるという程度で結構です。家でも特に意識せず、いつも通り、普通に楽しく生活していくつもりです。

色々とご面倒をおかけしますが今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-28 23:59 | 未来のエジソン君
2008年 04月 26日

本当に持っていくの?

明日から夫は一人上海へ旅立ちます。2年ぶりの帰省です。お土産の電化製品やら健康食品やらをたくさんかばんに詰めて行く夫。
そうそう、数日前夫のお兄さん夫婦にも男の子が生まれました!息子にとっては従兄弟ができたことになります。もう少し大きくなったら実の兄弟みたいに仲良く一緒に遊んでくれることでしょう。夫のかばんに私もせっせと息子の着れなくなった服を詰め込みました。これで準備完了と思ったら、夫はベビーカーも上海に持っていくと言うのです。確かに息子はもう全然使わないのでいらないと言えばいらない・・・。
それなのに寂しい気持ちになったのは「もう一人子供が欲しい」と思っている私の気持ちを夫にハッキリと否定されたように感じたからだと思うのです。これまでも夫は何度も「もう子供は作らない」って口では言ってたけど、3万もするベビーカーをあっさりお兄さんの赤ちゃんにあげちゃうなんて、夫は本当にもう子供を作る気はないんだなって再認識させられました。まあうちの経済状態を考えると確かに一人が限界なんだけど(汗)。

さて、明日からしばらく息子とふたりきり。夫なしで力の強い息子と格闘できるかどうか心配半分、息子と二人っきりを存分に楽しみたいという気持ち半分。息子は「パパはいなくなっても大丈夫。ママはいなくなったらダメッ!」とカワイイことを言ってます。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-26 00:02 | 国際結婚2008年の日記
2008年 04月 23日

食べた!

月に2~3度、平日に息子と丸一日遊ぶ日を作っている。これを貫くためにアルバイトという身分に甘んじているのだけど、お天気のお空の下で息子と大声でキャーキャー言いながら走り回っていると何よりも贅沢な気分になる。お金よりも社会的地位よりも大切なものって確かにある。まあ本当は子供との時間を大切にする人間にも社会貢献の場をもっと与えてくれる世の中であってくれればそれに越したことはないのだけどね・・・。

そんな楽しい水曜日の一番の悩みは息子の偏食。休みの日くらいは何とか食べてもらおうとママも力が入りマス。
朝食はトースト(ミミは食べない我儘な息子!)とフルーツ&ヨーグルト↓
e0027594_23301671.jpg


昼食は冷蔵庫の残り物をランチプレート風に↓
e0027594_23223564.jpg

かわいく盛り付けてもなかなか食べてくれない息子・・・しかし今日はどういうわけか食べてくれた。
見よ!ほぼ完食↓
e0027594_2324057.jpg

こんな日は滅多にありません。いつもはごはん(米)だけ食べておしまい。こんなにキレイに食べてもらえると気分いいです。また次回も頑張っちゃおうっ。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-23 23:59 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 04月 21日

野菜ではない

最近昇給したばかりにも関わらず「最近ヒマ」と会社でネットサーフィン三昧の夫。こいつが私の何倍もの給料を貰っているかと思うと世の中の不公平を嘆きたくもなります~。

さて、ネット三昧の夫はなかなか良い中古物件を見つけてきた。早速昨日の日曜日家族三人で実物を見に行ってきた。家を探すには物件を数十件は見て、周辺環境も自分の足と目で実際の感覚を確かめなければ!
そんな家探しの記念すべき第一軒目となるはずだった某マンション・・・これが広~いルーフバルコニー付で実に良い。「もうここに決めちゃう?!」っていう位に良い。私たちが即決できない理由は「まだ探し始めたばかりだから」というそれだけ。この先色々探してもこれほど良い物件にまためぐり合えるかどうかは分からない。「迷っているうちに他の人に買われちゃったら後悔するかも」などと考えてみたり。でも最後に夫はこう言った。
「野菜買うんじゃないんだから!パッと見て気に入ってハイ買いってますなんてわけには・・・」
そうそう、そうだよねホント、スーパーで野菜買うんじゃないんだから!そして私達はこの物件はやはり見送ることに決めたのだった。

・・・だったのに・・・先ほど仲介業者から電話が。「売主は大幅な値下げに応じるつもりみたいです」だそうだ。私達まだ値切ってもいないのに?!しかもその値下げ額が本当に太っ腹で驚いた。中古って値段はあってないようなものなのだろうか???グラグラと心を揺さぶられる私達。「あ~どうしよう俺、今晩眠れないかも~」と言っていた夫は今ぐーすか寝てますが(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-21 23:59 | 国際結婚2008年の日記
2008年 04月 20日

その④ アスペルガー症候群の子供への接し方

「知的障害がない自閉症」とされ、興味の対象に対しては、きわめて強い偏執的ともいえる集中力で、大量の情報を記憶できる。つまり高い知能と社交能力の低さを併せ持つのがアスペルガー症候群。「アルバート・アインシュタイン」、「トーマス・エジソン」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、「ガリレオ・ガリレイ」、「アレクサンダー・グラハム・ベル」、「ビル・ゲイツ」、「織田信長 」もアスペルガー症候群であったといわれている。

息子は今、「お友達のママがビルの何階で働いているか」という情報をコレクションしている。「O君のママは5階、K君のママは9階・・・」一度聞いたら絶対に忘れない。


アスペルガー症候群の子供への接し方

アスペルガー症候群の原因はまだ解明されたわけではないが、アスペルガー症候群の行動特徴の多くは、認知発達の偏りで説明がつく。認知発達の偏りをもたらすのは何らかの脳機能の微妙な障害と考えられる。
不適切な行動、風変わりな行動の多くはアスペルガー症候群特有のハンディキャップのために生じている。以下にアスペルガー症候群の子どもとのつきあい方のいくつかのコツを述べる。

・予測しやすい環境
予測できないことや変化に対して苦痛を感じる特徴がある。
スケジュールなどをなるべく前もって伝え、言葉だけでなく絵や写真で伝えるのが効果的。

・安全で穏やかな環境
騒々しい環境が苦手。大声で叱ったりすることは逆効果。教師や親はできるだけ感情的にならず穏やかに冷静に話をする。

・ルールや指示は明確に
曖昧な指示や言外の意味、暗黙のルールの理解は困難。

・できるだけポジティブに接する
否定的な言動に対して敏感で、記憶力も非常に良いことが多いので、後々まで尾を引きがち。できるだけ長所を見つけて誉める。

・大人を試すような行動をする場合にも冷静に
わざと困った行動をして、教師や親がどこまで許容するか「試す」ように見えるが、本当に「わざと」やっているわけではなくて「周囲が困る」ということの認識不足のことが多い。やっていいことと悪いことを明白なルールとして、子どもが理解しやすいように文字や言葉で繰り返し冷静に穏やかに伝えていくようにする。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-20 06:40 | 未来のエジソン君
2008年 04月 19日

やっぱり

もうすぐ上海へ旅立つ夫。めずらしく自分から「おいチビ、公園に連れて行ってやる」などと言ってくれちゃったりして・・・ひとりだけ上海へ行く罪悪感からかな?(別にこっちはなんとも思ってないのだけど)

で、公園で遊んでいると保育園のお友達にバッタリ会ったらしい。むこうはすぐに気がついて声をかけてくれたのに、息子ときたらパパの陰に隠れたり、ボールを持って顔を隠してみたり恥ずかしがってお友達と目を合わそうとしない。パパの陰に隠れるのはともかく、ボールを持って顔を隠すなんてのはやっぱりちょっと変かな~?帰宅後の夫は少しショックを受けたように見えた。息子と二人きりで過ごす時間のほとんどない夫にしてみればはじめて息子の奇怪な行動を目にしたのかも知れない。息子と接する時間の多い私にしてみれば「何よ今さら~」って気もしなくもないけど、私の普段抱えている不安を夫にも分かってもらえたのかなと思うと嬉しくもある。

息子の変な行動が特に目立つのは保育園の登園時。園に着いたと思ったら壁際に駆け寄って壁と向かい合わせに立ち、目をつぶって動かなくなる。傍目には壁になりきってる?ように見える。それ以外にも園に着いたとたん床に寝そべって動かなくなる「死んだふり」現象とか、園の入り口の前で立ち止まって目をつぶって動かなくなる「石像」現象とか、バージョンは色々(笑)。私にはママと離れたくない息子が保育園に着いたという現実を認めたくないがための行動だと理解してるのだけど、本当はどうなのかな。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-19 23:59 | 未来のエジソン君
2008年 04月 16日

運の強い男

今借りているマンションは築20年以上の古いマンションなのに月に11万円もする。それがだんだん苦痛になってきた。特に水回りはどんなにキレイにしようとしてもなかなかキレイにならない。20年来のカビやら何やらでいつも汚い(泣)。それだったらたとえ中古のマンションでもいいから買って、水回りだけでも自分の好きなように改装できないかと思うようになった。新築のマンションを背伸びして買うっていうのはどうも自分らしくないし、そもそも外人非正規雇用の夫が巨額のローンを組めるとも思えないし・・・。

で、中古マンションを買おうということにはなったのだけど、4年間住んだこの土地やせっかくできたお友達と別れなくてはならないかと思うと、これまた決心が鈍る私。ウジウジすること数ヶ月。このままでは先に進めないと、占い師さんに引越しする方角と時期を占ってもらった。おかげで決心がついた。たまには占いもいいもんだ。

ところで夫の生年月日を見た占い師さんは「ご主人結構運のいい人ですね」と。確かに夫は運が強い・・・というよりは「自分が運のない人間だとは絶対に信じない→その為には事実さえも曲げてしまう→結果的に運がいい」って感じかな(笑)。「こんだけずうずうしいと運もついて来るんだな~」といつも感心していた私。
で、引越しする方角を占ってもらうと、なんと夫が引っ越したいと言い張っていた方角だったので驚いた!!!
つまり、「運のいい人間っていうのは本能的に運を良くする方角や方法を知っているものだ!」このことに今日はじめて気付いた私。案外夫は我が家にとって貴重な存在なのかも。自分の考えを決して曲げない偏屈男だと今まで随分腹を立ててきたけど、案外凡人にはとうてい理解のできない域に達した考えの持ち主だったのかも。いや~どっちにしろ私には理解できないという点では変わりないのだけど(笑)、まあちょっと夫を見る目が変わった劇的な瞬間でした。それだけでも得したかな(夫婦として長持ちできそうだから)。占い師さんありがと~!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-16 23:59 | 国際結婚2008年の日記
2008年 04月 15日

今頃ですが

4月はじめに家族で花見した時の写真。(近所の公園行って遊んだだけだけど)
ずっとupできずに今になってしまったけど綺麗だからいっか。
e0027594_6421391.jpg

ところでこれも最近upしようと思って全然できてない事のひとつ、息子の事。親の心配をよそにマイペースに成長中。

息子の最近の遊び
携帯でロールプレイングゲーム
パソコンでひらがなの入力
パソコンでお絵かき
クアドリラを見本の設計図通りに組み立てる

こうして見るとややおタクな天才児(?)なんですが、相変わらず椅子にじっと座ったり、ごはんを大人しく食べたりは全然できません。好き嫌いも多く、ギャーギャー喚きながらボロボロこぼしてごはんを食べる息子・・・。電車でも10秒たりともじっと座っていられず、電車の中を走り回って顰蹙買ってます。傍目にはしつけのなってないわがままっ子と映ってることでしょう・・・。
3歳半でロールプレイングゲームが楽しめる程賢いんだから、公共の場で他人に迷惑かけちゃいけないってことも理解できてもいいはずなのにできない。このアンバランスこそが発達障害なのかも知れないけど、どうしても「私のしつけがなってないのかな?」っていう呪縛からは逃れられない。
よその子がじーっと椅子に座っているのが本当に羨ましい。走り回り、暴れ回る息子を追いかけながら時々泣きたくなるんだよね・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-15 07:03 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 04月 10日

破産する~

息子が珍しくバタッと寝たので久しぶりのブログ更新です。ああもう本当にブログ存続の危機でした(←大げさ?)。皆様にはご心配おかけしました。またボチボチ書いていきますので読んでやってください。

ところで、大変です!

もうすぐゴールデンウィーク。夫は1人で上海に帰省するらしい。なぜ1人かと言うと「チケット代が高いから3人分はもったいない!」と言う。
ちなみに4月26日~5月4日の日程(東方航空利用)で、チケット代72000円、燃料チャージ等込みで87520円・・・確かに3人分は無理、無理(汗)。

しかし見栄っ張りな夫、手ぶらで上海に帰れない。上海への帰省が決まってからお土産選びに忙しい夫。私の手元にはどんどん請求書が溜まる・・・。

サメ肝油  18,125円
デジカメ   19,735円
さらに朝鮮人参健康ネックレスも買うんだとか。その上どうせ親や兄弟に気前よく現金もプレゼントするんだろうな・・・。
私と息子の飛行機代が結局は夫のお土産に化けるのかと思うと・・・殺意が・・・。

夫は届いたばかりのデジカメを嬉しそうに眺めて「これはプレゼントとしては相当いいものだ。俺の面子も立つ」とプレゼントを手渡すときの自分を想像してご満悦。・・・ああまた殺意がっ!
ちなみに私達が使っているのは9800円のデジカメ。どうして親兄弟へのプレゼントにそんなに見栄を張るのかいつものことながらサッパリ分からない。

あ~毎日つつましく暮らしているのに・・・肝油や健康ネックレスの請求書に悩まされるなんて・・・(泣)。風邪が治ってみればこんな現実が待ち受けていたのだった・・・あ~もう1回風邪引いて現実逃避した~い。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-10 21:22 | 国際結婚2008年の日記