只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 28日

悩み多きチビ

息子はちょっと変わっている子かも知れない。小学生になる頃には「発達障害」と言われてしまうかも知れないと思う時もある。2歳の反抗期だから愚図ったり、泣いたり、こだわったりするだけならいいけれど、そうじゃないかも知れない。
保育園の先生も息子には手を焼いている。他の子には通用する手段も言葉も、息子には通用しない。ベテランの先生が「どう扱っていいかわかりません」と毎日私に愚痴る。
息子は担任の先生が大好きだ。ママと同じくらい好きだと思う。でも最近先生との間にスキマができてしまった。先生は息子の存在がだんだん重荷になってきた。その上、4月からの進級に備えて、息子にあれもできて欲しい、これもできて欲しいと望んでいる。息子は先生のそんな心境の変化を敏感に感じとっている。
担任の先生は突然1週間ほど休んだ。病気で入院していたのだ。その間、息子は先生がいない寂しさで、本当に手がつけられないほど荒れて(笑)いた。先生が復帰してからも、まだ完全に回復していない先生に「いつもと違う」と文句を言う。息子のそんな観察力に感心するだけの私(笑)。

息子を見ていると子供って大変だなあと思う。悩みのない幼少期なんてウソだ。悩み多すぎだ。

朝起きるとママが台所でゴソゴソしている→なんですぐに来て抱っこしてくれないの!と怒る
イマイチ食べる気しないのに、椅子に座らされる→死んでも食わん!と反抗、食べ物を投げる
大急ぎで上着を着せられ、靴を履かされる→自分でしたいのに!もう保育園には行かん!と反抗
ママが夕方お迎えに来る→こんな時間まで何してたんだ!と怒りがこみ上げ暴れる
ママと帰宅→帰り道を急ぐママの態度が気に入らない!寄り道しまくり
帰宅後ママは忙しい→そんなママの態度が気に入らない!おもちゃを投げたり、壊したり
晩御飯→嫌いなものばかり!全部投げ捨ててやる!もう食わ~ん!




そしてなぜか担任の先生とママ以外の人が着替えや食事の手伝いをするのを極度に嫌がる息子・・・。パパが服を脱がせると「いや~!」と大暴れ、もう一度自分で服を着てママのところに来て、「ママ脱がせて~」と言う。・・・すごく面倒な人。

でもそんな息子にゆっくり付き合ってあげたい気分な私。10分の距離を1時間かけて登園しても、それでいいんじゃないのと思う私。そのうち息子も色々分かってくれる日が来る。甘いかな?
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-02-28 13:01 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 02月 12日

祝賀される

一昨日は通訳案内士二次試験の結果発表だった。結果は合格!難関と言われている試験だし、7~8年前の私にとってはありえない程難しい試験だったのだからやっぱり嬉しい。成長の証(?)を手に入れたのだから。

この試験、英語の受験者が一番多く、英語の受験者の為には専門の予備校まである(H校としておこう)。H校の合格実績はすごいものがあるから、もし中国語コースがあったら私も通っていたかもしれないけど残念ながらなかった。日本地理、歴史、一般常識だけのコースもあったのだが、結構ハードなカリキュラムで育児と両立できず断念。結局独学で一次試験を突破した。2次の面接対策はどしよう~と悩んでいたら、今年からH校は中国語の模擬面接の授業を行うことになり、30分で6000円だった。本番での緊張が少しでもほぐれるなら・・・と、模擬面接を受講。そしてお陰さまで合格となった。H校は結構太っ腹で、試験に関する様々な情報をネットで公開したりしているので、試験前にはH校のホームページを何度も何度も訪れた。そして無料で試験の合否速報を流してくれ、挙句に祝電まで贈ってくれた。タダでたくさんの情報を貰った上、祝電までプレゼントされるとは!でもお祝いされるって嬉しい!

そして昨日はH校主催の合格者向けセミナー。模擬面接を受けただけの私も参加資格を与えられ、ちゃっかり参加させてもらった。旅行業界の現状も分かったし、現役ガイドの話も聞けたし、とても有意義なセミナーだった。これだけの情報を自力で収集しようと思ったら3年くらいかかったかも(笑)。
しかし反面、私にとっては悲しいセミナーだった。薄々分かっていたことではあるが、ガイドという仕事と育児とは絶対両立できないことを身にしみて感じたから。現役ガイドの中にはもちろん子持ちの人もいる。でもその人は「私は母に全て面倒みてもらってます。」とあっさり。でもそうじゃなきゃ育児との両立なんてやっぱり無理だな。まあきっぱり諦めがついてよかったと思わなきゃね。合格後は都道府県に届出をして登録しないといけないのだけど、なんだかその気すらなくなった・・・・(笑)。

息子が風邪をひいてからなかなか治らない。そんな暗い気分の中合格し、また合格の分かった次の日にはガイドの仕事と決別するという浮き沈みの激しい毎日。そしてここ1ヶ月ほどどうやって育児と仕事を両立させるか悩みに悩んだ。今も悩んでいる。これじゃあ少子化に歯止めのかからないはずだよな~と毎日ため息。でもだからといって今更中国語を捨てられるか?ノーだ!だからといって二人目の出産をあきらめるか?これもノーだ!あきらめないぞ~。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-02-12 01:46 | 国際結婚2007年の日記
2007年 02月 11日

これだけは許せん!

寒いです。なぜなら、夫が夜の10時にも関わらず窓を全開にして、空気の入れ替えをしているから。なぜ今この時間にやらないとならないのか全く理解不能。しかも全開はやりすぎでしょう・・・。

中国人は空気の入れ替えが大好きだ。確かに中国では普通の住宅でもガス漏れ事故が多発しており、窓を閉め切って生活=死という観念が染み入っている。だから中国人は空気の入れ替えにすごーくこだわる。それは分かる。それに私もそれほどエアコンが好きではないので、窓を開けたり、換気扇をまわしたり、結構気をつかっているつもり。

でも、夫は必ず夜10時過ぎに換気を行うのだ。しかも全開で。私はいつもその時間、息子を寝かしつけながらうとうとしている。そしていつも「なんだか寒気がする」などと感じている。息子が熟睡したのを見計らって、こっそり布団から抜け出し、扉を開けてびっくり!寝室以外の窓が全て全開だ!どうりで寒いはずだよ!
いつも私は「私達に風邪をひかせるつもり?!」と激怒する。すると夫は数日間はガマンする。しかし数日後にはまた扉を開けてビックリ!な光景を目にするのだ。

夫は窓を全開にする前にダウンジャケットを羽織って万全の寒さ対策。私達は何も知らず、パジャマ姿のまま布団に潜ってます。息子は布団すら蹴り飛ばしてます。こんな私達が突然外気と同じ気温に晒されたら風邪ひくに決まってる!と思うんですが・・・。なんで分かってもらえないんでしょう・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-02-11 23:10 | 国際結婚2007年の日記
2007年 02月 09日

友情に熱い男

息子はまた突然を出した。おかげで今週の私の予定は色々狂ってしまった。もう辞めるつもりの仕事とは言え、また仕事を休まなくてはならず、たくさん嫌味を言われ、他の派遣会社に登録に行くはずだった予定もキャンセル。なんだか同じところでずっと足踏みしている気分。

それにしても息子は相変わらず元気だ。38度の熱があったって走り回ってケタケタ笑っている。お医者さんにも「本当に熱があるの?」と疑われる(汗)。・・・そういえば今回は病気の割には機嫌がいい。いつもはすごく八つ当たりしてくるのに、今回はあまりそれがない。成長の証(?)かな~。

成長の証といえばもうひとつ。最近ポツリポツリと保育園での出来事を話してくれるのだ。さっきお昼寝の前に仲良しのY君のことを聞いてみた。すると「Y君、スキ、泣いちゃった、帰っちゃった。」と息子。どうやら今回の息子の発熱は大好きなY君が熱を出して帰っちゃったことに原因があるみたい。案外義理堅い性格なんだね(笑)。

e0027594_1353423.jpg

保育園でのお昼ごはんの様子。↑息子がきちんと椅子に座っていることが驚き(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-02-09 13:53 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 02月 07日

この親にして・・・

・何度注意しても流し台におもちゃをポンポン投げます。
・今日はどこにでもよじ登って「ウキーッ!!」。
・トイレットペーパーや毛布を便器に入れて「洗っちゃった!」と報告。
・昼寝の時間走り回ってました。寝てません。
・何でもモノを投げます。
・お茶を飲んだフリしてエプロンのポケットに吐き出します。
・気に入らないことがあると激しくカエルのように暴れます。

毎日保育園からこんな報告が・・・。他にもお友達の靴下を隠しちゃったりトイレトレーニングしてると「うんち出た!」と嘘をついて先生を困らせたり・・・。やりたい放題の息子(汗)。いつも先生たちに恐縮しながら、でも2歳児ってこんなに知恵があるんだな~と感心したりもして、あんまり息子を叱る気にもなれないのだ。この親にしてこの子あり、かも(笑)。

息子は相手によって全然態度が違う。好きな相手ほど困らせたいし、自分を理解してくれているかどうかいつもテストしてくる。もちろん一番の被害者(?)はママである私だけど、次は保育園の担任の先生。担任の先生以外にもたくさんの先生が息子の面倒を見るのだが、息子の方はいつも担任の先生だけをご指名。着替えを手伝うのも、お散歩の時手をつなぐのも、息子は担任の先生にしかやらせない。他の先生は絶対ダメ。
そんな担任の先生はこんな風に言っている。
「他の子には通用するごまかしも息子さんには通用しません。また、すごく人を観察し、人を選ぶので、他の先生ではダメです。来年から担任が変わるので心配です。」
・・・まあでも、新しい担任の先生とはまた一から人間関係を築けばいいのでは・・・と、楽観的な私。親として問題意識低すぎるかな~。

でも息子が特別賢いかというとそうでもない。言葉や数字を覚えるのは人並みか、それ以下(笑)だし、絵本の読み聞かせは全然聞いてくれないし、指でピースができない不器用な奴だ(他の子はできるのに~)。まだオーブンに入れていない生の(?)グラタンを「今すぐ食べる!」と言って暴れたりもするし。好きな人に意地悪する能力だけが人一倍優れているだけ(泣)。

昨日は寝る前に「今日保育園で何したの?」と聞いてみた。すると、
「言うこと聞かないとおやつあげないよ~。」
と息子。どうやら先生にそう言って叱られたらしい。今朝先生に確認すると、
「そうです、息子さん昨日おやつ食べてません。言うこと聞かなかったので。」
ははは。2歳にして保育園でおやつ抜きの罰を受けるとは・・・一体何をしでかしたのか・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-02-07 10:38 | 2007年(2~3歳)の日記