只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 27日

夫の血筋

息子はここ数日風邪をひいていたので機嫌が悪く、ただでさえいたずらっ子なのに、余計に拍車がかかり、まったく手に負えないほどに悪ガキだった・・・。息子の働いた悪事はもう数え上げればきりがないけれど、一番困ったのは食事。気に入らないと投げ捨てるのはいつものことだが(泣)、風邪をひいていて食欲がないせいか、いつもは投げないものまで投げた。ほとんど全てのものを投げた。息子の周囲半径1メートルは米粒やくだものが散らかり放題となった。そのくせ、食べ物を取り上げると泣いて暴れて怒る。でも与えるとまた投げ散らかすのだ。わざと私を怒らせているのだ。
ジュースも口に含んでから吐き出して、自分の服やズボンをわざと汚す。そうすれば私がキィーッとなるから面白がってわざとやるのだ。悪ガキすぎる。
おんぶは嫌い、抱っこすればわざと反り繰り返って落っこちそうなポーズをとって私が慌てる顔に大喜び。そのくせ家事をしてるとすぐに「抱っこ、抱っこ」と言って纏わりついてくる。「ちょっと待ってて」と言うと、床に仰向けになって足をバタバタさせて泣く。
今日もご飯を半分以上投げたので、ご飯はもう終わりにして、梨をむいてあげた。すると、口のなかでわざわざ2~3回咀嚼して、唾液も混ざってドロッとした状態にしてから吐き出して、床に落としたり、服の上に落としたりしている・・・。そして私の怒った顔を見て笑う。あ、そういえば床の拭き掃除をしている私のおしりに納豆ご飯を塗りつけてもくれた。もちろん、わざと。
こういう時いつも思うけど、これは絶対夫の血筋だ。知恵がつくにつれどんどんエスカレートするんだろうか・・・。考えると恐ろしい。子育てに自信喪失ぎみのこの頃です。
e0027594_2353219.jpg

これは某博物館から脱走をはかる息子の図↑
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-27 23:11 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 09月 22日

習慣の違い?

夫がちょっと困っているらしい。
夫は今、大学の中にある研究所に派遣されていて・・・そう聞くとアカデミックな感じがするが、やってることは相変わらずどこかの会社の社内システム作りで、最近の大学は金を稼ぐことにも熱心なのか、それともただ大学の敷地内に会社があるだけなのか・・・夫の語学力ではそこらへんは分からないらしいが、ともかく夫は毎日学食でランチできることが大変に嬉しいらしい。安いし、量が多いし、注文がラクだし(わけの分からんメニューと睨めっこしなくてすむ)・・・。
しかしそのウキウキは長くは続かなかった。ある日同じ開発チームのAさん、Bさんとたまたま一緒に学食でご飯を食べた。するとAさん、Bさんは次の日から律儀に必ず夫を誘ってくれるようになった。が、夫にはありがた迷惑なことなのだ。夫は不自由な日本語で二人に気を遣いながら食べるくらいなら、一人で静かに食べたいらしい。(・・・これだから日本語が上達しないんだよ!)
夫がわざと仕事してるフリをして昼食に出る時間を遅らせたりしても、Aさん、Bさんはやっぱり夫を待ってくれているらしい。ホント律儀。はじめのうち、二人は夫に気を遣って色々話しかけたりしてくれたらしい。でもおそらく夫はとてもそっけない返事をしたのだろう・・・最近はあまり話しかけてこなくなったとか。AさんとBさんが二人で話をしているのを黙って聞きながら学食に向かい、AさんとBさんが二人で話をしている側で黙々とご飯を食べる夫。
なんともつらい構図だ。夫にもAさん達の好意がわからないでもないらしい。だから断れないと言う。でも苦痛のあまり学食ランチの楽しみは半減してしまったとか。
e0027594_23565628.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-22 23:57 | 国際結婚2006年の日記
2006年 09月 19日

(B)ANANA

息子は1歳10ヶ月。最近の成長はめざましい。私の言ってることもたくさん理解できるようになったし、歌を歌ったり、言葉を話したり。これまで一方通行だった子育て。種まきして、水を与え続けて、ようやく小さな花が咲いた(?)のかな。他のママの話によると、この先2歳のプチ反抗期が待ち構えているので、決して「ラクになった」などと騙されてはいけないらしい(笑)が、たとえ束の間の喜びでもいいや、喜んでおこう。
朝は目覚めたとき私が側にいないと泣く。目が覚めると一言目は「アナナ」。「バナナ」と言いたいらしい。朝はバナナ、ヨーグルト、牛乳、パンなどを食べるが、パンは最近好みがうるさく、気に入らないと投げ捨てる。「ジュウニュウ、ジュウニュウ」と言いながら牛乳を飲む。一緒に歌を歌ったり、本を読んだりする時間も増えた。ひたすら動いていた昔と比べると、少しはじっとしててくれるようになって助かる。テレビはまだ見てくれない。1歳くらいからテレビに釘付けの子もいるんだけどな(それだと親はラクだ)・・・、まあテレビから離れてくれなくて困るよりはいいけど。子供って歌詞の意味なんて関係なく歌詞を覚えてしまう。なかなかの記憶力。夫は歌詞が覚えられなくて、歌遊びは専ら私担当。本はまだストーリーを楽しむことはできないけど、バスリンゴワンワンなど、絵本の中から自分の知ってるものを見つけては指を指す。一日何回やっても飽きないらしい。知らない単語は「コレハ?」と聞いてくる。夫は最近答えられない。別に中国語で答えてもいいと思うのだけど、なぜか日本語で答えようとして答えられずに退散・・・。
それでも息子の単語力は同じ年頃の子に比べると少ないと思う。あんまり熱心に勉強するタイプじゃないのかも・・・。ところが、「デンチャ(電車)キタ」とか「バーバ(パパ)ナイネ」、「アック(トラック)オオキイ」などの2文字語は結構早くからスラスラ出る。時々3文字以上の長い文章をも話そうとする。思いがけない方向へ発達する言葉(笑)。
機嫌が悪いとジュースを飲ますだけでも30分以上かかったり、まだまだ手のかかる息子だけど、機嫌のいい日は「お片付けして」と言うと「ハイ」と言っておもちゃを片付けたりもしてくれる。

息子の成長ぶりにちょっと感動した三連休。・・・しかしどうやら私も息子も風邪をひいてしまった。犯人は・・・窓を閉め忘れたのだ(「閉めてくれたの?」って何度も聞いたのに!)。夜中に寒くて目が覚めた私、隣りのリビングの窓が開いていた。夫を見ると息子の布団や、息子のオムツ替えマットなど色んなものを体に巻きつけて自分だけ暖かい格好をして寝ている
窓を閉めて私も息子も暖かくして再度寝たけど、私は今朝また微熱が出てしまった。息子は熱はなかったけど、さすがに風邪をひいたに違いない。保育園から電話がかかってくるかもしれないから、覚悟しとこう・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-19 09:20 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 09月 06日

ひじき漬け

夫はまた派遣先が変わる。しかし新しい派遣先がなかなか決まらず、金曜日と月曜日はお休みだった。夫4連休、私は仕事
金曜日、朝から「晩御飯何食べたい?」と連発する夫に大きな期待を抱きつつ、仕事を終え、息子を保育園に迎えに行き、帰宅する。・・・と、ご飯が炊いてあるだけ。あ~、期待した私が悪かった。大慌てで冷蔵庫にあるもので晩御飯を作る。一日中悩んだ挙句何も作ってないなんて、バカだよ、バカ
日曜日は試験で一日外出なので、土曜日は通訳学校を休んで息子と一日遊ぶ。せめてもの罪滅ぼし(?)。そして日曜日には朝から息子の昼ごはんとおやつを用意し、夫に留守中の色々を注意して出かける。「今日は晩御飯なんて期待しない、とにかく息子の世話だけはしっかりして欲しい。」と思っていたのだが、帰宅すると案の定、ご飯は作ってないし息子はぐったりしている。息子には母のいない日曜日というのは超ストレスが溜まったみたい。ごっごめんよ~。晩御飯はまた冷蔵庫の中のもので適当に作る。意外にもひじき入りオムレツが夫に好評。弱っている息子は全然食べてくれなかったけど。
月曜日夫はまた休み、私は出勤。本来は弱っている息子を病院に連れて行くべきなのだが、夫は「元気だ」と言って保育園に預けてしまった。でもまあ、熱が出て保育園から電話があったら夫もさすがに迎えに行って病院に連れて行ってくれるということで、私も仕事に出かけた。夕方電話すると、保育園からは連絡がなかったと言う。夫が今日こそは晩御飯を作ると言うので、私が迎えに行く・・・と、息子は寝ていた。あ~、息子ダウンしちゃった。
帰宅すると、待っていたおかずはひじき入り炒り卵(明らかにオムレツを作ろうとして失敗したもの)。・・・コメント不能。
昨日(火曜日)、今日は夫は出勤、私は息子の看病。この二日間でするはずだった週末の通訳学校の授業の予習は断念。週末の授業も最悪休んでもいいや。でも、授業の後、別の学校への編入試験を受けるつもりで、それだけは行きたい。・・・いや、それより息子の病気が完治しないと、明日、あさってと仕事に行けないことのほうが問題だったりする・・・。
毎日色んなことをいっぱいあきらめて子育てしてるような気がする私。それ自体は嫌じゃない。子育て大事だもん。ただ夫の能天気ぶりをみてるとだんだん腹が立ってくるんだよね・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-06 13:49 | 国際結婚2006年の日記