只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2008年(3~4歳)の日記( 20 )


2008年 04月 15日

今頃ですが

4月はじめに家族で花見した時の写真。(近所の公園行って遊んだだけだけど)
ずっとupできずに今になってしまったけど綺麗だからいっか。
e0027594_6421391.jpg

ところでこれも最近upしようと思って全然できてない事のひとつ、息子の事。親の心配をよそにマイペースに成長中。

息子の最近の遊び
携帯でロールプレイングゲーム
パソコンでひらがなの入力
パソコンでお絵かき
クアドリラを見本の設計図通りに組み立てる

こうして見るとややおタクな天才児(?)なんですが、相変わらず椅子にじっと座ったり、ごはんを大人しく食べたりは全然できません。好き嫌いも多く、ギャーギャー喚きながらボロボロこぼしてごはんを食べる息子・・・。電車でも10秒たりともじっと座っていられず、電車の中を走り回って顰蹙買ってます。傍目にはしつけのなってないわがままっ子と映ってることでしょう・・・。
3歳半でロールプレイングゲームが楽しめる程賢いんだから、公共の場で他人に迷惑かけちゃいけないってことも理解できてもいいはずなのにできない。このアンバランスこそが発達障害なのかも知れないけど、どうしても「私のしつけがなってないのかな?」っていう呪縛からは逃れられない。
よその子がじーっと椅子に座っているのが本当に羨ましい。走り回り、暴れ回る息子を追いかけながら時々泣きたくなるんだよね・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-04-15 07:03 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 03月 19日

偏食男の一日

本日、私の仕事は休み、息子は保育園をサボり。
雨だし、体調がイマイチの息子とダラダラ過ごした一日。ただでさえ偏食なのに食欲がないらしい息子の為に用意したお昼ご飯。
e0027594_1951364.jpg


お弁当風に盛りつけたら食べるかと思ったけど↑・・・ほとんどイヤッ!イヤッ!投げ捨てた・・・(泣)。
e0027594_19521852.jpg


気分転換に(雨が止んでたので)お散歩して買ったみたらし団子↑はパクパク。
e0027594_19541335.jpg


今日は夫は飲み会でいないので、息子のためにこんな晩御飯にしてみた↑
息子好物のドリアクラッカー
クラッカーにクリームチーズやパンプキンサラダを載せたものが大好物なんです、うちの子。
ピンク色のものはリンゴを生ハムで包んだもの(私用)。

・・・が、ご飯作ってる間に携帯電話片手に寝てしまった息子(待ち受け画面のデジタル時計見てると落ち着くらしくていつも見てる)。
お料理の奥にチラリと見える黄色い毛布に包まって眠っているのが息子です。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-03-19 20:05 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 03月 10日

傘が重い

今朝は雨だった。今まで雨の日は息子にレインコートを着せ、息子を抱っこし、息子と自分のバッグを持ち、傘を肩にひっかけて、道中何度も傘を落っことしながら保育園にたどり着いていた。
最近歩き始めた(3歳4ヶ月にしてようやく)息子、今日は自分で傘をさして歩いて保育園に行ってくれた。でもすごく時間がかかった・・・。
息子は「傘が重い」と言ってなかなか歩かない。仕方なく傘の一番上の部分を引っ張ってやると息子はひきずられるように歩いた。しかし息子は傘の柄を持つ手にすごく力を入れるので、私の引っ張る手にもどんどん力が入る・・・。
片手に自分の傘をさし、その手にバッグをふたつ引っ掛け、もう片方の手で息子の傘の上をつまんで、傘ごと息子を引っ張る私。傘の柄にぶら下がるようにして引きずられながら歩く息子。
通りすぎる人が驚いて振り返っていた(笑)。結局保育園に着く頃にはびしょびしょになった私。息子に「ママもレインコート着れば?」と冷たくあしらわれる・・・。ごもっとも。

息子はマイペースに成長中。歩いたり、着替えたり、昼寝したり、椅子に座ったりそういうことは相変わらず苦手。でもいつの間にか英語でも数を数えられるようになったり、カレンダーを見なくても何月何日何曜日かが言えたり。数字に関することは相変わらず好きみたい。

私が3歳の時・・・数なんてほとんど数えられなかったし、今日が何月何日だという意識など全く持ってなかった。でも「傘が重い」と言って歩くのを拒否するような悪さもなかった(と思う)。
最近の息子の子供らしい行動と言えば・・・レストランの入り口にサンプルとして置いていた定食のポテト(たまたま本物だった)をいきなり食べたことでしょうかね・・・(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-03-10 23:59 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 03月 08日

何なんでしょう・・・

最近息子がご飯の用意をさせてくれるようになった。以前はいつも私の足にからみついて泣いていたのに・・・。
原因はゲーム。母が不要になった携帯電話をくれたのだけど、そこにはゲームがついていて、夫がそれにハマッてしまった(←バカ!)。夫の子供の頃にはそんなものはなかったから珍しいのはわかるけど、それを3歳の子供に教え込んだりするもんだから、3歳児もすぐにゲームに夢中になってしまった。あ~あ、こういうものは小さいうちはできるだけ遠ざけておきたかったのに・・・。

しかし、まあ、おかげで以前より家事ができるようにはなった。でもそうやっていつまでもゲームで遊ばせておくのもよくないと思って、できるだけ外に連れ出そうとする私VSゲームをしたいから外出したがらない夫。
で、結局私と息子と2人で遊びに行くハメになるんだな・・・。何かおかしいでしょう、それは。
e0027594_18455080.jpg

リンゴみたいな着ぐるみと握手する息子↑何で目線を合わせないんだ~?!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-03-08 18:49 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 02月 20日

ようやく

息子が歩き始めた!
生後僅か9ヶ月で何にもつかまらずに立ち上がり、10ヶ月でチョコチョコ歩いていた脅威の赤ん坊。歩いたり走ったりする能力は優れているに違いないのだが、なぜかママとお出かけすると一歩も歩かなかった(汗)。無理に歩かせようとすると道路の真ん中にひっくり返って暴れた。そんな息子に腹を立ててた時期もあったのだけど、ある日「こうなったら私が抱っこできなくなる重さになるまで抱っこし続けよう」と覚悟を決めた。
そんな息子は今や3歳3ヶ月。体重は13~4キロでそれほど重くないのだが、抱っこしてても動き回るので腕に力を入れていないと落っこちる(汗)。だからものすごく力が要る。いつも腕がちぎれそうに痛くて、そろそろ限界だな~と思っていた。
そしたら、10日ほど前から突然自分から歩きはじめた息子。息子の中で何が変化したのか分からない。でも正直、助かった~。
e0027594_10354217.jpg

ついでに先日、廊下に取り付けていた柵も取り外した。さすがに玄関から靴を運んできてトイレに投げ込んだりはしなくなったので(笑)。あ~、思い出してみれば本当に色々やってくれたなあ、息子(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-02-20 10:37 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 02月 17日

はじめてのおねだり

息子はこれまで全くおもちゃに執着しなかった。おもちゃ屋さんに連れて行って「好きなもの選んでいいよ」と言っても「要らない」という子だった。好きな遊びはCDラジカセの操作。何時間でもボタンを押して遊んでいる。曲ごとに番号が表示されるのが楽しくて仕方がないのだ。他には電卓、時計、携帯など数字が出てきて動くもの。「お絵かき」と言えば数字を書くことだと信じて疑わない(笑)。
しかし、あるデパートのおもちゃ売り場で展示されていた「クアドリラ」というおもちゃに息子ははじめて心を奪われたのだ。そして「今度来た時買ってあげるよ」という夫のその場しのぎの言葉をいつまでも覚えていて、「ビー玉は?いつ買う?今日行く?」と何回も夫に聞く(笑)。息子が「ビー玉」と言うのは、「クアドリラ」がレーンやキューブを組み合わせて、ビー玉を転がして遊ぶおもちゃだから。
e0027594_23262564.jpg

(ちなみにこれはネットから拾った写真で、我が家ではありませんよ~!)↑

先日、出かけた先で「ビー玉詰め放題」を見かけると珍しく欲しがった。そして大喜びでビー玉を家に持ち帰ったけど、実は息子の頭の中には「クアドリラ」を転がるビー玉の姿があったらしい(笑)。もはや息子の「クアドリラ」への思いは断ち切ることが難しく、クリスマスでも誕生日でもないけど息子にどどーんとプレゼントすることにした。
「クアドリラ」の箱には対象年齢4歳~99歳と書いてあったけど、確かに!大人でもかなり楽しめる。もちろん我が家のもう一人の子供(夫)が夢中になったのは言うまでもない。
私はともかく息子がはじめて数字の世界から抜け出しておもちゃらしいものに執着してくれて嬉しい(笑)。それとも今まで息子が納得できるおもちゃに出会わなかっただけなのかな・・・?息子は本当に不思議な世界に生きている。凡人の私は首をかしげることばかり。

そう言えば、最近息子にされた質問の中で印象的だったのは「地面の中には何が詰まっているの?地面の一番下には何があるの?」こんなこと、3歳児は考えないでしょう、普通。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-02-17 23:53 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 01月 25日

騙不了

CDラジカセが壊れた。これで5台目かな・・・。
「好きな遊びは?」と聞かれて迷わず「CD」と答える息子。決して音楽好きではない。メカ好き数字好きなだけ。エレベーターや、券売機、自販機、ともかくボタンを押して動くものは全部大好き。挙句にCDには曲順の数字が表示されるから数字好きの息子としてはたまらない。
ボタンを押しまくられ、時にはブロックを詰められ、クレヨンで落書きされ、5台目CDラジカセもついに寿命が尽きた。で、新しいCDラジカセを買いに行くことになった。

夫は最近お気に入りのセンター北に行くと言う。しかし電車の中で、息子はなぜか「今日はセンター南に行く♪CD買いに行く♪」とルンルンしている。センター南には大きな家電ショップがない(と思う)ので、それを説明しようとしかけると、夫が「大丈夫、大丈夫」と私の口を遮った。そして夫は「次の駅がセンター南だよ」と息子に嘘を教えた。「騙されたって分かったら息子はパニック起こすから」と私。「まだ子供なんだから、騙されたって気付かないよ」と夫。
結局息子は電車を降りる直前に気付き、「違う!ここはセンター南じゃないっ!降りないよ!違うよ!」と暴れだした。力ずくで息子を電車から降ろした夫。泣き喚き、暴れる息子。
3歳児を侮ってはならない。もう字も読めるんだし、駅の雰囲気だって覚えているからすぐに嘘はバレるのに。それに、わざわざ息子を騙す必要もないことだった。泣き喚く息子を抱っこして、CDラジカセはセンター南に売ってないからと説明したらきちんと分かってくれた。も~無駄な労力使わせないでくれよ、夫。

うちの子はそんなに簡単に騙されないんだからねっていう気持ち半分、これだから疲れるんだよなうちの子はって気分半分。センター北に着くまでにも何回「ギャーッ」ってヒステリー起こしたことか。「電車の色が気に入らない」「乗る車両の番号が気に入らない」「気に入った改札がない(どの改札機を通るのかにもこだわっている)」等々・・・。ありとあらゆることに「こだわり」を通そうとする息子。傍から見てるだけで疲れるよ・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-01-25 23:59 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 01月 16日

出血のワケ

朝起きたら息子が大量にを流していた。
よく見ると鼻血だった。
実はこれで2回目。
前回は原因が分からずオロオロしたけど、今回は思い当たる原因がある。

実は息子は枕がないと眠れない。それなのに寝相が悪くていつも枕からずり落ちる。そして夜中に何度もムクッと起き上がっては、枕の位置にドタンッと倒れこんでまた眠る。そう、息子は一晩に何度も起き上がっては倒れる。だからいつも朝は全然関係ないところに寝ている。
昨晩、ゴツンッという音を聞いたような気がする。そして枕元には息子愛用のCDラジカセ。きっと寝ぼけた息子にはCDラジカセが枕に見えた072.gifに違いない。そしてCDラジカセに激突したのだろう・・・。

今日からはCDラジカセ置く位置に気をつけよう。そしていつも以上に息子の周囲にぬいぐるみや布団を積んで寝ることにしよう・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-01-16 10:22 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 01月 09日

相変わらず抱っこ

冬休みが終って、保育園に2日通った。3日目の今日は私のお仕事が休みと知って、どうしても保育園に行こうとしない。色々片付けたいこともあったのだけど・・・あきらめてまた息子と二人遊び呆けて一日が終った。まあ、私の方も十分癒されるんだけど。

相変わらず抱っこ、抱っこの息子。最近一番つらいのは外出先から帰宅途中に眠ってしまうこと。13~14kgのぐったりしている息子を抱えて帰るのはかなり重労働。冷蔵庫が空っぽなのは分かってても買い物もできないし。今日も何度も息子を落っことしそうになりながら、なんとか家に辿り着いた。すげー疲れた。
息子が1歳や2歳の頃は、3歳にもなれば自分で歩いてくれるし、毎日保育園にも通ってくれるものだと思っていたけど、現実はキビシイ~。

今日しましまタウンに行って思ったのだけど、よその子って結構親の問いかけに真剣に答えるもんだな・・・。うちの息子は気の進まないことは絶対答えないし、私もそれにすっかり慣れていたので、ちょっと驚いた。やっぱり変わってるかな、うちの子。
e0027594_1848389.jpg

保育園の工作の時間↑
うちの子だけやってません・・・すでに画用紙すらどこかに投げ捨てた模様(笑)。
どんな風に育つことやら・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-01-09 18:52 | 2008年(3~4歳)の日記
2008年 01月 06日

ママは泣いていた

新年好!
久しぶりの更新です。
年末年始は三重で過ごし、昨日ようやく自宅に戻りました。父にとって最後のお正月かも知れないということで、私も弟も数年ぶりに長い時間を実家で過ごしました。それが親孝行のつもりでした。結論を言うと、父にはそうとは受け取ってもらえなかったみたいで、とても後味の悪いお正月でした。でも、自分としてできるのはこれくらいなので、やるだけはやったという気持ちです。本人がどう受け取るかは本人次第、仕方ないのです。

誰もまともに口もきかず、バラバラのまま十数年も一緒に住んでいるだけだった私の家族。突然仲良くするのはそもそも無理なのです。ゼロどころかマイナスの家族関係を少しずつ修復するしかないのです。

3歳になった息子はそんな中から色々なことを感じ取ったようです。

川崎の自宅に戻ってから、息子は一気に色々なことを話しました。
「ボク マダ ウマレナイ、ママ イル」
「ママ マダ ウマレナイ、オバアチャン、イル」
「ママ チイサイ、パパ チイサイ、オバアチャン オオキイ」
どうやら息子には、私にも今の息子のように子供の頃があったのだということが分かったようでした。そして次の言葉にとても驚きました。
「ボク ウマレナイ、ママ ズット ナイテタネ?!」
私には、「僕が生まれる前のママは(悲しくて)ずっと泣いてばかりいたんだね」と聞こえました。
息子には何もかもお見通しなのでしょうか。3歳の息子に慰められるなんて、情けない母親です。

でも、裏を返せば、息子は今そこそこ幸せを感じてくれてるってメッセージなのだと思います。なんだかホッとしました。息子がいつも愛情に囲まれて幸せでいてくれること、それが私の何よりの願いなのですから。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-01-06 23:59 | 2008年(3~4歳)の日記