カテゴリ:国際結婚2009年の日記( 31 )


2009年 05月 10日

ご報告

夫、ようやく、3ヶ月間という短期ですが仕事が決まりました。システム開発の仕事です。3ヵ月後に延長の可能性もあるとのことで、夫はすっかり失業から脱した気になってます…(汗)。

それにしても約5ヶ月半の失業…長かったです(泣)。
そして、その間、意地でもアルバイトをしなかった夫の頑固さにこの先がとても不安…また失業したらどうするんでしょう。

さて、私、かぎ針編みで椅子カバー作りました。

編んでる最中、夫に何度も「帽子だよね?」と言われました(泣)。
そして…出来上がった椅子カバーをわざわざ椅子から外して頭にかぶる息子。
…親子って考えることが同じなんですねー(泣)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-05-10 22:56 | 国際結婚2009年の日記
2009年 05月 04日

ニセモノか本物か

日本にいる外国人は帰化するか、永住権を取るかしない限りはビザがないことには日本にいられない。このビザにも色々種類があって、中でも最強なのが「日本人の配偶者ビザ」。他のビザ就ける仕事の種類を制限しているのに対して、「日本人の配偶者ビザ」にはその制限がない。ほぼ日本人と同等にどんな仕事に就いても、どこの学校に通っても、家でゴロゴロしていてもいい。

不正にでもビザを取得して日本に滞在し続けたいと思っている外国人は多い。刑務所で通訳をしていた時、偽造パスポート、偽装結婚、偽の養子縁組…こういった手段で偽のビザを手に入れた人をたくさん見てきた。そして彼らにとって一番魅力的なのは、やっぱり「日本人の配偶者ビザ」だろう。一般的なケースはこんな感じ。
偽装結婚「日本人の配偶者ビザ」取得→数年後に帰化または永住権の申請→そして晴れて永遠に日本に滞在できることになったら離婚
これだと、合法的にビザを取得できるので、最もリスクが少ない。他には、戸籍を買って別人になりすましたり、パスポートやビザ自体が偽造されたものだったり…でもこういった方法は不正がバレたらおしまいっていうリスクがつきまとう。

さて、失業中の夫。職業安定所で他の中国人に声をかけられた。以下全て中国語の会話。
中国人A:「どんな仕事探してるの?ビザは何?」
夫:「IT系。」
中国人A:「あ、そうだと思った、見るからにIT系だよね。」
夫:「君は?」
中国人A:「建築関係。ビザは日本人の配偶者ビザニセモノだよ、内緒だぞ。」
中国人A:「君は技術ビザだよね?」
夫:「…うん。
夫には自分も日本人の配偶者ビザと言う勇気はなかった(笑)。言ったら同じ不正仲間だと思われるに違いないもんね…。

それから早1ヶ月在日中国人向け新聞ビザがあろうとなかろうと、どんなビザであろうと仕事を紹介しますという広告記事を発見。紹介される仕事は、中華料理屋のアルバイト工場の単純作業など。ヤバイ会社には違いないだろうけど、もうこうなったら何でもやらないわけにはいかない。早速電話してみる夫。
すると、ビザの種類や、日本語能力の有無これまでの仕事の経験などを聞かれた。GW明けたら連絡をくれるらしい。電話を切った夫がぽつり…「電話の相手の人は俺が持ってる日本人の配偶者ビザを絶対本物だとは思ってないだろうね…。」
そしてさらに一言「あ~俺もとうとう闇社会に足を踏み入れるんだ~。」
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-05-04 03:34 | 国際結婚2009年の日記
2009年 05月 02日

困りました

3月下旬から4月いっぱいの短期の仕事が終わりました。この間、3つの仕事を掛け持ちしていて体力的にはかなり厳しかったですが…家にほとんどいない分、気が楽でもありました。不機嫌な夫と顔を合わさず済むからです。

相変わらず仕事の見つからない夫。でも最近、仕事を探しているようにも見えません。昼間一体、何してるのかな~と気になるのですが、それを聞くと無視されます。
職を失って早4ヶ月。「そろそろアルバイトくらい本気で探してもらわないと…」と言ってみるのですが「(アルバイトだって)あるわけない!」とすぐ怒られます。その後は何を話しかけても無視。

「自分が稼げなくなったから、今度はお前(私)が稼げばいい」と時々言います。
これがまた頭にきます。今まで息子が熱を出したら仕事を休むのはいつも私だったのに。「仕事休めない」と言うと、「そんな仕事辞めてしまえ」と言っていた夫。育児との両立の為に短時間の勤務を続けてきたのに…今さらフルタイムで働いて一家を養えと…。身勝手な言い分だと思う。
仮に私に運よくフルタイムの仕事が見つかったとして、その後夫にまた仕事が見つかったら、私はまた仕事を辞めなくてはならなくなる…と考えると、そんなに簡単なことではないのに。

そしてやりかけや、放りっぱなしの家事。4ヶ月も仕事もしないで家にいるのに、ごみの日がいつかも知らない、息子の保育園の持ち物も分からない、日用品を切らしていても全く気付かない…。これらを目にするのが嫌なんです~。「これもやっといてね」と言っても無視されるし。家事やるのが嫌だったら外でアルバイトして欲しい~と思うんですが…「俺が家事をやる!」って言い張る。だったらちゃんとやれ~。

そしてふた言めには「一人で上海に帰る」。上海に帰っても、最大月5万円しか仕送りしてくれないらしい(汗)。家のローンだって月11万はするのに。で、残された私と息子はどうするのか。

最近、家にいるのがつらいです。早く家に帰ってもケンカするか無視されるか。
仕事帰りにマクドナルドで勉強してから帰るのが日課になってしまった(Toeic受けるんです)。家に帰れず外で時間をつぶすサラリーマンと化した私。
どうなんるんだろ、これから。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-05-02 01:28 | 国際結婚2009年の日記
2009年 05月 01日

気分転換

ストレス溜まってます。そして何とか発散しようともがいてみた1週間でした。
突然友達を呼び出してお茶してみたり(Mさんありがとー)、一人暮らしの弟の家に息子と押しかけたり、息子とケーキ食べに行ったり…。
気分転換は大切ですね。身にしみてそう思いました。
e0027594_0295350.jpg

3つ掛け持ちしていたお仕事のひとつが、先日終了しました。その最終日に同じ職場の方とランチをしたのがタイ料理屋さん。タイ風ヌードル食べたのですが、どうしてもこのデザートが気になって…(笑)
e0027594_0305445.jpg

もち米とパンダンリーフを使っているのだとか。味見をした同僚は「ういろうみたい」と言ってました。「こんなの普通注文しないよ~」とも(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-05-01 23:59 | 国際結婚2009年の日記
2009年 02月 23日

どうするかな~

未だ仕事の決らぬ夫。
断られる理由は大体こんな感じ。

ご応募いただきましてありがとうございます。
株式会社☆☆☆☆の△△と申します。
今回ご応募いただいておりますお仕事に関しまして、担当営業に確認したところ、お客様より「まずは日本の方を募集したい」とのご要望を頂いているとのことでした。そのためご紹介は難しい状況です。
また現状としまして、弊社でご案内しているお仕事は上記の理由のものが多いため、今すぐのご紹介も基本的に出来かねてしまいます。


「もう中国に帰りたい」と言いたくなる夫の気持ちも分かる…。
夫の失業は一時的なことと思っていたけど、長引きそうな気がしてきました。

これまで、私は週4日1日5時間のアルバイトと、月に1度の雑誌の翻訳をかけもちしてたんだけど…夫が専業主夫をしてくれるのなら…いっそフルタイムの仕事に転職しようかな…と思ったり。かと言って夫がその後就職が決まったら、また仕事を辞めて、アルバイトを探さなきゃならないし…。何せ息子に手がかかるので(笑)、二人ともフルタイムでバリバリというわけにはいかないのだよね…。どうするかな~。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-02-23 22:25 | 国際結婚2009年の日記
2009年 02月 17日

冬も終わりかな

12月はじめ頃からバレンタインまで2ヶ月以上も灯っていた駅前のイルミネーション、とうとう見納めとなりました。
もっとも「?」なセンスのイルミネーションのため(笑)、地元民の評判は芳しくないらしいのですが…それでも寒い日に見上げれば何となく暖かい気持ちになれたし、なくなってしまうと寂しいものです。
e0027594_12741.jpg

そろそろ冬も終わりですね。(寒いのが苦手な私としては嬉しい限り)
夫の仕事もそろそろ見つかってくれるといいなあ…。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-02-17 23:59 | 国際結婚2009年の日記
2009年 01月 30日

ちゃんと見よう

正直、夫のスローな就職活動ぶりが頭に来る事もある。しかし、返信されてくるメールの大半が『外国人お断り』的内容であるのを見たりすると、あまりに閉鎖的な二ッポンにも腹が立つ。

しかし今回の派遣会社・P社はひどかった。
夫がP社のある案件に応募すると、P社から『もしも中国のご出身であるならば、在留資格は何でしょうか、お知らせください。』とメールが。夫が日本人の配偶者と返信。すると『当社の場合、登録可能な在留資格は、永住者、特別永住者、定住者、日本人の配偶者等永住者の配偶者になります。申し訳ありませんがお仕事を紹介いたしかねます。』と返答されてしまった。おいおい、夫はちゃんと条件に合致しているではないか!!!
きっと、はじめから外国人は断りたかったのだと思う。体裁よく断るためにビザの種類が云々と言ってみたのだと思う。でも!!!ビザの種類を尋ねておいて、ろくに見もしないで断るなんてあんまりだ!!!

はー、夫はますます引き篭もりがちになり、夫の再就職はますます遠のくのだろうなあ…。そろそろ引越しの準備でもするか?!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-01-30 23:59 | 国際結婚2009年の日記
2009年 01月 12日

どんより

夫の半失業状態からいつの間にか半月が過ぎてしまいました。
派遣先から突然の契約解除を宣告されたのがクリスマス。年末年始は動きようがなかったので、夫が本格的に仕事を探し始めたのは1月5日。
…そしてまだ一週間しか経ってないのに「仕事がない」と言って諦めてしまいました。
かなり頭にきます、その諦めの早さ!
そして「派遣先が決まらないときでも給料の60%は保証する」という約束も、会社からは「その規定は変更され、派遣先が決まらなければ無給」との回答。もともと怪しい会社と分かって働いていたので、これは予想はしていましたが…はっきり言われてさらに落ち込む夫。
あ~どうするんでしょう、これから(泣)。
死ぬ気になって仕事探して欲しいものです。

そして悪いことは続くのです。
これまでこっそりと無料でドラマや映画を見放題だった中国系のいくつかのサイト…年末年始あたりから次々と日本からアクセスできなくなってしまいました(泣)。う~ショック。

ということでWショックの我が家。いや、トリプルか?!
最悪、半年~1年後にはこの家を出て行かなくてはならなくなるかも知れません…。そう考えると突然我が家が我が家でないような、まるで借り物のような寒々した気持ちに襲われるのでした(泣)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-01-12 20:14 | 国際結婚2009年の日記
2009年 01月 08日

冬休み②

引き続き夫が半失業中につき遊びまわる妻の日記です(笑)。
以前から行きたかったIKEA 新三郷店。土日は混んでるだろうし、片道約1時間の距離を1人で息子を連れて行くのもしんどい…と思っていたら、ちょうど失業して平日も家にいる夫がここに(笑)。まあ、小学生などはまだ冬休みだったこともあって平日にしては混んでましたが(汗)。

片道1時間、450円の電車の旅に失業中の夫はブーブー文句言いつつも、カフェテリアでの食事を「おいしい!」と楽しんでました。数年前に上海のIKEAに行った時は「全然おいしくない!」と怒っていたのに…来日5年、食の嗜好も変わったらしいです。
e0027594_518364.jpg

IKEAには無料の託児サービス(4歳~10歳)があるのですが、晴れて4歳になった息子も本日はじめて託児ルームに入れてもらいました。最も、平日とは言え託児ルームにあずけるために30分以上も順番待ちをしなければならず、諦めようとも思ったのですが「あの中で遊びたい~」という息子の強い希望によりしつこく列に並びました。きっとガラス越しに外から見ると、中の様子がとっても楽しそうに見えるんでしょうね。

8月には保育園の門から動けなかった自閉っぽい息子。夫はとても心配していましたが、母の勘としては「こういう場所は大丈夫」。で、私の予想通り順番が来るとあっさり入っていきました(笑)。歩き方はとても変(ぐにゃぐにゃ体をよじらせて、足が不自由みたいな歩き方)でしたがともかく自力で入っていったので、息子にしてみれば上出来です。家に帰ってからも「また行きたい~」って言ってましたし。

夫が失業中につき(しつこい?)、買い物はあまりたくさんできませんでしたがそれでも電車代+カフェ+買い物1万円くらいの出費になりました。やがてはこの出費を後悔する日が来るのかしら…。それとも丸1日遊べて、託児もできるIKEAはやっぱり楽しいところ?!

そういえばIKEAを絶賛する方がここにも(↓)…。
我愛宜家家居
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-01-08 05:19 | 国際結婚2009年の日記
2009年 01月 04日

冬休み①

半失業中の夫がずっとパソコンの前に座りっぱなし(就職活動?)なので、なかなかブログの更新ができませんが…夫がずっと家にいるのでなんだかずっと冬休み気分の抜けない我が家です。
そして夫が半失業中だというのに(!)、帰省していた実家ではイマイチ満喫できなかったお正月気分を今更ながら取り戻そうと遊びまわる私です(笑)。

先日はお友達とホテルでアフタヌーンティー。3時間も居座って、話し、食べ、飲みました。こんなゆっくりとした時間を過ごすのは何年ぶりだろう~っていう程に優雅な時間でした。ああ幸せ。
e0027594_4425640.jpg

ヒマな夫が朝保育園に息子を送っていってくれたり、家事をちょこちょこ手伝ってくれるので、夫の失業もたまには悪くない…と、こっそりこの状態を楽しんでいる私ですが…仕事を探している方の夫は焦りが募っているようです。「外国籍の方の応募は受け付けません」なんてメールもたくさん貰ったし(汗)、厳しい経済情勢と夫が外人であることを改めて感じる日々でもあります。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-01-04 23:59 | 国際結婚2009年の日記