只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2007年(2~3歳)の日記( 43 )


2007年 10月 24日

3歳になりました

息子は今日3歳のお誕生日です。最近仕事が忙しくてあまり家にいないパパと昨晩、1日早いお祝いをしました(昨日しか早く帰れなかった)。
お誕生日=ケーキということは分かっていた息子。そして「ケーキにろうそくつけるんだ!」とはしゃいでいたのに、実際ろうそくに火を点けてみるとかなり怯える(笑)。
e0027594_1433293.jpg

そしてパパとママとでろうそくを吹き消すとなんと、大泣きした息子(笑)。びっくりしたんだそうです。

先日川崎病の1年後の検査を終え、元気だと証明された息子。それだけで十分幸せ。相変わらずママにはべったり甘えて、ママが家事するとすごく怒る息子だけど(おかげで家事ができません)、意外にも色々頑張ってくれている。
例えば数字が大好きで、保育園では数字博士だし、友達に意地悪(たたかれたり)されてもやり返さないでガマンしてるし、おもちゃの取り合いになると必ず友達におもちゃを譲る。ママの前では我儘放題なんだけど、保育園では相当他の子に気を遣っているらしい。ママの知らないところでいい子なんだそうだ(保育園の先生談)。
最近は嬉しいことにひらがなもほぼ覚えて、だんだん文字と文字の組み合わせで言葉ができることに気付きつつある。自分で本を読む日も近い?!
・・・と、こうして書いてみるといい子だな、うちの子(←親バカ)。スーパーで床にひっくり返って大泣きして「ママを困らせるなよ」とよそのおじさんに言われている子と同一人物かしらってくらい・・・(汗)。

息子がいつまでも元気でいてくれますように。欲を言えば友達におもちゃを譲るそのやさしい気持ちをいつまでも失わないでいてくれますように。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-24 14:12 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 10月 14日

逃走

最近風邪気味で通院を繰り返している息子。どうも口をアーンと開けるのが嫌でたまらないらしい。先日の受診で先生に「お口アーンはしたくない」ってきっぱりと意思表示したにもかかわらず強引に口を開けられて大泣きした息子。自分の意見をあっさりと却下されたことでプライドが傷ついたらしく、すごく長い間泣いていた。
まだ咳がひどいので、今日再び受診すると、まずは診察室に入りたくないと大暴れ。先生の顔を見ると診察室から逃走。私に捕まえられて、押さえつけられながら診察。
「痰を吸引したいけど、これじゃあ無理そうだからやめときます。そんなに嫌がるんなら苦しめっ!」・・・せっ先生?!って感じの発言でした(笑)。
今週末は川崎病の検査もあるし、これからインフルエンザの予防接種もあるし、ともかく通院する機会が増える。逃走し、暴れる息子を病院に連れて行き、押さえつけなければならない。体力つくはずだよな。夫に「尻がどんどんでかくなる」って言われてるけど、仕方ないんだよ~。育児は体力勝負なんだから!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-14 20:34 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 10月 10日

遊び好き

知らなかったけど、私は結構出かけるのが好きな人間らしい。自分ではお家好きと思っていたのだけど(笑)。息子の友達のママと休日の過ごし方について話をしていて発覚しました。
・・・いやいや、私だって息子がちゃんと昼寝してくるのなら出かけたりしないのだけど。どうせ昼寝もしてくれないし、家中散らかされ、落書きされる位なら、パーッと遊びに出かけてついでに自分も楽しんだほうがいいんじゃないかという、ただそれだけ(お気楽な性格なんだな、私って意外に)。

で、今日は少々フンパツして、行ってきましたエプソン品川アクアスタジアム!ショーが充実したミニ水族館。1800円はちょっと高いけど、品川駅からすぐという立地を考えるとそれも仕方ないかな。息子はタダだし。他にもレストランやアトラクション(息子は小さすぎて遊べないけど)が充実してて、ホテルに併設されてる施設なのにも関わらず1日遊べる感じ。
e0027594_22184670.jpg

このメリーゴーランドもアトラクションのひとつ。水族館は再入場OKだったので、アシカショーとイルカショーの合間にこのカフェ(周囲にある椅子はカフェのものです)で回るメリーゴーランドを見ながらクレープを食べた。なんだかリッチな気分。水族館としてはもの足りないと思う人も多いかも知れないけど、小さい子にはこの位がちょうどいいのかも。

それにしてもこれだけ1日遊び回っても昼寝しない2歳児(もうすぐ3歳だけど)ってコワい。
こういう派手な(?)場所で遊ぶと夫はいつも文句ばかり言うので、また息子と二人だけで出かけよう♪と思ってます。うしし。

さて、どうやらお出かけ好き、遊び好きらしい私の、次なるお楽しみはこれ↓です。
第20回東京国際映画祭提携企画・『2007東京・中国映画週間』
10月21日に渋谷で行われる開幕式に中華スター☆陳坤が出演予定なので、チケット買っちゃいました~!しかも全国の陳坤ファン達と一緒に応援小旗を振るというミーハーなことを計画してます。これも夫には理解不能だろうな~。ま、いっか。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-10 22:34 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 10月 09日

分かりません・・・

数字大好きな天才児(親バカですみません)のわが息子。2歳11ヶ月にして500までは完全マスター。2歳児が3桁の数字を理解するなんて、ワタクシ思ってもみませんでした。
息子はテレビは相変わらずあんまり興味がないらしいけど、テレビの時刻表示はすごく好き。いつもじっと見ています。で、最近のギモンは「どうして59の次は00なの?(分の部分の表示がね)」・・・ぐぐっ、答えられない(汗)。目覚まし時計(アナログ)もじっと見てます。そして「ママ、どうして12の次は1なの?13じゃないの?」・・・これも答えられない(汗)。「1時間は60分だから」とか「時計は12まで」とかいう答えでは納得しない息子。私もできればもっと気の利いた答えをしてやりたいものだけど・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-09 23:36 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 10月 08日

世話が焼けるらしい

は~、三連休もあっという間に過ぎてしまった!息子を隣町のアスレチックハウスに連れて行ったり、こどもの国までお弁当持って出かけたり、相変わらず息子中心の我が家。夫と私と二人で一生懸命相手してもまだ体力が余っているらしい息子(汗)、結局この3日間でお昼ねしたのは1回だけ。時々わが子ながら実は妖怪なんじゃないかと思ってしまう。

寝ない上に、口達者な息子。しかも2歳児ながらもジョーク好き。私が「サンキュー」と言うと「ヨンキューは?ゴキューは?」と必ずボケる(関西人の「お約束」?)。ジャンケンで勝負する時は必ず「パパはグー出してね」などと指定。これもわざとボケてるらしい(笑)。

でもこの3日間で一番印象に残ったのは、しきりに私の世話を焼いてくれたことだ。私の靴紐がほどけてたら「結んであげるよ」。買い物カバンの持ち方も「こう持ったらいいんじゃん、こうだよ」と直してくれ、アスレチックハウスの地下迷路では「ママ、頭打たないように気をつけて!」・・・ともかく数え上げたらきりがない。息子のセリフだけ聞いてるとなんかダメなママみたいだな、私。
で、極めつけが風呂上りにパジャマに着替えた私に対して言ったセリフ。
「ママ!どうして着替えちゃったの?!その服全然可愛くない!あっちの可愛い服にしてっ!これ脱いで!早く!」
そして本当に私の服を脱がそうとした。ぎゃ~。
e0027594_22441940.jpg

ちなみに夫は偶然見かけた仮面ライダーショーに釘付け。どうやらこの手のショーを見るのは生まれて初めてだったらしく、すっごくハマッてた(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-08 22:28 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 10月 04日

隣りの運動会

この前の土曜日の遠足は結局雨の為中止に。本当は遠足先で行う予定だったミニ運動会の部分だけを本日近所の公園で行うことになった。ただの平日だと言うのに、保護者も結構集まった。そういう私も翻訳の仕事を放り出して見学に。弱小無認可保育園の手作り運動会だから、去年同様小規模で、知らない人が見たら運動会って気付いてもらえなそうな運動会(笑)。息子のクラスは大玉転がし。でも「大玉」って言うより「大き目のボール」みたいなのを転がしていた。息子は全然やる気がないらしく、なぜか目を閉じてボールを転がしていた。で、「こら~!寝るな~!」って先生に怒られると嬉しそうに笑って、さらに頑なに目を閉じて(汗)すごくノロノロ転がしていた。遅っ。
他のクラスが競技している間、大きい子はちゃんと応援してるけど、息子達やもっと小さい子はなんと・・・砂遊びに夢中(笑)。挙句に息子はなんと隣りの運動会に乱入してしまった。
同じ公園内では別の幼稚園の運動会が行われていた。こちらは、地面に白線でトラックのようなものが引かれ、司会者はマイクを使い、音響設備も立派で、かなり本格的。何より息子の視線が釘付けになったのは玉入れ競争数字大好きっ子の息子は、カゴに入った玉を数えるシーンを見るとたまらずフラフラと取り付かれたように白線のトラックの中に進入して行った。そして玉入れ第二回戦では、他の子の真似をして玉を拾って投げていた(汗)。それを見たお友達のママは大笑い。面白いので好きにさせていたのだが、息子の担任の先生が飛んできて息子をこちらに連れ戻してきてしまった。
子供心にも隣りの運動会の方が立派だって思っちゃったのだろうか。私は実のところ、息子の保育園の手作り感あふれる小規模運動会が好きだったりするのだけれど。
e0027594_1142679.jpg

これが運動会には見えないでしょ?一応ラジオ体操中(笑)↑
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-04 00:55 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 09月 20日

突発性発疹

高熱が出始めたのは土曜日。日曜日になっても下がらないので、大学病院の救急外来で診てもらった。その時の診断は「風邪」。息子が川崎病で入院したのはちょうど昨年の今頃だったから、何となく心がソワソワして思わず当時入院した病院まで行ってしまった(笑)。でもお陰で医師も丁寧に診てくれた。
「ただの風邪だよ」と言われ、薬を処方され安心したはずなのだけど・・・でもやっぱり何かが違う気がする。セキもでないし、風邪らしくない。とは言え3連休はかかりつけのK小児科もお休みだ。月曜日に下痢。火曜日朝発疹らしきものが・・・。

気になって火曜日にようやく開いたK小児科に連れて行く。・・・と、なんと「突発性発疹」ですとのこと。これまたピンと来なかった。だって赤ちゃんが罹る病気ってイメージが強かったから。息子はもうすぐ3歳だぞ~。
e0027594_2123427.jpg


突発性発疹
生後4~5ヶ月から1歳くらいの赤ちゃんが、突然高い熱を出して3~4日続く。生まれてはじめての熱であることが多く、セキや鼻水は出ない。熱が下がると体中に発疹が。便もゆるくなる。2回かかることもある。熱があるときは比較的機嫌がよく、解熱して発疹が出てからの方が機嫌が悪い。

K先生には熱と発疹を伝えただけ。でもズバリ突発性発疹と診断してくれた。(先生には下痢したことすら伝えそびれた・・・。)「こんなに典型的な症状なのになんで大学病院の先生には分からないのかしら」などと辛らつなK先生(女医さんです)。「大学病院で貰った薬は飲まないでよ!!無駄よ!!」とも(笑)。
まあ、救急外来の先生は小児科医ではなかった(多分)し、その時にはまだ発疹もしてなかったし、息子はもうすぐ3歳だから普通はありえない訳で、あの時点では「突発性発疹」と診断するのは難しかったかも知れない。・・・でもやっぱり医者ってテキトーだなと思っちゃった。信頼できる先生は少ない。K先生、休日も診察してくれ~。

ところで、突発性発疹は熱が高い間は機嫌が良いとあるけど、本当にその通り。とっても元気だった。そして発疹してから機嫌が悪くなるとあるけど、これも本当にその通り。有り得ないほど機嫌が悪くなって、泣き叫び、所構わずひっくり返って暴れる息子(汗)。夫も帰宅してびっくりしてたけど、最終的には可笑しくなったらしい。わざと息子を怒らせて遊んでいた。その事態を収拾しなければならない私の身にもなってくれ~。は~。

考えてみれば息子は不思議と1歳までは高熱を出したことがなかった。でもそれって本来罹るべき病気も罹らずに過ごしてしまったってことらしい。で、もうすぐ3歳というこの時期に遅ればせながら発病してみたらしい(笑)。これも自然界の掟でしょうか。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-09-20 02:15 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 09月 14日

個人面談

先日保育園で個人面談があって、保育園の担任の先生と15分ほどお話しした。とは言えあんまり改まって話すこともなかったのだけど、「特に大きな問題はありません」と先生に言ってもらえるとなんとなく安心したような気持ちになったりもする。

先生も言ってたけど、息子はすごくいたずらっ子で手のつけられない面と、几帳面で勉強家な面とを併せ持つ二重構造で、そのギャップに私ですら時々戸惑う。
息子は友達とおもちゃの取り合いになると「いいよ、じゃああげるよ」といつもあっさり譲ってしまうのだけど、この点では先生と意見が分かれた。先生はただ「エライね、いい子だね」って言うんだけど、実は息子の心はもっとフクザツだと私は思う。息子は「おもちゃは取り合いしちゃいけない、譲り合いっこしなくちゃいけない」っていう黄金のルールを守っただけで、息子としてみれば相手も同じ態度を取ってくれなきゃ困るのだ。でも大抵相手は「あっそう、くれるの?」と言わんばかりにおもちゃを持ち去ってしまう。先生たちも「譲ってくれたのね、いい子ね。ありがとう。」とか言って事を済まそうとする。合点のいかない息子は一日中そのことを考え続ける。で、ママがお迎えに来た途端、ママをパチン!と叩くのだ。訳の分からない私と息子は大体ケンカしながら一日を終えるのだけど、眠る前に息子が友達とおもちゃを取り合いした話をしてくれて、それでようやく私にも息子がどうして機嫌が悪かったのかが分かるのだ。2歳児ってこんなにフクザツなのかな~っていつも感心しちゃうけど、ともかく息子の内面は先生が思っている以上に深い。・・・という話を先生にしたら、先生はちょっとビックリしてた。

息子はどういう訳か数字にすごく興味を持っていて、保育園では数字博士状態。それを引き伸ばそうとしてくれる先生もいて、ある日お迎えに行くと、先生が数字のカードを手にして、みんなに「はいこれは何?」と質問していた。先生はうちの息子に「Cくんは答えちゃダメ、先にみんなに答えさせて」と言い、みんなが口々に答える(が、正解が出ない)。その後先生は「はい、Cくんこれ何?」と息子に聞く。すると息子は「××」と正解を言う。先生は「××ですよ、みんな分かった?」と言ってまた次のカードを出す。・・・と、この繰り返し。こんな光景、公立保育園では見られないだろうな。私立ならでは。
帰り道「すごいね、みんなに数字教えてあげたんだね」と誉める私に対し、「みんなも結構ちゃんと答えてたよ」とひたすらクールな息子(笑)。ホントに2歳児のコメントかな、これ(笑)。

しかし、みんなが座ってお話を聞く時間に椅子にじっと座っていられないのも相変わらずで、いつも教室をグルグル走り回っている息子(汗)。
お休みの今日も外出先でも、家の中でもグルグル、ピョンピョン。ところが何となく体が熱いので熱を測ってみたら38.5℃も。・・・信じられないほど元気ですけど・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-09-14 23:59 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 09月 12日

ゲームの分かる男

アルバイトや翻訳の仕事が忙しくてなんだかバタバタしてたここ1ヶ月。息子もそんな私の忙しさを敏感に感じ取って微熱を出しながらもなんとか保育園に通ってくれた。相変わらず手のかかる息子だけど、なんとなく成長を感じる毎日でもある。
便器に足を突っ込んでみたり、溝のフタに空いてる穴に傘を突っ込んで真っ黒にしたり、色々やってくれるから(苦笑)タイヘンだけど、頭に来る事も多いけど、でもなんとなく一人で育児に奮闘してるって感じではなくなってきた。二人でケンカしながら、二人で一緒に泣いたり、笑ったり。そんな感じ。息子がかなり話せるようになって来て、息子の考えてることが分かるようになったら、やっぱり母親と子供って心が繋がってるんだなと分かった。お腹の中にいた頃に感じてたような一心同体みたいな気分がなぜか蘇ってくるこの頃。

さて、この頃はっきりと息子が成長したなと感じた出来事がもうひとつ。それはゲームが出来るようになったこと。
例えば、動物の絵の描いてあるカードを並べ、私が動物の名を読み上げると、息子がそれを取るゲーム。カルタ取りみたいなものかな。息子と夫を競わせても面白い(夫の日本語能力が未熟の為、息子といい勝負!)。なんとなくルールを理解しているようで、自分が何枚取ったか数えて、私に報告してくれたりする。昔だったらすぐにカードをぐちゃぐちゃにしちゃうのに、随分成長したなと思う。
もうひとつは数字カードを順番に並べて、その後息子に目を閉じてもらい、こっそりと何枚かのカードを抜き取る。息子に目を開けてもらい、どのカードがなくなったか当ててもらうゲーム。息子は面白がって何度でもやりたがる。

・・・と、だんだん息子が恋しくなってきた。今日は色々あって仕事が休みなのに保育園に息子を預けたのだけど、怒ってるかな~。さっさと家事を済ませて、お迎えに行くことにしよう。ではでは。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-09-12 14:17 | 2007年(2~3歳)の日記
2007年 08月 22日

今日も暑かった

今日は水曜日。アルバイトがお休みなのでいつものように息子と二人で一日遊ぶ。徒歩20秒の距離にある耳鼻科に連れて行こうと診察開始の10時になるのを待ち構えて家を出ると・・・なんとお盆休み・・・。気を取り直して10分も歩いて別の耳鼻科に行くと・・・そこもお盆休み(笑)。
まあそもそも耳鼻科に連れて行こうと思った理由は「息子が言うことを聞かないのは耳垢が詰まってよく聞こえないからに違いない」というつまらない発想からで、別にどうしても今日行かなきゃならないものでもないのだけど。

で、暑いから「ふれあい広場」というちびっ子が水遊びできる公園へ連れて行く。
e0027594_20315794.jpg

いつもならここで丸一日遊ぶのだが、あまりの暑さに午前中で退散。マクドナルドでお昼ご飯食べて(手抜き主婦ですんません)、スーパーで夕食の買い物して、家に帰ってシャワーを浴びて・・・私はその後意識がなくなった・・・というか寝ちゃった。しかし元気者の息子はずっと部屋の中を走り回ってたらしい。一時間半後目を覚ますと、息子が嬉しそうに私の顔を覗き込んで「ママ起きた?」と。ああなんてカワイイんだ。その後も息子はずっとお昼寝をせず、夕食の時間もそうめんに大量のマヨネーズかけてモリモリ食べていたのだけど・・・満腹になった瞬間に眠気が襲って来たらしい。ちょっと抱っこしたらすぐ寝ちゃった。そして今もご就寝中。

息子と二人っきりだとそれほど愚図ることは少ない気がする。水曜日はいつも二人仲良く過ごせる。他のお友達がいたりすると興奮しすぎるのか、いたずらに歯止めが効かなくなって最後には大暴れ、大泣き(私に叱られるから)となり、いつも後味悪くなっちゃう。パパと三人の時も息子のペースが狂ってしまうのか、よく愚図って泣く。
今日はほとんど愚図ったり泣いたりしなかった。そして抱っこするとコトンと寝た。寝顔は本当にカワイイ。毎日こんな風だといいんだけど(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-08-22 20:29 | 2007年(2~3歳)の日記