カテゴリ:2006年(1~2歳)の日記( 30 )


2006年 07月 26日

夫の晩御飯

昨日は息子の予防接種。午前中に銀行の用事や買い物を済ませ、12時に息子を迎えに行き注射を打って帰る。2時から電気屋さんがコンセント(このコンセントも色々ありまして・・・)の修理に来て、息子におやつを食べさせながらそれに対応。電気屋さんが帰ると修理の時に出たゴミや破片がいっぱい落ちていて掃除をする。本当は息子と散歩に行こうと思っていたのだけど、息子と遊びながら掃除をするので時間がかかり、4時すぎになってしまい断念。夕食の用意を始める。と、息子が邪魔してくるので、中断して息子におむすびを食べさせる。その後も息子の相手をしながら少しずつ少ずつ料理して、7時前にようやく完成。息子に食べさせるとさっきおむすびを食べたとは思えない食べっぷり。でも嫌いなものはどんどん投げ落とす。息子が落っことしたものを拾いながら口に入れ(←汚い?)、それが私の夕食となる。息子が食べ終わり、息子の手や服を拭いたり、床を拭いたりしてたらもう8時。後片付けをしていると息子がまた邪魔しにきて、洗い桶におもちゃをどんどん投げ込んでくる。投げ込まれたおもちゃを洗って息子に渡すと、また投げ込まれる。これじゃあお茶碗よりおもちゃを洗っている時間の方が長い。そんなこんなで9時まで洗ってもまだ終らない。9時に夫が帰宅してまたまたゆ~っくりごはんを食べ始める。早く食べて欲しい。そして早く片付けて息子を早くお風呂に入れたい!そんな私のイライラした態度に夫はキレる。私はそんな夫の態度にさらに怒り倍増。

そこで夫にいつもの話を繰り返す。
夫が残業で遅くなるのは仕方ない。しかし夫がいないと、私ひとりで息子の相手をしながら食事の用意や後片付けをするので時間がかかって仕方がない。その上自分自信は食べる時間がないから、食事の用意はほとんど夫のためだけにやっているようなもの。夫が帰ってきたら夫がごはんを食べてる間息子の相手をし(息子が邪魔しに行くので)、その後夫の食べたものを片付け、その後息子をお風呂に入れるから、息子を寝かせる時間はどんどん遅くなる。その分私もイライラが増す。だから夫が残業で遅くなる日は外で食べてきて欲しい。夫が家で食べないと分かっていれば、息子の分だけ食事の用意をすれば良いわけで(私はどうせ何か適当につまむだけなんだから)食事の用意にかかる時間は超短縮、後片付けの時間も超短縮、時間と労力に余力ができ、夫の帰宅前に息子のお風呂を済ませることもできるはず。夫は冷凍のもの等は嫌いで、ちゃんと料理したものしか食べないのだ。だから夫の食事の支度が一番時間がかかる。その時間を短縮できればこっちの負担はかなり減る。
もう何十回もこの話をした。しかし夫としてはすごく不満の様子。家でごはんを食べさせてもらえないなんて、自分はなんて不幸だと思っているらしい。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-07-26 09:29 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 07月 25日

格闘の日々

食事の時間は憂鬱だ。離乳食はじめたばかりの頃は、ヘンなものが口に入ってきたと言わんばかりに口から吐き出され、次には地球の重力に(?)気付き、お茶碗をひっくり返して中身を捨てることに夢中になり、次には食べることが楽しくなったらしく、ガツガツ食べるのだが半分以上口からこぼれ、そして今は好き嫌い期真っ只中・・・昨日大好きだったものが今日は突然嫌いになり、吐き出したり、投げたり・・・。

かぼちゃの煮物が大好きだったのに、ある日突然食べなくなり、焼いてみたら大喜びで食べた。で、今度また焼いてみたら、全部床に投げ捨てた。次はカレーに入れたら食べた。その次はカレーの中からかぼちゃだけ取り出して捨てた・・・と、あらゆる食材に対してこんな感じ。一生懸命作ったものをあっさり捨てられるショック、さっき拭いたばかりの床に食べ物を捨てられるショック、ひどいときは私の顔をめがけて投げつけてきたりもするし、最終的には茶碗もスプーンも投げ、食べ物が部屋中に散らばる。お茶を口に含んだ後、吐き出して服もズボンも濡らしてしまうし、納豆でネバネバの手で自分の顔や私の髪を撫でたり握ったり・・・。
保育園でもだいたいこんな感じらしく、いつも持ち帰る服にはご飯粒がいっぱいついている。でも家だとさらに私に甘える気持ちもあるらしく、ギャーギャー泣くので余計にイライラする。で、私がご飯を食べようとすると、すごく怒るんだな・・・。そんなワケで息子がいるときはいつもこっそり何かを適当につまむだけ。仕事をはじめてお昼ご飯だけはゆっくり食べられるようになって、正直、幸せ。それでも夜、息子と格闘してご飯を食べさせ、何とか片付けて、ホッとしたところに夫が帰ってきて、ゆ~っくり、ゆ~っくりご飯を食べてる夫を見ると、心中全然おだやかではない。
e0027594_8574364.jpg

昨日は息子はとりわけ愚図って、後片付けもなかなかさせてくれなかった。水切り籠に入れたお茶碗にいたずらしようとしてる息子に「ダメダメッ!ダメッ!」と金切り声で叫んでいるのに、いつの間にか帰っていた夫は涼しい顔で着替えをしていた・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-07-25 09:00 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 06月 29日

怒られる

息子はようやく元気になって保育園に通いはじめた。・・・ところが、元気になったら今度は元気すぎるのだ・・・。息子はひよこ組。7人いるメンバーの中で一番のチビ(月齢がね)。でもなぜか一番食べ、一番元気。他の子に抱きついたり、叩いたり・・・。他の子にちょっかい出すのも大好き。
火曜日はひどかった。男の子たちの首を絞め、女の子の口に指を入れて左右に強く引っ張ったりしたらしい。女の子が嫌がって泣いても止めず、先生達が慌てて引き離したけれど、息子の怪力に先生までもが負けて、女の子の口の中の皮がはがれたとか(きゃ~!イタイ!!)。保育園、大騒ぎだっただろうなあ・・・。
お迎えに行くと先生が駆け寄ってきてその話をして、
「一番力の強い男の子には何もしなかったので、絶対相手を選んでイジメてます。お母さんからもよく言い聞かせてください」と言われた。
よく言い聞かせて・・・と言っても・・・まだ言葉のわからない子供だからなあ・・・。とはいえ私も何となく気が重く、「どうしてそんなに悪い子なの?」とため息ばかりついていたら、息子もなんとなく雰囲気がいつもと違うことは分かったらしく、ちょっと神妙にしていた。夫にもその話をしたらショックを受けていた。
「お前このままでは刑務所行きだぞ。」
という夫の言葉が妙に笑えた。
夫は今度中国に帰ったら竹製のムチ(中国では昔子供のしつけによく使われたらしい)を買うんだとか。
e0027594_8524096.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-06-29 08:55 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 06月 20日

目が回る

昨晩から息子はまた微熱。朝お弁当を作ろうと思って起きたが、息子の額に触れると熱い。あ~、ダメだこりゃ、お弁当どころではない。37.4℃、保育園は無理だ。ベビーシッターも急には来てくれない。とはいえ私も急には仕事を休めない。息子に朝ごはんを食べさせ、自分も出かける用意をしながら、7時半に病児を預かってくれる施設に予約の電話。8時に病院にも予約の電話。病院は8時40分に予約がとれた。派遣会社に2~3時間遅刻すると電話を入れる。8時10分に家を出る。朝のラッシュで混んでいるが強引にベビーカーを電車に押し込む。病院では施設に提出するための指示書を書いてもらう。500円。これがないと預かってもらえない。そして薬局で薬を貰ったりしていると、もう9時すぎ。また混んでいる電車にベビーカーを押し込み施設のある駅へ。10時少し前。看板も何もない建物でちょっと迷う。5分ほど時間をロス。施設では色々と引継ぎ事項を確認するのに20分ほどかかり、施設使用料2500円(これは安いけど)を払って、結局施設を出たのは10時半。施設の場所から職場までは1時間半。12時にようやく出勤となる。何やってんのかな、私。
施設は6時まで。延長不可。間に合わない・・・。でも12時に出勤しといて早退はできない・・・。よってベビーシッターさんにお迎えを頼むこととなる。その為にベビーシッターの会社に電話し、シッターさんと打ち合わせし、施設にもその旨を電話し・・・。・・・出勤しても全然仕事にならない私・・・。息子が気になって翻訳にも集中できないし。ほんと、何やってんのかな、私。
ベビーシッターさんとは駅で待ち合わせをし、6時半にようやく息子とご対面。目の回る一日が終った・・・。ベビーシッターさんも混んでる電車の中、苦労して息子を運んできてくれたらしい。感謝、感謝。ベビーシッターさんのお迎え代は約3000円。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-06-20 00:07 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 06月 15日

目を開く

息子は最近眠っていてもすごく敏感で、私が布団から抜け出すとすぐに息子も起きて私の後を付いて来る。夜中にトイレに起きても、気がつくと側に息子が立っていてビックリすることが多い。心臓に悪い。今(夜中の三時半ですが)起きた時も、息子は激しく寝返りして起きてきそうだった。ビクビクしながらパソコンを開けている・・・。
今日昼寝をさせている時も、抱っこして散歩して、眠ったから帰宅して布団に置いたら起きて、仕方ないから添い寝してたのだけど、息子が寝付いたかな~と思って側から離れると、すぐに息子も起きてくる。どうして私が離れたって分かるのかな・・・と観察していると、息子は眠りが浅いときは時々目を開いて私がいるかどうかを確認しているのだ。恐らく無意識で。・・・だってその目つき、すごくコワい。薄目を開け、焦点の定まらない感じで黒目がゴロンと動き、私を見ると閉じる。それを2~3分おきに繰り返しているのだ。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-06-15 04:04 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 06月 01日

イジメ?

息子がお風呂に入ったらあっさり寝てくれたので、衝撃の告白をします。今日保育園の連絡帳に書かれていたことなのですが、息子は先生が見ていないと他の子を引っ張ったり、たたいたりしているらしい・・・。先生と目が合うと止めるらしいので、どうやら悪いことという自覚があるみたい・・・。息子は息子のクラスの中では一番月齢が小さいのに・・・。息子の将来が不安・・・。夫にその話をすると、夫は息子に向かって「どうして先生に見つかっちゃったんだ、ドジだな。」だって。バレないようにやれよと言いたいらしい・・・。この父にしてこの息子ありって感じです。はあ~、それにしてもほんと、息子のパワフルさにはついていけない・・・この先さらに悪ガキ度に磨きをかけられちゃったら母としてビシッと息子をコントロールできるだろうか・・・。

昨日も息子をベビーカーに乗せて買い物をしていると、ベビーカーのベルトから抜け出し、動いているベビーカーから立ち上がって降りようとし、仕方がないので抱っこすると、大暴れして泣き出し、私がバランスを崩してしまいべビーカーが倒れて買い物カゴの中身が飛び出し、スーパーでものすごく注目をあびてしまった・・・。家に帰る途中もベビーカーに座らせようとすると泣いて暴れて、結局暴れる息子を抱いてベビーカーを足で蹴りながら帰ったのだ。すでに力で負けているような気がする今日この頃・・・。怪物くん(この呼び方、保育園の先生も否定しません)の子育てはこの先どうなることやら・・・。
e0027594_22584733.jpg

これは息子がクマをイジメているところ↑
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-06-01 23:02 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 05月 10日

10億円に

息子は正真正銘の腕白坊主、いたずらっ子だが、最近それが表情に出てきて、数ヶ月前の赤ちゃんの面影の残る可愛らしさがなくなった。乳児から幼児に成長したとも言うのだが、夫は「最近可愛くない!お前の価値は100億円から10億円に下がった!」と息子に言い聞かせている(←息子は全然意味を分かってないけどね)。
ちなみにそれは誘拐犯の要求してくるであろう身代金のことだそうだ・・・。犯人は子供のかわいさを基準に身代金を要求してくるわけではないと思うんだけど・・・。
e0027594_1001947.jpg

逆に最近ストレスを溜め込んでいる人・・・それは息子の保育園の先生です(笑)。息子は息子のクラスの中では一番月齢が小さいのに「誰よりもたくさん、誰よりも早く給食を食べる」そうで、そのくせ昼寝の時間に全然寝ないのだ。子供達の昼寝の時間は先生達の休憩及び雑用を片付ける時間でもあるから、寝ない子がいるととても困るらしい。昼寝の時間は2時間~3時間設けられているのだが、息子はたとえ寝たとしても1時間くらいなので、恐らく先生は休憩どころじゃないだろうと思われる。私はプロである先生までもがこんなに手を焼くのだから、私が子育てで手一杯で毎日ヘトヘトだったのも無理はないと、なんだかホッとした気持ちなのだが、日々やつれていく先生が気の毒でもある・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-05-10 10:03 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 05月 02日

息子ダウン?

先週の月曜日から保育園に通い始めた息子。昨日の夜から少し元気がなかった。熱はないが顔が少し赤く機嫌が悪い。今日は私は休みだし、明日から連休。無理に登園させることもないかと保育園を休ませた。あいにくの雨。一晩寝て元気を回復した息子と久しぶりに一日中二人っきり。息子はスキンシップをしきりに求める。
午後からはどうしても郵便局や銀行に行く用事があって、2時間ほど息子をスリングに入れて傘を差して歩き回る。重~い!こんなことついこの間まで毎日やっていたなんて、ほんと改めてびっくり。
息子は相変わらず寝ない。スリングに入れて歩き回っている間、2分ほど寝たがすぐ起きてしまった。そして5時半頃から眠くてぐずってぐずってさっきようやく寝た。保育園でも昼寝の時間に昼寝せず夕方寝たり、昼寝しても他の子の半分も寝ないで起きてしまって保母さんを困らせているらしい。かと言って家に帰ってきても寝ないのだ。9時には部屋を暗くして寝る雰囲気を作っていても10時ごろまで布団の上で一人プロレス(多分)をしている。体力有り余っているのか、常に興奮しすぎなのか、睡眠大好きの私には理解に苦しむ。
まあ、それでも先週1週間と昨日1日息子が元気でいてくれたお陰で私は仕事ができた。保育園に通い始めたばかりの子供はすぐ熱を出すものと聞いていたので覚悟していたのだが、息子、ホントによく頑張ってくれたと思う。同じマンションに住むY君は、息子より2ヶ月大きいのだけど、4月から保育園に通い始めたものの、結局4月は半分も登園しなかったらしい。何度も熱を出すし、給食もほとんど食べないらしい。聞いただけで涙でちゃう。いじらしいY君。
ちなみに息子は保育園の連絡帳に毎日のように「食欲あり」とか「お昼完食」、「お昼パクパク食べた」と書かれるほどに食欲旺盛。いやいや、そのほうが母としては安心なんだけどね・・・。
昨晩はちょっとヒヤリとしたけど、連休は元気に過ごしてくれそう。このままこの先も上手く乗り切ってくれるといいんだけど・・・。まあ、そんなに上手くはいかないかな(笑)。
e0027594_18574913.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-05-02 19:05 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 03月 28日

平和な午前中

桜が満開だ。子供が多くてバリアフリーなわが町、公園では桜の木の下で、大人も子供もきゃーきゃー騒いで遊んでいる。渋谷から電車で20分という場所に、こんな平和な世界があるなんて。
と、感動したのも束の間、息子は早速滑り台へと駆け寄る。息子はたった1歳5ヶ月、それでも自力で上りたがる。時々足を踏み外して、手すりにぶら下がってブラブラしながら「ぎゃー」と泣く。いや、ちゃんと手すりにしがみついて地面に落っこちないところが息子のすごいところなんだけど(羨ましいほどの運動神経だ)、万が一ということもあるのでいつも息子と一緒に滑り台に上る。上りきると息子はそのまま頭からすべり下りようとする・・・(笑)。たしかにそのほうがスリルがあるのかもしれないが、1歳5ヶ月には早すぎる。滑り台の頂上で暴れる息子を抱えながら方向転換してあげる。私には高所でのプロレスといった気分。そのあと、息子を支えながら一緒に滑る。息子はフラフラになるまでこれを繰り返す。
疲れると今度は階段のたくさんある小さな丘に登る。これも十分疲れると思うけど、階段を上ったり下りたりが楽しいらしい。しかしこれも上りはまだいいが、下りはタイヘン。やっぱり頭から転がり落ちたいらしく、階段の上からダイヴしようとする・・・(笑)。だんだん言うことを聞いてくれなくなり、「じゃあもうこの遊びはやめよう」と息子を抱きかかえると、泣いて大暴れ。
次は丘の斜面を駆け下りる遊び。もちろん1歳5ヶ月には早すぎるので手を引いてあげる。しかしそれが息子には気に入らないらしく、すごく怒りだす。あまりの息子の暴れように近くで遊んでいた5歳くらいの男の子に「だいじょうぶ?」と心配される(笑)。「じゃあ好きにしなさい」と手を離すと、息子は地面に寝転んで斜面から転がり落ちようとした。きゃー!タイヘン!と、息子を抱えるとまた怒る。いや、半端な角度の斜面じゃないよ、7歳くらいの子でも危険だよ、ましてや1歳5ヶ月には・・・。しかし息子は斜面に執着する。仕方がないので大好きな砂場へ泣き叫ぶ息子を抱えていく。砂場に座るとコロッと機嫌が直って遊びだす。ここにも5歳くらいの女の子が遊びに来ていろいろ世話をやいてくれる(砂のプリンとか作ってくれる)が、お陰で息子はどんどん砂に埋もれていく・・・。これ以上砂にまみれては・・・というところで帰る。もちろん息子は帰りたくないと抵抗。叫ぶ、泣く、暴れる、ママを蹴る。
でも帰りのベビーカーではぐっすり。うんそりゃ疲れただろう。私も疲れたよ。雨の日以外はいつもこんな毎日。
e0027594_1381244.jpg

ホントは桜を撮りたかったけど、その余裕なし。ずっと前に撮った花でガマン。↑
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-03-28 13:15 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 03月 22日

親子カット

e0027594_835343.jpg

祝日なのにどこにも出かけられないのもつまらないので、ずーっと気になっていた息子の髪を切ることにした。
これまでは息子が寝ている隙などに自宅で切っていたのだが、最近は何しろ寝ないし、抵抗力も半端じゃないからとても自宅で切るのは無理と判断。素人が切ると結局長さもバラバラになっちゃうしね。そこで近所にできた子供専用美容院へ出かける。子供は3150円、大人のみもOKで3650円。親子なら6300円。

受付カウンターの前におもちゃコーナーがあって、息子は着くなり夢中で遊ぶ。その間に受付を済ませる。まずは息子。息子の椅子は車の形をしていてハンドルを動かして遊ぶことができる。椅子の前にはモニターが置かれていてアニメを見ることもできるのだが、息子は全然アニメに興味がないので、私は息子の椅子の横で息子をあやす係となる。美容師さんが髪を切り出すと息子は泣いて椅子から下りようとするが、私が片手で息子を押さえて、片手でおもちゃを持って息子と遊ぶ。息子が暴れようと、泣こうと、お構いなしにサッサと髪を切る美容師さん。さすが。
切り終わると息子を別の椅子に移動させて、服の中に入り込んでしまった髪をすごく丁寧に掃除してくれる。「髪の毛がチクチクすると子供は嫌がるから」だそうで、このサービスに私は感動。次は私のシャンプーとカット。息子は服の掃除が終わると、従業員さんに遊んで貰う。シャンプーも丁寧だったし、カットの後はマッサージもしてくれて、私は極楽気分。息子は従業員さんにすっかり懐いて楽しそう。最後にはおもちゃのプレゼントを頂いて帰る。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-03-22 08:40 | 2006年(1~2歳)の日記