カテゴリ:2006年(1~2歳)の日記( 30 )


2006年 12月 19日

クリスマス会

土曜日は保育園のクリスマス会だった。息子のクラスひよこ組は手遊びをしながら「どんぐりころころ」等、3曲歌う。でも毎年、ひよこ組は観客の多さに驚いて全員大泣きし、歌どころではないらしい。9月の運動会の時も、息子は泣いてばかりで何の競技にも参加しなかったので、今回もどうせ泣くだろうと諦めていた。が、幕があがり、ひな壇の上にちょこんと座った息子及びひよこ組みのみんなは、会場の雰囲気に驚き、なんと全員泣くことすら忘れてぽかーんと口を開けてただ座っている。その様子に観客は大笑い。こうして先生のピアノの伴奏だけが続く中、クラスの中で比較的しっかりしている女の子ふたりは少し歌ったり、手を振ったり(そういう振り付けらしい)しはじめた。でも息子を含め他の子供はやっぱり動かない(笑)。こうして3曲が終わり、幕が下り、息子の出番は終了。
その後はもっと大きな子達が歌を歌ったり、劇をしたりするのだが、息子はじっとしてくれないので帰る。劇見たかったけど、残念。

それにしても、泣かずに座っていただけ成長した!
e0027594_1050735.jpg


息子は一番はしっこに座らされていた。練習中にきちんと座らず、他の子の邪魔をしたりしていたためはしっこに追いやられた。息子といつも仲良しのいたずらっこ君は反対側のはしっこに座っていた。いたずらっこ同士をできるだけ遠くに離す先生達の作戦だったらしい。大成功!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-12-19 10:52 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 12月 11日

愛を栄養にしている男

夫の実家の騒動ですっかり忘れられがちだが、私は先週の日曜日、難関と言われる国家試験の二次試験を受けたのだ。結果は・・・五分五分・・・かな。自分で思っていた程には上手く答えられなかった。でも家事、育児、仕事をしながらの受験だもの、ダメでもともとだと自分に言い聞かせている。もしダメでも、来年一次試験免除で、二次試験だけもう一度トライできるので、今年はとりあえず一次試験に合格しただけでも大収穫だと自分を慰めている。結果は2月中旬発表だとか・・・遅いよ~。

10月の息子の入院以来、通っていた通訳学校をやめ、勉強も放棄して、ともかく息子中心の生活を送ってきた。仕事が休みの日は保育園をお休みさせるか、預けるにしても短時間にして、なるべく息子との時間を作っている。そうすると不思議と息子は熱を出さなくなった。
しかし先週はさすがに試験勉強のことで頭がいっぱいだった(ついでに夫のお家騒動もあったし)。日曜日は試験の為に5時間ほど家を留守にした。帰宅すると息子はぐったりして、熱が38度もあった。息子には私が試験に気を取られていることがよく分かっていたみたい。そしてママを独占してないとエネルギーが足りなくなってしまうらしい・・・。
月曜日はお仕事を無理やり休んで息子のお相手(仕事クビになりそうだな、ホント)。今日は保育園を遅刻して、一緒に電車に乗って遊んでから(用もないのに電車に乗って隣りの駅まで行ってきた)、保育園に預けた。家事を済ませたらお迎えも早めに行くつもり。それでようやく息子は満たされるらしい。
e0027594_1316166.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-12-11 23:59 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 11月 22日

先生も泣く

息子の病気で忘れがちだったけど、息子は超ワンパク児だった。保育園の連絡帳には「言うことを聞きません」「昼寝の時間寝ません」「公園で待ってと言ってもすぐに遠くに走り去ってしまいます」等々、先生の嘆きの言葉が並ぶ。
最近は特にクラスで一番体の大きなガキ大将みたいな子の子分になって、二人で悪さをするらしい。一人のときは怒られるとそこそこ反省するらしいのだが、ガキ大将が一緒だと怒られてもヘラヘラ笑っているだけなのだとか。
2歳児といえば、まだ友情が芽生える歳ではないはずなのだが、息子は少なくとも相手が違うと接し方も変えているようなので、多少他人を意識しはじめているのだと思う。その点は評価しよう。
例えば昼寝の時間、みんな先生の言うことを聞いてふとんに横になってる時、「他人と違うことをするのが超楽しい」うちの息子ガキ大将はふとんの間をギャーギャー走り回って、寝ているみんなの邪魔をし、先生が怒ってもニヤニヤ笑って止めない。
まあ、元気にのびのび育ってくれてることには喜びを感じるんだけど・・・。先生もあんまり個性を押さえつけるやり方はしたくないと言ってくださり、それには私も同感なのだけれど・・・ああ、先が思いやられるなあ・・・。
「三つ子の魂百まで」と言うし、 このいたずらっ子魂はきっと死ぬまで直らないんだろうなと覚悟するこの頃。小学校でも、中学校でもきっと悪ふざけをして先生に怒られるタイプだな。クラスに一人か二人はそんな子いたもんな~。
そういえば息子が入院中も色々やってくれた。一番すごかったのが、病室の備え付けの洗面所でコップに水を入れて、病室の床に水撒きしたことだ。しかも何度も。この話をよそのヒトにするとすごくウケるんだけど、息子の後を追い回しながら床を拭いてた私にしてみれば笑えない。夕方お迎えに行くと先生がぐったりしてるのも、きっとうちの息子のせいだろうな・・・。
e0027594_13411796.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-11-22 13:42 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 10月 11日

お知らせ

・・・忘れてました、大事なこと。息子にいつも殴られていたテレビ・・・ついに壊れました。今買いなおしてもどうせまたすぐ壊されるので、しばらくテレビのない生活を送る予定。
以上です・・・。
ちなみに今まで息子が壊したのは、めざまし時計4~5個、折りたたみ椅子、CDラジカセ2~3台、マンションの排気口、テレビのアンテナ線、古い携帯電話1台等々・・・。電話機子機とパソコンも危ないです。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-10-11 14:14 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 10月 10日

ごめんね

9月30日は保育園の遠足だった。こどもの国現地集合、現地解散という実にルーズな遠足(笑)。午前中は公園内の芝生の上でミニ運動会。運動神経は抜群の我が息子・・・さぞや大活躍だろうと期待していたのだけれど・・・。息子は何より集団行動が嫌いらしい。大勢の園児と父兄を見たとたん私にしがみつき、泣き、暴れる。運動会会場を離れ、一人で遊ばせるとご機嫌なのだが、抱き上げて運動会会場に連れて行くとまた泣く、暴れる。何より息子の活躍を期待していた夫(親バカです)は、何度も力ずくで息子を運動会に参加させようとしたけれど、結局息子はどの競技にも参加せず、ただただ泣いていた。しかしそんな息子もお弁当はしっかり食べた。私の苦労、ちょっと報われる。その後しばらく自由行動で、ミニ電車に乗ったり、遊具で遊んだりしてご機嫌の息子。が、みんなで併設の動物園まで移動となるとまた泣き、暴れる。みんなで何かするのは大嫌いらしい。協調性のないやつ。
動物園内は自由行動のため、息子はまたご機嫌に。うさぎやモルモットにさわって遊べるコーナーでは、モルモットを投げとばしたり、兎の目を指でグリグリ・・・。2歳の息子にはまだ小動物を愛護する感覚は備わってないらしい・・・。(ちなみにモルモットを投げたときは施設の人におこられました・・・ごめんなさい。)
ともかく息子に振り回された一日。いつものことだけど(笑)。でも収穫もあった。夫が息子を育てる大変さに気付いてくれたことだ。息子の属すひよこ組みの子供たちはそれなりに競技に参加していた。息子ほど泣き暴れる子はいなかった。息子が一度へそを曲げると徹底している事は私はよく知っているので別に驚かなかったけど、夫にはショックだったらしい。うちの息子には人一倍手がかかるのだということをようやく(もう生後2年経つんですけど・・・)気付いてくれた・・・。
e0027594_13291552.jpg

協調性がなく、強情で、悪知恵だけが良く働く息子だけど、実は今のところそんなに心配はしてない。大きくなれば自然と普通になるだろうと思う(楽天的すぎ?)。
でも悪いことと知っててわざとお茶碗の中身をひっくり返したり、悪いことと知っててわざと顔面にビンタしてくるのには真剣に頭にくる。何度怒ってもヘラヘラ笑っているだけの息子。私を怒らせるのが面白いのだ。悪ガキだ!悪ガキすぎる!
昨晩、息子の大好きなくまさんを私が操り、くまさんのセリフを私がしゃべって遊ぶ。息子は超ゴキゲン。でもやっぱりくまさんに対しても顔面ビンタ・・・。「イタイよ~、もうキミとは遊んであげない。」とくまにしゃべらせ(いや、私が言ったんだけど)、くまを私の後ろに隠す。すると息子はしばらく別の遊びをするフリをしていたけれど(強情なやつ・・・)、1分後に私の後ろのくまさんに向かって「ごめんね」と言った。
感動の一瞬だ。そしてその声のかわいいこと!きっと息子はいい子に育ってくれる(はず)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-10-10 13:37 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 09月 27日

夫の血筋

息子はここ数日風邪をひいていたので機嫌が悪く、ただでさえいたずらっ子なのに、余計に拍車がかかり、まったく手に負えないほどに悪ガキだった・・・。息子の働いた悪事はもう数え上げればきりがないけれど、一番困ったのは食事。気に入らないと投げ捨てるのはいつものことだが(泣)、風邪をひいていて食欲がないせいか、いつもは投げないものまで投げた。ほとんど全てのものを投げた。息子の周囲半径1メートルは米粒やくだものが散らかり放題となった。そのくせ、食べ物を取り上げると泣いて暴れて怒る。でも与えるとまた投げ散らかすのだ。わざと私を怒らせているのだ。
ジュースも口に含んでから吐き出して、自分の服やズボンをわざと汚す。そうすれば私がキィーッとなるから面白がってわざとやるのだ。悪ガキすぎる。
おんぶは嫌い、抱っこすればわざと反り繰り返って落っこちそうなポーズをとって私が慌てる顔に大喜び。そのくせ家事をしてるとすぐに「抱っこ、抱っこ」と言って纏わりついてくる。「ちょっと待ってて」と言うと、床に仰向けになって足をバタバタさせて泣く。
今日もご飯を半分以上投げたので、ご飯はもう終わりにして、梨をむいてあげた。すると、口のなかでわざわざ2~3回咀嚼して、唾液も混ざってドロッとした状態にしてから吐き出して、床に落としたり、服の上に落としたりしている・・・。そして私の怒った顔を見て笑う。あ、そういえば床の拭き掃除をしている私のおしりに納豆ご飯を塗りつけてもくれた。もちろん、わざと。
こういう時いつも思うけど、これは絶対夫の血筋だ。知恵がつくにつれどんどんエスカレートするんだろうか・・・。考えると恐ろしい。子育てに自信喪失ぎみのこの頃です。
e0027594_2353219.jpg

これは某博物館から脱走をはかる息子の図↑
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-27 23:11 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 09月 19日

(B)ANANA

息子は1歳10ヶ月。最近の成長はめざましい。私の言ってることもたくさん理解できるようになったし、歌を歌ったり、言葉を話したり。これまで一方通行だった子育て。種まきして、水を与え続けて、ようやく小さな花が咲いた(?)のかな。他のママの話によると、この先2歳のプチ反抗期が待ち構えているので、決して「ラクになった」などと騙されてはいけないらしい(笑)が、たとえ束の間の喜びでもいいや、喜んでおこう。
朝は目覚めたとき私が側にいないと泣く。目が覚めると一言目は「アナナ」。「バナナ」と言いたいらしい。朝はバナナ、ヨーグルト、牛乳、パンなどを食べるが、パンは最近好みがうるさく、気に入らないと投げ捨てる。「ジュウニュウ、ジュウニュウ」と言いながら牛乳を飲む。一緒に歌を歌ったり、本を読んだりする時間も増えた。ひたすら動いていた昔と比べると、少しはじっとしててくれるようになって助かる。テレビはまだ見てくれない。1歳くらいからテレビに釘付けの子もいるんだけどな(それだと親はラクだ)・・・、まあテレビから離れてくれなくて困るよりはいいけど。子供って歌詞の意味なんて関係なく歌詞を覚えてしまう。なかなかの記憶力。夫は歌詞が覚えられなくて、歌遊びは専ら私担当。本はまだストーリーを楽しむことはできないけど、バスリンゴワンワンなど、絵本の中から自分の知ってるものを見つけては指を指す。一日何回やっても飽きないらしい。知らない単語は「コレハ?」と聞いてくる。夫は最近答えられない。別に中国語で答えてもいいと思うのだけど、なぜか日本語で答えようとして答えられずに退散・・・。
それでも息子の単語力は同じ年頃の子に比べると少ないと思う。あんまり熱心に勉強するタイプじゃないのかも・・・。ところが、「デンチャ(電車)キタ」とか「バーバ(パパ)ナイネ」、「アック(トラック)オオキイ」などの2文字語は結構早くからスラスラ出る。時々3文字以上の長い文章をも話そうとする。思いがけない方向へ発達する言葉(笑)。
機嫌が悪いとジュースを飲ますだけでも30分以上かかったり、まだまだ手のかかる息子だけど、機嫌のいい日は「お片付けして」と言うと「ハイ」と言っておもちゃを片付けたりもしてくれる。

息子の成長ぶりにちょっと感動した三連休。・・・しかしどうやら私も息子も風邪をひいてしまった。犯人は・・・窓を閉め忘れたのだ(「閉めてくれたの?」って何度も聞いたのに!)。夜中に寒くて目が覚めた私、隣りのリビングの窓が開いていた。夫を見ると息子の布団や、息子のオムツ替えマットなど色んなものを体に巻きつけて自分だけ暖かい格好をして寝ている
窓を閉めて私も息子も暖かくして再度寝たけど、私は今朝また微熱が出てしまった。息子は熱はなかったけど、さすがに風邪をひいたに違いない。保育園から電話がかかってくるかもしれないから、覚悟しとこう・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-09-19 09:20 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 08月 29日

DuDou

夏休みに実家に一週間預けたことが、ひょっとしたらトラウマになっているのかも知れないが、息子は最近とても甘えん坊だ。保育園に登園するのを嫌がるようになったし、保育園でもよく泣いている。以前は迎えに行ってもママをチラッと見るだけで、なかなか帰ろうとしなかったのに、昨日は迎えに行ったら「ママ~、ママ~」と泣いていた。聞くと5時ごろから1時間近く泣き続けていたらしい。一体どうしちゃったのか?家にいる時は以前にも増して私にべったりだし・・・。家事等ができなくてちょっとイライラもするけど、ちょうど夫が残業でいないのをいいことに家事を放棄してともかく息子と戯れる毎日・・・。

そして何より最近ようやく言葉がではじめた息子と遊ぶのは結構楽しい。
息子は保育園が日本語環境ということもあって、今のところ日本語のみを理解している。バーバ(Baba、パパのこと)と、ドゥドォ(DuDou、スタイのこと)以外は。夫も今まで息子とは日本語で接していたのだが、最近はやくも単語力で息子に負け始めた。(夫よ・・・もっと頑張れ・・・。)特に歌にあわせて手遊びする時(「むすんでひらいて」とか「これっくらいの~おべんと箱に~」とか)、もう夫にはついていけないらしく(覚えろよ!と思うんだけど)、息子はますます私とばかり遊びたがるのだ。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-08-29 10:39 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 08月 23日

あなた~とわたし~♪

「あなた~とわたし~♪」とやや音程がはずれつつも歌う息子。いままでは言葉より体の方が先に動いていた息子も、ようやく言葉や歌に興味を持ってきました。同じ年頃の子に比べて単語力が少ないのでとても心配していたのですが、そのくせ、「電車キタ」「バーバー(babaパパのこと)イナイね」などの二語文は随分早くから(1歳8ヶ月頃・・・早くないかも)話しはじめたり、子供の成長ってひとりひとり全然違うものなんですね・・・。特に息子は私の前では言葉を話しません。言わなくても分かって欲しいと言わんばかりにひたすら泣いて暴れます。本当はすごくたくさんの単語を知ってるのかも知れません。
e0027594_9342350.jpg

おもちゃより家電製品の操作のほうが好きなのは相変わらずで、おもちゃはすぐ飽きるのに電話の子機やエアコンのリモコンは絶対手放しません。壊れるのは時間の問題かも・・・。最近はまっているのはCDラジカセ。とはいえもう半分壊れかけているので、接触が悪いとCDが鳴りません・・・。息子はずーっとCDを入れ直したり、スイッチを入れ直したり、音が出るまで色々やってます。おもちゃにもこれくらい興味を示してくれたらなあ・・・。無事CDが動き出すと「シージー(CD)着いた!着いた!」と報告に来ます。しかし、すぐにまた強引にCDを取り出して(だから壊れるんだよ・・・)もう一度一からやり直します。・・・新しくCDラジカセ買うお金用意しとかなきゃね。
息子は久しぶりの保育園にイマイチ馴染めてない様子。朝はとても愚図るし、保育園が近づくと寝たふりしてベビーカーにしがみついて降りてくれないし。夜は夜で私がトイレに行くのもダメ、果物の皮をむくのもダメ、お皿を洗うのもダメ。とにかくずーっと一緒に遊んでるか抱っこしてないと怒ります。
「ごはんの用意するからちょっと待っててね。」
「うん。」
こんな会話ができる日はいつのことか・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-08-23 09:34 | 2006年(1~2歳)の日記
2006年 08月 20日

お盆休み

お盆に仕事の休みが取れず、保育園は1週間ほどお盆休みなので、仕方なく子供を実家に預けた。金曜日は仕事が終ってから、息子を迎えに三重県に向かった。
e0027594_13402365.jpg


実家に着いて、久々に会った息子は私のことをとっても怒っていた。「何日も放ったらかして!もうママなんて要らない!」と言わんばかりに、私の母とわざと仲良くしているところを見せ付けたり、私が抱っこすると怒ったり。「果物を取って~」と果物を指差したくせに、私が食べさせると「要らない」と言い、かわりに私の母に嬉しそうに食べさせてもらったり。1歳10ヶ月の子供の心理って意外とフクザツ・・・。
でも、翌日新幹線に乗る頃には今度は祖父母のことをすっかり忘れ、自宅に戻ったら、また私にべったりの息子になってしまった。息子に纏わりつかれながら荷物の片づけをして、なんだか徐々にママとしての感覚も戻ってきたのでした。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-08-20 13:47 | 2006年(1~2歳)の日記