カテゴリ:未来のエジソン君( 65 )


2010年 04月 07日

巻き戻し、巻き戻し

ほんの2ヶ月ほど仕事が忙しくてあんまり息子に構ってあげられなかった間、息子の偏食と癇癪、「時間の巻き戻し」が頻繁に見られました。
「時間の巻き戻し」とは、気に入らない出来事があった時にまるでビデオテープを巻き戻してもう一度再生するかのように、時間を巻き戻してやり直そうとする行為。息子の場合は特に外出時と着替えの最中に起こることが多いのです。

外出時は例えば、敷石やタイルが色違いに並べられている歩道を歩く時、「赤いレンガだけを踏む」とか「黒いタイルだけを踏む」とか決めて歩いているのだけれど、車を避けようとして私が息子を道の端に引っ張った時などに息子は「ギャーッ」と叫んで暴れます。車が走り去った後、私が手を離すと息子はその歩道の一番はじめのところまで走って戻って行きます。そしてはじめからやり直すのです。その途中で車が来たらまた同じ事の繰り返しです。つまり同じ歩道を何度も何度も歩くのです。そのうち息子もだんだん機嫌が悪くなってきて、癇癪を起こしますが、泣いたり喚いたりしながらそれでも決まった色のタイルを踏んで歩きます。精神的に落ち着いている時は歩道のはじめまで戻らずにその場からやり直すだけで済むこともあるのですが…。

そして、着替え。これはもうこの2ヶ月ほとんど毎日頭を悩まされました。お風呂上りに服を着る、それだけの事ですが5歳の息子にはかなり苦手です。放っておくと服を着ません。強引に着せると全部服を脱いでしまいます。服を脱ぐことで「時間を巻き戻して」いるのです。
服を着るときの立ち位置が気に入らなかったと言っては服を脱ぎ、ママが引っ張った腕が痛かったと言っては服を脱いで、もう一度やり直しを迫ります。
その内に、着替えとは関係なく、ただ気に入らない事があった時にいきなり服を全部脱ぐという現象も見られました。これはこの2ヶ月の間に初めて起こった事ですが、10回程度起こりました。外出先でも1度全裸になろうとしました(夫が力ずくで家に連れ帰った)。もともと色々な感覚が敏感で、ある意味野生の狼に近い息子、そもそも服を着るって事がキライなのだとは思いますが…小学校とかでいきなり全裸にならないでくれるといいんですけど(汗)。

そういえば、トイレで「大」をする時、息子は下半身全裸になるんです。靴下も脱ぎます。保育園でもそうしてるんだとか(汗)。でも、去年の今頃はズボンを下に下げた状態で「大」してたのに…いつの間に??しかも、小学校のトイレって床が濡れてたりってこともあると思うので脱いだズボンがビショビショにならないといいけど…小学校入るまでに何とかならないかな~。

仕事を辞めて、まず始めに治ったのは偏食。なるべく夕食の支度を手伝うようにしてもらっているっていうのもあるけど、ともかく激変っていう位に食べてくれます。もちろんそれでも普通の子に比べたら好き嫌いだらけだとは思いますが(汗)、1種類しか食べないのと3種類食べてくれるのとでは大違いです。
それから、保育園に早い時間にお迎えに行った時の喜び具合。初日は嬉しくて道路をピョンピョン飛び跳ねて3回も転びました(笑)。そんな息子を嬉しく眺めながらもその多動ぶりと落ち着きのなさに先行き不安…。
気に入らないと全裸になる事もピタッと納まりました。「巻き戻し」は若干見られますが(汗)頻度は減ってます。まだ些細な事ですぐ癇癪を起こしたり、突然何も喋らなくなったり、かと思ったらずっと抱っこしていないと怒ったり(もう5歳なのに~)…何となく落ち着かない息子です。まあ、2ヶ月も構ってあげられなかったので、それを取り戻すには倍くらいはかかるだろうと覚悟してます。

この半年、保育園の先生に不思議がられているのは朝、誰とも口をきかない事。あいさつもしません。息子としては、朝一番に人に会うのは「はずかしい」のだとか。例え仲の良いお友達でも「無視」します。「はずかしい」から。園に着いて1時間もすると普通に口をきくようになるんですけどね(汗)。でも「無視」はまずいでしょう。はあ…これも小学校入る頃までには治って欲しい。

息子に限らず、ママが元気でいる事が子供には一番。2ヶ月間会社に振り回されて、すっかりエネルギーを消耗してしまった私。元気出さなきゃ~。自分自身がまずは元気で明るい毎日を取り戻さないと!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2010-04-07 12:54 | 未来のエジソン君
2010年 01月 30日

療育は取り止め

年末に受けた心理士による発達テスト、息子はあまりに出来が良かった。心理士は驚き半分、私への疑いも半分込めて(こんな賢い子のどこがおかしいのっていう目線と口調)、「療育は要らないかも」と言った。IQが高いから問題ないと思っちゃう頼りない心理士。IQが高いからそれ以外のことは「この子の個性では」と言い切る心理士。イケメン心理士だっただけに残念(笑)。

発達テスト後、お道具を片付ける心理士。テストAで使ったブロックは小箱Aへ、テストBで使うビーズは小箱Bへ。普通はこうやって用途別に片付ける。ところがここで息子のこだわり炸裂!心理士が片付けたお道具を全部取り出して、小箱Aには赤いもの、小箱Bには青いもの…と色別に片づけだした(笑)。色に強いこだわりを示す息子らしい(笑)。心理士は苦笑しながらまた用途別に小箱に入れ替えた。すると息子はまた取り出して、中身をひっくり返して、色別に小箱に入れ替えた。心理士は苦笑しながらそれを持ち去った…(←別室で入れ直したに違いない)。

息子にとって発達テストはとても楽しいお遊びの時間。クイズやパズルを解くみたいに面白くて大好き。そしてそれに使われる道具も特別に大好き。だからこそ、色別に分類されていなければ気に入らなかったのだと思う。息子は今5歳。でも発達テストによれば7歳の知能があることになる。IQは140。それなのに、心理士が用途別に道具を片付けることに理解を示さないし理解しようともしないし、心理士の持ち物であるのに勝手に色別に分類して片付けてしまった。客観的に見れば首をかしげたくなるような色へのこだわり。息子が5歳の知能を持つ5歳児だったとしても、自分への色のこだわりから他人の持ち物をかってに色で分類しちゃうのは、見る人から見ればちょっと自分勝手な行動に映るかも知れない。でも息子は7歳の知能を持っている。7歳の子がそこまで色にこだわって、人の片付けたものをひっくり返してしまったら、周囲は何と思うだろうか。

息子は昔からお遊戯が苦手。お歌の時間やダンスの時間はただ座ってるか、突っ立ていた。お遊戯に参加するようになったのは4歳過ぎてから。お遊戯を楽しいと思い始めたのは5歳くらいから。だから私は息子のお遊戯能力は3歳児レベルだと思っている。実際、お遊戯の時間の息子はいつもぐにゃぐにゃヘラヘラしている。しかし、園の先生方は息子を7歳の知能を持つ5歳児だと思っているから「どうして真剣にやらないの?」「恥ずかしがってないできちんとしたら?」と息子に言う。

これらは将来、ひょっとしたら学校の先生と息子のとのトラブルの火種となるかも知れない。精神科の先生はそれをとても心配している。でも、心理士が「この子は何の問題もないのに…」と思いながら息子に療育を施してくれてもきっと無駄だと思う。精神科の先生と話し合って、療育は中止、小学校に入って何らかのトラブルが生じたらまた相談に来るということになった。もちろん、ここ最近の息子の落ち着きぶりから、小学校に入っても上手くやっていけるかも知れないと思っている私の気持ちも強く伝えてのこと。泣いて癇癪ばかりだったのが嘘のように、息子はぐんぐん成長し、毎日を楽しく過ごしている。

で診断名はやっぱり出ないまま…。まあ、今のところ大きなトラブルがないから「障害」とも呼べないのだと思うけど(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2010-01-30 15:19 | 未来のエジソン君
2009年 12月 19日

治ったかも?!

1年ほど前、突然テレビを見始めてから劇的に変化した息子。何でもかんでも癇癪を起こしてひっくり返っていた息子は、1~2時間ほど抱っこして慰めていれば癇癪の理由を話してくれるようになり、理由を話してくれるまでの時間がどんどん短くなり、色々説明して納得させてあげれば癇癪から立ち直ることが出来るようになり、そのうち自分で自分を納得させることができるようになり、癇癪自体を起こさなくなった。

色や数字や順番へのこだわりは相変わらず強いが、そのこだわりが日常生活を困難にする程だった昔に比べれば、今は相当落ち着いてきた。数字オタクなのは一生直らないと思うけど、まあ、仕方ないでしょう。

唯一困っているのは、見知らぬ子供に話しかけられても無視すること。保育園のお友達に保育園以外の場所で会うと無視すること(保育園の門の前でもダメ)。精神科医はその点を大いに心配し、臨床心理士に個別指導を受けること2回(と言っても息子と心理士とで遊んでいるだけ。遊び方を観察してるとか…)、そして今日は発達テストを受けた。

前回、2年ほど前に受けた時は、人の絵が描けなったし、会話だけの質問にはほとんど答えられなかった。それが今回は人の絵も描けるし、会話もそこそこ出来ている。もちろん、数字や図形の問題はスラスラ。調子に乗って(?)、図形ではかなりの難問を息子に出題した先生。息子、解けない。こんな時、いつもなら癇癪を起こす息子。「これは5歳の子は誰もできないから大丈夫!」って私がフォローしなきゃと思った瞬間、「これは大人も無理だよ~」と自分で自分をフォローする息子。息子、本当に成長しました。

結果は「次回、精神科医との診察の時に話します」とのことだったけど、「出来すぎていて驚いた」と臨床心理士が言ってたから息子のIQは相当高いのだろう。まあ、それは実はテストなどしなくても知っているのだけれど。逆にIQが高いから息子は今まで集団生活が出来ず、生き辛さを感じてきたんだと母としては思ってるくらいだから。正直、「こんなにIQが高い子のどこに問題があるって言いたいの?」と私に言いたげな臨床心理士の姿にがっかりもした。2年前に川崎市で同じテストをしてくれた臨床心理士は、息子のIQがところどころ突出して高いことを「これじゃあ癇癪起こすのも無理はない」って同情してくれたから。

しかしまあ、世間が息子を理解しようがしまいが、息子は生きていかなければならない。2年前はその事がとても難しく思えたのに、息子はいつの間にか自力で障害を克服しつつある。
そういえば、私はこの1年でものすごく太ったのだ。息子と一緒にいてもそれほどエネルギーを使わなくなったのだと思う。そう、ラクになった。でも食べる量は以前のままだったので(汗)、ブクブク太ってしまった。

癇癪を起こして暴れる息子を途方に暮れて2時間も抱っこし続けた日々。走ってくる車に向かって行く息子を抑えながら道路で立ち往生していた日々。いつの間にか遠い昔の事の様に思えるようになって、そしていつか思い出すこともなくなるかも知れない。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-12-19 11:06 | 未来のエジソン君
2009年 09月 18日

期待と不安と

囲碁教室、「夫と息子と連れ立って行ってくれるからとっても助かっている」と先日の日記で書いたばかり(こちらご参照)なのに・・・!もう飽きたんでしょうか、夫?!結局先週の日曜日は私が息子を連れて行くことに(汗)。

囲碁と言ってもはじめはとっても簡単な遊びから始めます。もうすぐ白に囲まれそうな黒という状況を作って、「あと1つどこに石を置いたら黒を取れるでしょう」という問題を出すのです。この程度だと息子はスラスラ解きます。決まったルールのあるものに対する理解力は抜群です。

「4歳に囲碁なんて無理・・・」と言ってた先生ですが、今では息子の才能にとっても期待しています。先生は言います。「今まで見た4歳の中では一番賢い。でも一番変わってる。何考えてるか全然分からない。」そして、「無理に教えて囲碁が嫌いになると困る」と言って、あまり囲碁を教えてくれません(笑)。でも、その先生の考えに私も大賛成なので、今はただ、教室に通って自由に遊んでるだけでいいと思ってます。

息子は他の子供と目線を合わさず、会話もしないで、1人で石を並べて遊んでいます。「コミュニケーション取れないと囲碁はできない」といい切る先生。「囲碁がダメでも、他の事やらせればいいじゃない」とも(泣)。

他の子供同士が対局していた時、1人の子供が碁石ジャラジャラかき混ぜました。すると突然、耳を両手で塞ぐ息子。アスペルガー症候群はにおいなど感覚が敏感です。息子もにおいにはとっても敏感なのは知ってましたが、に対しては特に問題ないものだとばかり・・・。しかしどうやら少なくとも碁石ジャラジャラはかなり苦手らしい。つまり、対局中に対戦相手が碁石ジャラジャラさせると、息子は集中できなくなってあっさり負けるってことです(汗)。あららら~。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-09-18 23:59 | 未来のエジソン君
2009年 09月 17日

考えてた!

ひとつのことをやりだすと自分の中で区切りがつくまで止まらなくなる
一旦やりだすと止められずにどこまでも時間を費やしてしまう傾向がある


これはアスペルガー症候群の特徴のひとつですが、息子にももちろん当てはまる。
保育園の給食は1時間かかって食べる(完食することにこだわっているが、好き嫌いが激しいのでなかなか食べられない)、だいすきなお絵かきは2~3時間描き続ける(お絵かきの時間はとっくに終わっても息子だけ描き続けているらしい)。今の保育園では息子が自分から「終わり」と言うまで放っておいてくれるから問題にはなっていない。しかし、小学校に入ったらそうもいかなくなるだろう。これが何かのトラブルの原因になるんじゃないかとヒヤヒヤの私。

そして先日、保育園で困ったことが・・・。だいすきなお絵かきの時間なのに息子が絵を描かなかった。絵のテーマは「運動会で楽しかったこと」。息子は玉入れも、かけっこも、とび箱(飛べてないけど)もそれなりに楽しかったが、「どれを描いたら上手く書けるか」考え出したら止まらなくなったらしく、30分以上も考えて、とうとうお絵かきの時間が終わってしまった

息子らしくて可愛くて、おかしい。でも、とっても不安。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-09-17 23:59 | 未来のエジソン君
2009年 09月 12日

いよいよ療育?!

先日、3度目の療育センターに出かけました。
1度目はこちら参照
2度目はこちら参照

息子が他の子と視線を合わせることを嫌がるなど、日頃気になることを話していると・・・
「やっぱり今のうちに訓練しておくほうがいい」先生。何と!いよいよ療育スタートということでしょうか?!

とりあえず、心理士によって息子の状態を観察してもらうことになった。発達テストも受ける。その後、再度先生(精神科医)に診察してもらい、その後グループでの療育に入る。今後は2週間に1度のペースで療育センターに通わなければならない。でも、今のまま漠然と不安を抱えたまま小学校に入学するよりはずっといいと思う。
「お友達(特に初対面の子)と目を合わすのが嫌」ということについては、治らないかも知れないそうだ(泣)。でも、療育センターを通じて学校側に何らかの働きかけをしてもらえる。それは大いに助かる。

ところで、その日、先生は「こういう広汎性発達障害のお子さんはね・・・」という言葉を何度も使った。今までグレーゾーンかも?と思っていたけれど・・・やっぱり広汎性発達障害ストライクゾーンだったのかな(汗)。息子の場合は知的障害は伴わないので高機能広汎性発達障害、つまりやっぱりアスペルガー症候群だったのね、息子。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-09-12 01:00 | 未来のエジソン君
2009年 08月 24日

視線

息子と一対一でいると気づかないのですが…よそのお子さんと少し話しただけで、息子との違いをはっきりと感じるのは「視線」です。小さい子供は初対面の私の顔をジーッと見ます。息子にはそれがありません。

息子は公園で知らない子に「いっしょにあそぼ」と声をかけられても無視します。何度声をかけても息子が無視をするのでその子はよそへ行ってしまいます。すると息子はその子の後を追いかけます(ホントはいっしょに遊びたい?)。しかしその子は振り向くことなくどんどん遠くへ行ってしまいます。
スーパーや公園で同じ保育園のお友達に会うこともあります。相手はすぐに気づいて声をかけてくれますが、息子はやっぱり無視します。理由は「恥ずかしい」から。

これまで何が「恥ずかしい」のかよく分からなかったのですが、昨日息子が話してくれました。
「コドモはぼくのカオをジッとみるからキライ」

アスペルガー症候群、高機能自閉症共通の特徴として、表情、身振り、視線などの非言語的なサインでメッセージを読みとったり、逆に相手に自分の気持ち伝えたりすることができにくい特徴があります。これらの特徴のために、相手と距離感がとれず人に近づきすぎたり、あるいは無視したり避けたりしているようにみえることがあります。

息子はいつも私の表情だけを見ています。その場の雰囲気や前後の出来事など一切関係ありません。私が笑っているときは安心します。笑っていないと「ママ怒っている?」と聞きます。次に「ママ困っている?」と聞きます。そのどちらでもないと答えると「でもママ笑ってないよ」と言います。「楽しい時だっていつもいつも顔が笑っているわけではないでしょう」と答えると「じゃあママ今怒ってる?」「怒ってない」「でも顔が怒ってるよ」「怒ってない」…いつもこの繰り返しです。たとえ私が「怒っている」と答えても、それは単なる確認なのです。「何か悪いことをしてママを怒らせちゃったんだな」などという風には決して思い至らないのです(笑)。

アスペルガー症候群は、知能が正常範囲にあり、文法的には正確な言葉を話す事が出来る。しかし、微妙な皮肉、冗談、本音と建て前の違いなどを理解できない(その場の空気が読めない)。相手の気持ちを想像することが難しいため、思ったことをそのままストレートに口にして相手の気分を害してしまうことが多い。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-08-24 00:05 | 未来のエジソン君
2009年 08月 20日

やっぱり変

息子の多動奇声ハイテンション…5歳を目前にして目立ってきたようです。そろそろ他の子はTPOをわきまえてくる年頃なのに、息子だけがいつも場違いなハイテンション走り回るからです。

今朝、マンションの管理人さんに言われた一言。
「息子さん活発だから、マンションの高層階から落ちないように気をつけて下さいね」

子供囲碁教室に見学に行った時、先生に言われた一言。
かなり変わった子だね。この子保育園で友達いる?」
…すっするどい、先生。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-08-20 22:07 | 未来のエジソン君
2009年 08月 19日

寝ない 食べない 動き回る

自閉症や発達障害の人って自分の身の回りの世話ができないと言いますが、息子も全くその通り。
着替えや食事ができません。保育園ではかろうじて自分で食べていますが、家では全然食べません。

もともと味覚と臭覚が過敏で食べることが苦痛な様子の息子。家で食べられるものは限られていますが(米・パン・大豆製品・魚・果物・トマト)、それも無理やり口に押し込んで食べさせます。8ヶ月ぶりに遠出(三重の実家に帰省した)ことが祟ってか、この2週間ほどはいつもにも増して食べません。

その上、寝ません。夜12時くらいまで部屋の中を走り回っていることもしばしば。多動でもある息子は、エネルギー全てを使って奇声を発し、動き回ります。見ていて痛々しいです。誰か止めてあげてって思います。

スーパーでも奇声をあげて走り回り、床にダイブします。よそのおば様のカートの前に滑り込むので、スーパーの中は騒然とします。もう慣れっこの私は涼しい顔で買い物を済ませてしまいます。いざレジで支払いをしていると息子がドドドッと走って来てレジ台の上によじ登ります。無駄と知りながら「こら降りなさいっ!」と叱ってみます。毎度叱っていますが、レジ台を見ると条件反射のようによじ登ります。

5歳にもなってくるとこれらの行動は目立ちます。私も力で押さえ込むこともできなくなってきました。三重県に帰省している間はいつもと違う環境に戸惑うらしく、より食べず、より動き回りました。さらに三重から大阪に日帰りで出かけた時は頭の中がすっかり混乱していたらしく、百貨店の中をさんざん奇声をあげて走り回った挙句に「アスパラガスのにおいがする」と言って床に倒れました(汗)。環境が変わると臭覚もより敏感になるようです…。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-08-19 00:59 | 未来のエジソン君
2009年 08月 05日

世界

息子の保育園、やや教育熱心です。一日のうちほんの10分~20分程度ですが、国旗の名前カード百人一首のカードを見せて子供達に丸暗記させる時間があります。先生から強要はしませんし、ただ見せて、答えを教えて終わり。それでも何度か同じカードを見せると子供達は不思議と覚えるものらしいのです。
ある日息子が国旗の名前をバンバン当てるのに驚かされたり、突然「みかきもり衛士のたく火の夜はもえ昼はきえつつ物をこそ思へ~」などと言い出したり…。

もともと順序だったもの、規則的なものが大好きなアスペルガー。一覧表になってたり、連番がふってあったりすると息子は執拗に見続け、覚えます(笑)。国旗の一覧表を見せると飽きもせず眺めているし、百人一首も100番まで番号がふってあるからどの歌が何番ってことを覚えたがります(汗)。
ネットで息子のために検索した国旗一覧と色一覧。嬉しそうに眺めています。
国旗一覧
http://vialactea.fc2web.com/wiki/ref/monde/flag1/img_flags.html
色一覧
http://www.hm.h555.net/~irom/g_about/color_02b.htm

で、それが発展して、今息子の頭の中は「数字と、いろんな色と、色んな国のこと」でいっぱいなんだそうです。喜ぶべきか、心配すべきか…とりあえず放っておく母でした。
e0027594_1472434.jpg

息子にせがまれて買ったマグネット(↑)。「僕オーストラリアに行ってみたい」だそうです・・・(汗)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-08-05 14:03 | 未来のエジソン君