2012年 12月 29日 ( 1 )


2012年 12月 29日

ホテル暮らしは罪か

2012年12月28日~2013年1月5日の8泊9日、今回のホテルは外灘の近くのBaron Business Bund Hotel。バスタブ付のダブルルームに親子3人強引に泊まって、サービス税込みトータル31,938円。

毎回上海に帰省するにあたって、夫の両親はもちろん「実家に泊まれ!」と言いますが…しかし、ベッドも布団もないのです。雪降ってますけど。で、夫の両親には顰蹙を買いつつも今回もホテル住まい。

そもそも中国に何の免疫もない息子にとって、中国滞在は相当なストレス。息子にとってホテルはシェルター的な役割を果たしていると思うのです。昼間はディープな中国を味わって、夜はホテルで日本的生活(ま、そんな高級なホテルでもないけどね)。
…でも、ホテルに帰ることでホッとしてるのは息子だけじゃありません。私ももちろんですけど…何より夫がホッとしています。来日8年。日本語はまだまだ(汗)ですが、日本の気の利いた行き届いた心地よさが当たり前になっているにとっても、やはり中国滞在はストレスなのです。日に日にストレスを増す夫。お気の毒。

でもさ~、夫の両親には「妻が我儘だから、妻の我儘でホテルに泊まる」とか言っといて、その実ホテルライフを楽しんでいる夫に、私ちょっとムカッとします。

さらに!「ホテルに泊まるなんて、冷たい」「私たちの家が狭いからってホテルに泊まるなんて…」と散々私を非難してくる夫の両親までもが…なんとホテルのお風呂を使いに来るのです!夫の両親の家にもシャワーはあるんですけどね、「お湯の出が悪い」のか「バスルームが寒い」のか「排水が悪い」のか…とにかく使っている形跡がない。ホテルの風呂は便利だからと、滞在中に何度か風呂に入りに来てました。

国際結婚も早9年、ま、今更何とも思いませんが。バスルーム水浸しにして帰るのはやめて欲しいなあ…(泣)。
e0027594_10555694.jpg

←奥にある「ソファー」分かります?これに家族3人寝ろって言うんですけどね…。

[PR]

by xiaozhuzhu | 2012-12-29 00:00 | 2013年上海へ里帰り