只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

2011年 04月 10日 ( 1 )


2011年 04月 10日

1年生

仕事がとても忙しくてなかなか更新できませんでしたが、
3月26日には保育園の卒園式、4月8日には小学校の入学式。
とうとう1年生になりました。

10日ほど保育園を休んで、卒園式の前日に三重から戻ったばかりの息子。久々のお友達に会うととても嬉しそうで、やっぱり息子の居場所はここなんだと思いました。息子ももう三重には戻らないと言いました。
そして卒園式では思い出がたくさん蘇えって、時々涙がこぼれました。大声をあげて大泣きするお母さんもいました。でも、その気持ち分かります。素敵な保育園と先生とお友達。お別れするのはとても寂しいです。

4月8日の入学式では、通りすがりの人に何度か「入学式?」と声をかけられました。地震や停電で暗い気持ちの毎日だったので、そういうやさしさが心に沁みました。地元の小学校に通うことを、地元の人たちが温かく迎え入れてくれているのだと思いました。
都会ですが、駅前で商店が多いため、住んでる人は意外と少ない地元S町。新一年生はたった78人3クラス。少人数で大人の目の行き届いた学校です。
しかし、教育熱心だった校長先生は4月から入れ替わってしまい、保育園と校長先生とで事前に話し合われた息子への対応は…どうも引き継がれなかったようです。発達障害である息子に配慮して、同じ保育園の子と同じクラスにして貰うはずが・・・同じ保育園の3人はそれぞれバラバラのクラスに(汗)。担任の先生は3クラスの中では一番ベテランそうな先生ですが・・・果たして発達障害である事を担任の先生にきちんと引き継がれているのでしょうか??まさか校長先生が入れ替わったから何も引き継がれてないなんて事ないでしょうね・・・。

さて、息子は知らない子供達に囲まれてカチコチに緊張していましたが、パニックにはならずに何とかやってました。下校時には別のクラスになってしまった保育園のお友達を必死に探していました(笑)。息子に「友情」という感情がきちんと育っている事に安心しました。新しいお友達と仲良くなって、小学校が楽しい場所になれば、きっと上手く馴染んでくれると思います。頑張れ息子。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2011-04-10 09:31 | 2011年(6~7歳)の日記