只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ

2007年 06月 16日 ( 1 )


2007年 06月 16日

絶対隠私

中国の「絶対隠私(隠私はプライバシーという意味)」というドラマを見た。(こちらで無料視聴できます。中国語のみですが。)
現代中国人の恋愛・結婚・性に焦点を当てベストセラーとなった安頓(アン・ドン)のルポルタージュ小説「絶対隠私」を映像化したオムニバスのテレビドラマシリーズ。その中の一話に私の愛する(?)陳坤(チェン・クン)が出演しているので・・・。

陳坤(チェン・クン)出演の回のストーリはこんな感じ。
幼い頃の家庭不和がトラウマとなり、多くの女性と関係を持ちながらも最愛の女性には手を触れることができない青年と、彼を愛したがゆえに精神を病んでいく少女の物語。

もうひとつトップ女優の周迅(ジョウ・シュン)出演の回も見た。
子供の頃から自分を価値のない人間だと思っていた女性が恋に落ち身ごもるが、恋人は生まれてくる子供を売るために彼女を利用しただけだった…という話。

両方とも、特に生んだ子供を恋人に売り飛ばされてしまう周迅(ジョウ・シュン)主演の回は見た後かなり暗い気分になった。その男に復讐しようと殺害用の包丁を選ぶ周迅(ジョウ・シュン)の顔が忘れられない・・・。

ところでこの暗い気持ち、どこかで体験したことがあるなあ・・・と、よく考えてみたら、昨年一年間ほど刑務所で通訳・翻訳に従事していた時、毎日のように感じていた気持ちだったのでした。仕事の中心は受刑者と家族との間でやりとりされる手紙の翻訳だったけど、他人のプライバシーに立ち入ってしまい、そのつらい苦しい体験をいつの間にか一緒に背負い込んでしまうような感覚にいつも陥っていました。そしてそれが当たり前になっていた。
刑務所の仕事を離れて3ヶ月・・・改めてすごい体験していたのかも・・・と思ったりして。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-06-16 20:21 | 国際結婚2007年の日記