2007年 05月 19日 ( 1 )


2007年 05月 19日

フードコートに目覚める

いつものように溝の口駅前のデパートへ息子を連れて行き、いつものように屋上広場で遊ばせる。眠そうな息子を抱いて売り場をブラブラしながら洋服なんか見ているうちに息子は眠ってしまった。いつもならここで帰る私と夫だが、今日はちょっと小腹が空いていたので地下のフードコートへ。
・・・と夫、なんだか日本のフードコート初体験の様子。もの珍しそうにキョロキョロ。
ここで断っておくと、夫は上海にいた時から出かけるのが大嫌いな男。「出かけると疲れる。家で寝ていたほうがマシ。」が口癖の夫。上海の遊び&買い物スポットは断然私の方が詳しかったし、上海のラッフルズ・スクエア最上階のフードコート(他のフードコートより小ぎれいで私はお気に入りだったのだが)へもいつも夫を無理やり引っ張って連れて行っていた。その上、食券の買い方とか私の方が詳しかったりしたもんだ。全くどっちが現地の人だかって感じ・・・。
ともかく土曜日、日曜日は5時間くらい昼寝して過ごす男(もちろん夜も普通に寝ます)。来日してからもその生活スタイルは変化なし。最近おチビが夫に昼寝を全然させてくれなくなって、仕方なく起きてる状態。
・・・なもので、元気すぎるおチビのお供であちこち(近所ですが)でかけるようになって、ようやく夫も普通のレジャー(?)を体験することとなったというワケ。
3時ごろだったのに、フードコートは人でいっぱい。なんとか席を確保して、二人の膝をベッドがわりに息子を横たえ、石焼ビビンバを二人で半分ずつ食べる(あくまで3時のおやつです)。石焼ビビンバを食べるのは生まれて3回目の夫。しかし今回が一番おいしかったのだとか。で、デザートにはクリーム白玉ぜんざい。白玉ぜんざいは食べたことがあるのだがクリーム白玉ぜんざいは初めてだった夫(似たようなもんだと思うのだが)、意外にもこれまた大満足。フードコートだから値段も安い。夫はそれも(いや、そこが)気に入ったらしい。
「今度からお昼はここにしよう!」と夫。単純な男。
「3時でも席の確保に苦労するくらいなんだから、お昼時は席を取るために並ばなきゃ。それにあんまり込んでると子連れだと厳しいよ。うちのチビは隣りの人のお皿とかまでひっくり返しちゃうから。」と私。
「じゃあ、今度から俺達は3時に昼ごはんにしよう!」と、バカ夫。
はいはい、名案ですね。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-05-19 23:59 | 国際結婚2007年の日記