只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 29日

やってくれますとも!その①

私の父が亡くなった為、三重の実家に1週間ほど帰省していたのですが・・・未来のエジソン君にとってはそれはそれはストレスフルな1週間だったようです(笑)。

父の容態が急変した知らせを受け、急いで荷物を纏めている間に父はあっけなく亡くなってしまいました。まだ実感の沸かなかった弟と私ですが、息子を連れて3人で同じ電車に乗って帰りました。実家の最寄り駅に到着したのは夜10時ごろだったと思います。私の弟、つまり息子にとっての叔父さんのことが大好きなので大はしゃぎだった息子・・・ところが駅に到着した途端「帰る!帰る!」と言い出しました(笑)。迎えに来ていたのが私の母(息子にとってのおばあちゃん)ではなくて、母の姉だったこともありなにやら異様な雰囲気をすぐさま嗅ぎ付けたようです。そういう勘はものすごく働きます。野生の狼みたいだって思います(野生の狼をよく知らないですけど)。
車の中で「降ろせ!降ろせ!」と騒いでいた息子、車を降りた途端に実家とは逆方向の夜の暗闇の中に走っていってしまいました。私の実家に何か異変が起こっていると察知して家に入ろうとしないのです。寒さと恐怖でブルブル震える息子。そして30分ほど宥めてようやく家に足を踏み入れた途端、鼻を押さえてまた家を飛び出した息子(汗)。あ、忘れていましたが息子は臭覚に異常に敏感で線香のにおいは大の苦手だったのでした。なんとか息子を引きずり入れて、線香のにおいのしない2階の部屋へと連れて行きました。その日はその部屋から一歩も出なかった息子。ワーワー泣いて、泣きつかれて私に抱っこされたまま眠ってしまいました。父の遺体に対面し、集まってくれていた親戚にあいさつができたのはその後でした。あ~私何しに帰ってきたんだろう・・・って思いました(泣)。こうして私は役に立たない長女として実に肩身の狭い1週間を送ることになりました(泣)。

翌朝は朝起きるなり、またまた玄関から逃走。「においがある」と言って家に入りたがらず、朝ごはんも食べません。仕方がないので家の外にパンを持っていってパンを食べさせていると近所の人が集まってきました・・・(汗)。もうどうにでもなれ~という心境の私。

近所の人に囲まれながらパンを食べていると、以前に帰省したときに遊んでくれた子がやって来ました。前回はその子に慣れるのに3日もかかった息子・・・それなのにその日はどうしたことかあっさりとその子に付いて行き、挙句にその子の家に上がりこんでしまいました。息子にしてみれば「線香くさいし、知らないジジババの集まっている家よりも、ちょっと苦手だけどこの子の家に上がりこんだ方がマシ」と思ったらしいです。近所の家に上がりこんだまま出てこないので心配でしたが、子供同士それなりに楽しそうでした。そして事情を察してくださったこのご近所さんに昼食までご馳走になった息子・・・(汗)。

午後はいよいよお寺にて通夜の儀式・・・もちろん息子は会場に一歩も入らず。私とて通夜に参加しないわけにもいかず、伯母が代わりに息子の面倒を見てくれました。お寺の境内でどんぐりを拾って遊んでいた息子。もちろんご飯は外で食べました。もーいい加減建物に入って~!!!

・・・こんな調子で線香をひたすら避けて1週間過ごした息子。ここまで来るとアッパレです!!!色々事件も起こしてくれました。本当にやってくれます。

続きはまた今度!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-10-29 00:23 | 未来のエジソン君


<< 忘れてましたが      父の他界 >>