2008年 08月 20日

弱ってて・・・

皆さんに励ましコメントメールをたくさんいただきまして、とっても感謝しています。本当にありがとうございます。読んではうるうるしています。
・・・が、息子の保育園問題等々諸問題が解決しておらず私の精神状態も相当参っていまして、個別にお返事差し上げるのはもう少し待っていてくださいね。すみません。

息子に新しい保育園を見つけてきました。引っ越す前に通っていた保育園ととても似ている保育園です。私立なので保育料は高いです。公立の2倍。でも100%安心して任せられそうです。

公立は教室も園庭も広くて設備面ではとっても恵まれているのです。建物だけなら断然公立に軍配が上がります。なのになぜか雰囲気が暗い。子供たちは元気だけど、先生達が暗い。それがとっても気になっていました。
息子は登園初日はずっと園長室で過ごしていたと聞いています。2日目からは園長室と教室とを行ったり来たり。大勢の見知らぬ子供が遊ぶ教室は息子にとって居心地が悪く、園長室なら園長先生とふたり自分のペースで遊べるので楽しいのでしょう。
しかし、後から分かったのですが、教室に居ない時間の全てを園長室で過ごしている訳ではなかったのです。
息子は保育園では門のところに立っているか、門の前の階段に座っている時間がほとんどだったのです。教室に入ろうとしない息子を担任の先生はいつもそのまま放置していたらしく、時々園長先生が見るに見かねて相手をしていただけだったのです。でも園長先生が忙しかったり不在の時は誰も気にかけてくれていなかったのです。日によっては園庭で遊ぶ他の子供たちを見ているうちに息子もフラフラとその中に入って来ることもあったようですが、今週の月曜日、お盆明けて久々に登園した息子は何と3時間門の前に座りっぱなしだったらしいです。「3時間は最長記録でした」と悪びれずに報告してくれた担任の先生の神経を疑いました。そしてその日以来息子をこの保育園には連れて行っていません。そもそも直感でこの保育園を嫌いと感じてしまっていた上に、3時間も外に放置されたと聞いて、公立にはもう何の未練もありません。
息子は敏感な子ですから、私がこの保育園を嫌いということも知っていたに違いありません。私が嫌いな場所を息子が好きになるはずもないのです。無理に行かせようとするなんて可愛そうなことをしたのです。

でも夫は納得してくれません。私が公立の先生に息子の扱い方をしっかりレクチャーすれば済む事だと私を責めました。新しく見つけてきた保育園も気に入らないと怒りました。「どうせまた気に入らないと言ってすぐにやめてしまんだろう!」とも言いました。夫にそうやっていちいち反対されるのが一番堪えます。
何度説明しても分かってくれないので「賛成してくれないと死ぬ!」と言ってみましたが、「そうやって感情的になるから話にならない」とまた怒られました。「本当に死にたい~」と言うと息子が「じゃあ、7階行って飛び降りてごらん」と(笑)。息子に悪意はないのです。「死にたい」という私に的確なアドバイスをしてくれただけ。こういうところが全くもってアスペルガーです。しかし、「公立に行かせない」と私が決意した日から、息子は明らかに落ち着き始めました。やっぱり私の心にとっても敏感な子なのです。私が次の保育園を好きになれば、息子も通ってくれるでしょう。だから夫、反対しないで~!
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-08-20 23:59 | 2008年(3~4歳)の日記


<< 保育園を選ぶ3歳児      すれ違い② >>