2008年 05月 05日

まだまだっ!

昨日夫が上海から帰国しました。チビと二人っきりで過ごした9日間、ちょうど翻訳の仕事も入って体力的にはかなり厳しかったけど、夫がいないとラクな部分も大きかった。特に息子はいつも夫にペースを乱されて癇癪を起こしているので、「天敵がいなくてとても楽しい」そんな感じの9日間だった。逆に夫は寂しかったみたい(笑)。帰ってきてから「寂しかったの?」と私達に何回も聞いた。ないない、全然。

さて、夫が帰ってきたので今日またマンション探しをした。マンションの価格はここ数ヶ月でどんどん下がってきている・・・と思う。新築・中古問わず。格差社会とか、サブプライムローンとかもあるのだろうけど、「誰もが郊外に新築マイホームを買う時代が終わった」ってことも関係しているのかも。供給と需要のバランスが悪くなって、マンションが余っているような?!そんな感じを受けている私と夫。だから焦らずゆっくり高望み&選り好みをして探そうと思っている。

一方売り手側は焦っている。仲介業者にとって、私達は購入の意思は固く、ローンが組めそうな客としてなかなか期待されている。おそらくそれほど買う気のない、ローンも組めないようなひやかしの客があまりに多いんだろうな・・・(笑)。でも、来日たった4年で、永住権もない外国人の夫がローンOKというのが意外だった(銀行によってはダメらしいけど)。そして普通の日本人でもローンの組めない人が沢山いるという事実もショック。大丈夫か?日本。
そして仲介業者は私達にすぐに意思決定を迫る。その焦りぶりが可笑しい。「こんないい物件二度と出ませんよ、早く決めないと後悔しますよ!」いくら中古と言っても、数千万円の買い物だ。それをこんな風に「とっとと決めやがれ」とたたみかけてくる仲介業者って罪深いなあ・・・。ここは私と夫も腹をくくって図太くいかないとね。営業マンをイライラさせるくらいでちょうど良いのだ(笑)。

リフォーム済み中古マンションのキッチン(↓)なかなか綺麗。
e0027594_222186.jpg


それにしても、多動の息子を連れてのマンション見学、本当に疲れます。夫も「チビがいるから毎週末マンション選びっていうのは無理」と断言。ごもっとも。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-05-05 23:59 | 国際結婚2008年の日記


<< IKEAへ      色々と >>