「ほっ」と。キャンペーン
2008年 03月 18日

その② アスペルガー症候群

アスペルガー症候群について

自閉症とはどこが違ってどこが同じか

自閉症とアスペルガー症候群はひとつながりのもので、どこかで厳然と二つに分かれるものではない。強いて区別して言えばアスペルガー症候群は一見して障害があるようには見えない。話もできるし勉強なども人並み以上にできることがあり、自閉症に見えない自閉症と言って良い。

アスペルガー症候群なら誰でもある特徴

アスペルガー症候群にも自閉症にも次の「3つ組の障害」がみられる。

1・対人関係が薄くて社会性の発達がわるい
2・コミュニケーションの障害がある
3・興味・活動が限られ、強いこだわり、反復的な行動がみられる


具体的には下記のような特徴がある

1・対人関係が薄くて社会性の発達がわるいについて
アスペルガー症候群の人の人付き合いの特徴を一言で述べれば、人の中で浮いてしまうことが多いということだ。
正直すぎる
  ・・・・・・接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうことがある。
     例えば太った友人に対して素直に「太っているね」。その言葉が人を傷つけるということには鈍感。
同年齢の子どもと波長があわない
  ・・・・・・幼児期には一人遊びが中心で、同年齢の子どもと対等の相互的な遊びをすることが難しい。
積極的すぎることもある
  ・・・・・・人付き合いの問題は積極的すぎるという形であらわれることがある。
     誰彼かまわず質問を浴びせかけたり、電車など自分の関心のある話題を一方的に話しかけたりする。

2・コミュニケーションの障害があるについて
アスペルガー症候群の人は話すことができないわけでない。おしゃべりなアスペルガー症候群の子どももいる。でも会話のやり取りが長続きしない。
回りくどい、曖昧が苦手
  ・・・・・・話し方がとても回りくどいことがある。
     また曖昧な聞き方をされると意味がつかめない。
     言外の意味を汲み取ることが苦手で曖昧な質問には答えることが難しい。
大人びた難しい言葉
  ・・・・・・大人びた言葉を使うことがある。家族や同級生に対して丁寧語で話したり、
     辞典で覚えた難しい熟語やことわざを不自然なほど頻繁に使うこともある。
一方的でわかりにくい話し方
  ・・・・・・自分の関心があることを、相手の興味におかまいなしに一方的に話す傾向がある。
思考を言葉に出す
  ・・・・・・小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
駄洒落を好む
  ・・・・・・会話の内容よりも「音声」の方に関心があって、やたらと語呂合わせの駄洒落を言う人もいる。
しゃべるほどには理解していない
  ・・・・・・アスペルガー症候群の子どもはよくしゃべるし、難しい言葉も知っている。
     言葉を理解する能力も高いのだろうと思われがちだが、しゃべるほどには理解していない。
言葉以外のコミュニケーションの問題
  ・・・・・・何気ない仕草やジェスチャー、表情、視線の向け方、相手との距離など
     言語以外のコミュニケーションも独特のことが多い。
コミュニケーションというキャッチボール
  ・・・・・・会話は、言葉や仕草、視線などを受け取っては投げるキャッチボール。
     アスペルガー症候群の子どもはこのキャッチボールが苦手。
     周囲から「ふざけている」、「協調性がない」と見られることも。

3・興味・活動が限られ、強いこだわり、反復的な行動がみられる(想像力の障害)について
想像力の障害は「こだわり」や「ふり遊び」の少なさ、融通の利かなさという形で現れる。踏み切りで電車を延々と見続ける、空中に文字や模様を描くことに熱中する、特定のビデオの同じ場所を繰り返し見たりするなども一種の「こだわり」とみなされる。
コレクション
  ・・・・・・アスペルガー症候群の子どもは色んなものを集めたがる。
     集める物はコンビニのレシートといった風変わりなものまでさまざまで、
     ある中学生は、エレベータの製造会社と型番などの情報をコレクションしていた。
パターン的行動
  ・・・・・・興味の対象として「パターン」がある。
     毎朝の通学電車では同じホームの同じ場所から、同じ時間の同じ号車に乗ることに決めていたりする。
ものまね、テレビ・ビデオへの興味
  ・・・・・・ごっこ遊びとは違い、一人でテレビの場面を再現するような遊びかたになる。
     テレビ番組では医学物などのドキュメンタリー番組を好み、
     読み物も図鑑や辞書などが好きなことが多い。
常同運動
  ・・・・・・重度の自閉症では、体を前後にゆする行動、興奮した時にジャンプを繰り返すなどの行動がみられる。
     アスペルガー症候群の場合はそういった行動は目立つことはないが、
     幼児期や人目の無いところでは同様の常同行動がみられることがある。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-03-18 00:20 | 未来のエジソン君


<< 偏食男の一日      アスペルガー >>