只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 17日

アスペルガー

この数ヶ月で私も随分発達障害や自閉症に詳しくなった。今から考えてみれば、息子は生後すぐから軽度の自閉症の兆候があったのだとよく分かる。だけど、自閉症の知識もなければ子育ても初めての私は何も不思議に思わなかった。

ベッドに置けば泣くからずっと抱っこしてやらなければならなかった。そのくせ抱っこすると反り返っていつも床に落ちそうになる。手にしたものは何でも投げる。かと思ったらどんなものでも一列に綺麗に並べる。痛覚がないのかなと思うほどあちこちぶつかって目的物に突進する。公園では砂いじりばかり。お遊戯には興味もなければ参加もしない。言葉が出るのが遅かった。ぬいぐるみのニオイと感触が好きで手放さない。偏食。大して教えていないのに数字や文字はすぐ覚える。数字には特別のこだわりがある。誰彼構わず質問攻め。毎日すると決めていることは必ずしないと気がすまない・・・

今思えばあれもこれも思い当たることばかり。でもまさか自分の子が発達障害かも、自閉症かもしれないなんて母親ならまず思わないだろう。時々「おかしい」と感じながらもそれを打ち消し、「考えすぎ」「心配のしすぎ」と思いながらの3年間。
2歳半になり、CDラジカセの操作を覚え、10枚以上もあるCDの曲番を全て覚え、毎日それを確認しないと気がすまない(曲に興味があるのではなく数字に興味があるので、全曲イントロだけを確認する)、そんな息子を見てようやく異常さを認めざるをえなくなった。

調べれば調べる程、息子はアスペルガー症候群の特徴にピッタリと当てはまる。今は発達障害かどうかはっきりと判断を下されていないグレーゾーンの息子だが、アスペルガー症候群の特徴を知り、その対処法を知ることがきっと今の私を息子を助けてくれると信じている。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-03-17 23:59 | 未来のエジソン君


<< その② アスペルガー症候群      その① 発達障害について >>