只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 30日

参った、参った

息子を連れて療育センターに行くのは2月6日と決まった。専門家の診断は恐らくさらに半年後。それまでは息子が何かの障害を持っているとは考えずに過ごしたいと思っていたけれど、その矢先色々な事件が起こった。
臭覚が特に鋭い息子(まあこれも発達障害や自閉症の子の特徴だったりするからますます心配なのだけど)、今までもニオイが原因でちょっとしたパニックを起こすことがあった。しかし、この1週間ほどはニオイが原因で保育園でも問題を起こしかけた。ある友達のニオイがどうしても気になって、そのお友達が近付くと「あっちへ行け」と言ったり、泣いたり。もちろん、そのお友達が変なニオイがするわけではない。何か不愉快な事件が起きたときにたまたまその子が側にいたから、そのお友達のニオイを嗅ぐとその事件を思い出して泣いたりするのだと思う。家に帰ってからもそのお友達の名前を言うと「ニオイある(ニオイがする)、ニオイある」と言い続けた。
担任の先生にも息子が特に臭覚に敏感だという話をして、しばらく様子を見てもらうことになった。しかしまだ何の結論も出てないうちからこういった問題が起きてしまい、母としてかなり動揺した。

家では家で、何にでもこだわっては癇癪を起こす息子。昨日の夕食は息子の好きなコロッケだった。ソースをかけるのが大好き。私がコロッケにソースをかけてあげた。すると突然癇癪を起こす。理由はソースがフォークにかかったから。これが息子にはどうしても許せないらしい。息子に謝って、フォークを洗うと機嫌を直してくれたものの、今度はコロッケをカットしたそのカットの仕方が気に入らないと言って癇癪を起こす。「大きすぎる~、切って~」と言ったのは息子だったのだが・・・。
息子との毎日はいつもこんな風。何千項目もに及ぶ息子のこだわりと戦う日々。しかもどれも「何でこんなことで・・・?」ってこだわりばかり。
しかし切ってしまったコロッケを元には戻せない。どうしてもできないことはできないと分かって貰わなければ。昨日は私も頑張った。息子が泣いて「コロッケを元に戻せ~」と言えば、私も「それはできない~!嫌なら食べるな~!」と泣いた。30分くらい経った頃、息子はそのコロッケを食べ始めた。私にとっては奇跡の瞬間。通じた!息子に私の言ってることが通じた!30分かかっても、1時間かかっても分かって貰おうとすることって大事なんだな。息子にはどうせ分からないって思い込んでるところがあった私、すごく反省。

今日の夕食、息子は食べる前にこう言った。「ママ、今日は泣くなよ!」
[PR]

by xiaozhuzhu | 2008-01-30 22:54 | 未来のエジソン君


<< おめでたいはずが・・・      騙不了 >>