2007年 10月 19日

一年後

2007年10月19日(金)
昨年の10月16日に川崎病を発病して一年が経過した。あんなに大騒ぎして、もう息子が死んじゃうんじゃないかと泣いた日のことが嘘のようだ。
息子はピンピンしている。どこに行っても「げ・・・元気だね」と苦笑されるほど元気。
それでも原因不明、病気のメカニズムも不明の川崎病、心臓に異変が起きていないか定期的に確認するのは重要なことらしい。

本日は検査のフルコースとなった。
まず、朝9時より心電図検査。昨年は大泣きしてまともに受けられなかった検査。おやつおもちゃで息子をなだめると、渋々ベッドに横になり、大人しく検査を受けてくれた。成長したな~、息子よ!
次はレントゲン。こんな小さな子がX線を浴びるというのがそもそも痛ましい(泣)。昨年は確か赤ちゃん用のレントゲン専用ベッドベルトでぐるぐる巻きにされて大泣きしてたっけ。それが今年は先生の言うとおりにして、大人しく撮影されていた。成長したな~、息子よ!

それから軽く担当医と話をして、午後1時からもうひとつ検査を受ける為に病院の近くのショッピングセンターで息子と遊ぶ。結構子供が遊べる施設がたくさん入っていて息子は大喜び。

午後1時に超音波検査。これも昨年は大泣きで、もう一人の先生と私とで息子を押さえつけて検査した。でも、ギャーギャー泣いてるから正確なデーターが取れないと怒られた。
それが今回は飴玉ひとつ与えたら、言うなりにベッドに横になって検査を受けていた。本当に成長したな~、息子よ!結果は異常なし!息子は一度も泣くことなく検査を終えてメデタシ、メデタシ。

それでも一日中緊張していたせいか、帰りの電車では全身筋肉痛であることに気付く私(緊張しすぎだ~)。息子も疲れたのか、帰宅後果物をモリモリ食べてから爆睡。

今後は一年に一回の検査でいいらしい。・・・って、逆に「まだ検査が要るのっ?!」という気もしなくもないけど、やっぱり川崎病ってそれくらいに危険な病気なんだな・・・。息子が元気に回復してくれたことを感謝しなきゃね。
小学校に入学する時点では「体育の授業普通に受けられます」という証明書を提出しなければいけないらしい(医師が発行してくれるんだって)。もちろん、うちの息子はピンピンしてるから、水泳だってマラソンだってOKなんだけど、学校側は「川崎病」と聞いただけでビビッてしまうのだそうだ。そんで、埼玉県あたりではどんなに医師が大丈夫と太鼓判を押しても、川崎病の子は「要注意」として他の子と違う色の帽子をかぶせられたりするんだそうだ。そんな学校じゃあ、きっとマラソンとかはさせてくれないだろうな・・・。
密かに埼玉には引っ越さないぞと決意した私(笑)。だって、うちの子に「動くな」と言っても無理無理、健康であることに感謝しつつ思いっきり動いてもらわないとね。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-10-19 18:38 | 川崎病になっちゃった!


<< 3歳になりました      逃走 >>