只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 12日

ゲームの分かる男

アルバイトや翻訳の仕事が忙しくてなんだかバタバタしてたここ1ヶ月。息子もそんな私の忙しさを敏感に感じ取って微熱を出しながらもなんとか保育園に通ってくれた。相変わらず手のかかる息子だけど、なんとなく成長を感じる毎日でもある。
便器に足を突っ込んでみたり、溝のフタに空いてる穴に傘を突っ込んで真っ黒にしたり、色々やってくれるから(苦笑)タイヘンだけど、頭に来る事も多いけど、でもなんとなく一人で育児に奮闘してるって感じではなくなってきた。二人でケンカしながら、二人で一緒に泣いたり、笑ったり。そんな感じ。息子がかなり話せるようになって来て、息子の考えてることが分かるようになったら、やっぱり母親と子供って心が繋がってるんだなと分かった。お腹の中にいた頃に感じてたような一心同体みたいな気分がなぜか蘇ってくるこの頃。

さて、この頃はっきりと息子が成長したなと感じた出来事がもうひとつ。それはゲームが出来るようになったこと。
例えば、動物の絵の描いてあるカードを並べ、私が動物の名を読み上げると、息子がそれを取るゲーム。カルタ取りみたいなものかな。息子と夫を競わせても面白い(夫の日本語能力が未熟の為、息子といい勝負!)。なんとなくルールを理解しているようで、自分が何枚取ったか数えて、私に報告してくれたりする。昔だったらすぐにカードをぐちゃぐちゃにしちゃうのに、随分成長したなと思う。
もうひとつは数字カードを順番に並べて、その後息子に目を閉じてもらい、こっそりと何枚かのカードを抜き取る。息子に目を開けてもらい、どのカードがなくなったか当ててもらうゲーム。息子は面白がって何度でもやりたがる。

・・・と、だんだん息子が恋しくなってきた。今日は色々あって仕事が休みなのに保育園に息子を預けたのだけど、怒ってるかな~。さっさと家事を済ませて、お迎えに行くことにしよう。ではでは。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-09-12 14:17 | 2007年(2~3歳)の日記


<< 個人面談      今日も暑かった >>