2007年 07月 16日

伊豆旅行

夫の会社の社員旅行に行ってきました!
夫の会社は日本人と中国人数人が出資して作った、中国人IT技術者を日本企業に派遣する会社。普段はほとんどの人が別々の場所で仕事をしていて、顔を合わせる機会は少ないのです。そこで時々親睦会があったり、会社でサッカーチームを作ったりして社員同士の交流がはかられているのですが、夫は今までほとんど参加したことがなく、今回の伊豆温泉旅行が初参加となりました。家族連れOKだったのでずうずうしく参加したのですが、他の人は両親を連れてきたり、付き合って数ヶ月の彼女を連れてきたり・・・バラエティに富む団体でした(笑)。

あいにくの台風でメインの海水浴はできなかったのですが、それでも土砂降りの中砂浜でビーチバレーなどやって遊んでいたらしいです。私と夫は宿に着くなり昼寝しちゃったので知らなかったけど・・・(息子はそんな私達の上に乗っかったり、色々いたずらをして遊んでた)。
その後、交互に息子を見ながら、温泉に入る。他の中国人は雨の中海に行ったか、昼寝しているかで、温泉は貸切状態。本当は家族露天風呂もあったのだけど、そちらは台風の為使用できず(笑)。でも見に行ったら脱衣場に蜂の巣があって危険だったので、晴れてても利用しなかったかも。

夜は大宴会・・・と言っても格安プラン(費用は全て会社持ちだから)らしくどうも料理が・・・(笑)。しかも中国人の中には刺身も焼き魚も苦手な人が多いので、みんなほとんど何も食べずにお酒ばかり飲んでいたと思う(笑)。そしてヤケになって(?)カラオケを熱唱していた・・・。
今回旅行に参加して分かったのは、社員の95%が朝鮮族であるということ。中国に暮らす韓国・朝鮮の血を引く民族なのです。だからバスの中でもハングル語。カラオケもハングル語。民族的結束がすごく強いらしく、配偶者も彼女もやっぱり朝鮮族・・・。だから漢族系の私達(って、私は日本人だけど)はかなり微妙な立場。息子は宴会場を走り回って大暴れしてるし、私達はさっさと宴会場を去り、部屋に引き上げたのでした。そしてまた貸切状態で温泉に入り、米(最後に出てくるごはんと味噌汁ね)を食べてなかったのでお腹が空いて、温泉饅頭(これしか売店に売ってなかった)片手に缶ビールを飲んで寝た。
翌日は台風がさらに接近。海に近付くのも危険となり、朝ごはんが済むとさっさとバスに乗って帰路についたのでした・・・。

海で遊べなかったのは残念だけど、でもささやかな旅行ができてそれなりに楽しかったような・・・。息子と同い年の男の子がいて、その子は息子のことがとても好きになってくれました。息子にキスしようとして息子に抱きつくのですが、息子は「いや~」と言って逃げてました(笑)。
息子は日本語しか分からず、その男の子はハングル語しか話せない(北京語は少し聞き取れるらしい)けど、子供同士はテレパシーで通じ合って仲良く遊んでました。晴れてて海で二人で遊べたらもっと良かったのにな~。来年はそうできるかな???
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-07-16 07:25 | 国際結婚2007年の日記


<< 育児を考える日      抱き癖かな >>