2007年 06月 20日

知恵太らせ中

思えば言葉をポツリポツリ言い始めた2歳すぎから(それまではホントに簡単な単語しか言わなかった)、突然替え歌とか歌いだす変わった子だった。親としてはそんなことに知恵は使わんでいいからもっとボキャブラリーを増やしなさいとか思ったものだった。
息子が2歳4ヶ月の時、保育園の担任の先生が病気で入院した。
「先生はお腹が痛いんだよ。」
と説明すると、
「先生はオナラが痛い。」
と言ってゲラゲラ笑っていた息子。普通2歳4ヶ月でそんなこと言わないと思う。性質悪すぎ。

今日はお仕事がお休みで、丸一日息子と遊んだのだけど、寝かしつける時の会話はこんな感じ。
ママ「今日何が一番楽しかった?」
息子「コロッケ」
ママ「コロッケ今日食べてないけど・・・」
息子「コロッケ!」←ゲラゲラ笑う
ママ「今日コロッケ食べてないでしょ、どこで食べたの?」
息子「保育園」
ママ「今日保育園行ってないでしょ」
息子「え?行ったよ~!」←真顔で言って、その後ニヤニヤしている
・・・とまあ、こんな感じ。どこでこういう会話の仕方覚えてくるんでしょうか。どうしてこういうところだけ知恵がつくんでしょうか。やれやれです。
e0027594_23131793.jpg

今日の替え歌
「ひよこがね~♪お庭でぴょこぴょこかくれんぼ~♪」の歌の最後の部分、
   正→『だんだん誰が見つかった~♪』
息子作→『だんだん誰がぶつかった~♪』
あ~性質悪すぎ・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-06-20 23:19 | 2007年(2~3歳)の日記


<< バラバラにされる~      絶対隠私 >>