只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 11日

負けか?

e0027594_10505741.jpg
新しい仕事がはじまってようやく一ヶ月。オンラインマーケティングという今まで携わったことのない仕事内容で、はじめて覚えることが多くて毎日いっぱいいっぱいなんだけど、でも5時間15分という勤務時間のためか、不思議と疲れたりはしない。
5時間15分×週4日の勤務だから、週21時間。以前は7時間×週3日だったから同じ週21時間。でも以前は一日が終るとものすごく疲れが溜まっていたのに・・・。
朝息子とテレビを見て一緒にダンス(←バカみたいだけど楽しい)とかしてから、ゆっくり息子を保育園に送っていけるし、帰りは買い物や夕食の簡単な準備をして、洗濯物を取り込んでからお迎えにいける。以前は朝は朝ごはんを無理無理息子の口に押し込んで、保育園へダッシュ。帰りも職場から保育園にダッシュで直行。その後息子を連れて買い物→息子愚図る→息子と荷物を引きずるように帰宅→息子大暴れ→夫が帰るまで食事の用意もできず、洗濯物もベランダに干したまま・・・と、なんだか毎日が戦いだった。

しかし私に余裕が出来た分、息子は余計に私を独占したがる。保育園から家まで帰宅するのにいつも一時間半かかるし(本当は徒歩10分の距離)、相変わらずいつもべったりくっついてないと怒るし・・・まあ、それで息子が満たされるのならそれでいいかと思うのだけど・・・問題は
私に余裕が出来た分・・・いやその倍くらいに家事も育児も手伝ってくれなくなった。だから私に時間的余裕が出来た分、息子と夫のお世話がど~んと増量して私の肩に乗っかってきたのだ。あ~重い。

今の仕事は以前より責任がない分、ラクだ。でもその分、キャリアとして評価されないという欠点があると思う(将来また転職するならの話だけど)。私だって本当はもっと責任ある仕事がしたい訳だし。でも育児との両立を考えて今の仕事を選んだ。ある意味敗北だと思っている。「子持ち主婦が無理して社会進出して周囲に迷惑かけるんじゃない!」っていう風潮に負けたと思う。でもやりたい仕事を無理して続けてその風潮と戦ったとしても、その結果息子がいつも熱ばかり出しているんじゃ可哀想。被害者が息子なんだな~と思ったら、負けでも何でもいいやって思った。

こうして仕事内容に妥協し、勉強もあきらめた。息子の為ならいいと思った。確かに息子と接する時間も増えて、息子は嬉しそう。でもその結果家事がどーんと増え、夫の帰宅時間がどんどん遅くなったのも事実。

拭いきれない敗北感・・・。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2007-04-11 10:56 | 国際結婚2007年の日記


<< 優越感      心のクッション >>