只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 27日

よいお年を

夫の実家でお家騒動が持ち上がり、全財産及び将来の息子の学費を全て夫の実家に送金するなどと言う夫を一生懸命なだめているうちにとうとう年末になってしまった。夫はずっと頭に血が上りっぱなし。考え込んで、仕事場から家に戻る電車を乗り間違えたり(←バカ!!)、本当にどうにかなってしまったようだった。夫は色々な救済方法を考えたけど、結局夫の両親も夫の兄夫婦も納得しなかった。恐らく夫が夫の両親に新しい家を買ってあげるくらいのことをしなければどちらも満足しないだろう。でも新しい家をポーンと買ってあげるほど私達は金持ちではない(むしろ貧乏)し、そんな無茶なことを要求してくる夫の家族達だってどうかしているのだ。私達がとても大きな犠牲を払ったとしても、夫の両親は当然のことと思うだけだろう。そして将来、息子にお金が必要になった時、十分なことをしてあげられるお金がなかったとしたら私達はどんなにつらいだろう。
ともかく夫を説得する毎日。夫と話し合ってる(怒鳴りあってる?)間、息子は私にしがみ付いて泣いていた。そしてまた熱を出した。
夫にとってショックだったことは・・・
①私が夫の意見に100%賛成しなかったこと(当たり前だ!)
②自分がどんなに親孝行しようとしても、自分のできることには限界があること(これも当たり前だ!)
③自分の精一杯の親孝行を親はそれほど有難がってくれないこと(人間の欲は無限だ)

自分の家が欲しい夫婦は二組(夫の両親と、夫の兄夫婦)、家はひとつ(夫の両親の家のみ)。夫の賃貸に出している家を死ぬまでタダで貸してあげると言っても、双方とも要らないと言う。貸りるのではなく、欲しいのだ。と言うか、夫の家も中古だし、大した事ないので、できれば別の新しい家が欲しいのだ。で、夫も目が覚めた。夫には新しい家をプレゼントする財力もないし、たとえボロくても自分が苦労して買った家を、親にも、兄にもタダで譲ることはやっぱりできないのだ。こうして夫は自分が一家の危機を救うという夢から覚めた。で、夫の両親と兄夫婦もなぜかあと半年同居を続けてみるという変な結論に落ち着いた(笑)。私達がお金を出さないと分かって、諦めたってことかな。
e0027594_125129.jpg

ようやく平和な生活が戻った。私には勉強より息子が大切だし、夫には親孝行よりも親子3人の生活を支えるほうが大切と分かってよかった。何となく年末っぽい心境(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-12-27 12:25 | 2006年上海の実家のお家騒動


<< 変わる男達      クリスマス会 >>