2006年 11月 22日

先生も泣く

息子の病気で忘れがちだったけど、息子は超ワンパク児だった。保育園の連絡帳には「言うことを聞きません」「昼寝の時間寝ません」「公園で待ってと言ってもすぐに遠くに走り去ってしまいます」等々、先生の嘆きの言葉が並ぶ。
最近は特にクラスで一番体の大きなガキ大将みたいな子の子分になって、二人で悪さをするらしい。一人のときは怒られるとそこそこ反省するらしいのだが、ガキ大将が一緒だと怒られてもヘラヘラ笑っているだけなのだとか。
2歳児といえば、まだ友情が芽生える歳ではないはずなのだが、息子は少なくとも相手が違うと接し方も変えているようなので、多少他人を意識しはじめているのだと思う。その点は評価しよう。
例えば昼寝の時間、みんな先生の言うことを聞いてふとんに横になってる時、「他人と違うことをするのが超楽しい」うちの息子ガキ大将はふとんの間をギャーギャー走り回って、寝ているみんなの邪魔をし、先生が怒ってもニヤニヤ笑って止めない。
まあ、元気にのびのび育ってくれてることには喜びを感じるんだけど・・・。先生もあんまり個性を押さえつけるやり方はしたくないと言ってくださり、それには私も同感なのだけれど・・・ああ、先が思いやられるなあ・・・。
「三つ子の魂百まで」と言うし、 このいたずらっ子魂はきっと死ぬまで直らないんだろうなと覚悟するこの頃。小学校でも、中学校でもきっと悪ふざけをして先生に怒られるタイプだな。クラスに一人か二人はそんな子いたもんな~。
そういえば息子が入院中も色々やってくれた。一番すごかったのが、病室の備え付けの洗面所でコップに水を入れて、病室の床に水撒きしたことだ。しかも何度も。この話をよそのヒトにするとすごくウケるんだけど、息子の後を追い回しながら床を拭いてた私にしてみれば笑えない。夕方お迎えに行くと先生がぐったりしてるのも、きっとうちの息子のせいだろうな・・・。
e0027594_13411796.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-11-22 13:42 | 2006年(1~2歳)の日記


<< 夫一家の危機      思いがけず >>