2006年 11月 20日

思いがけず

9月に受けた通訳案内士の一次試験の合格発表があった。中国語、日本歴史、日本地理、一般常識の4科目の試験で、歴史と一般常識はほぼ諦めていたのだけれど、結果は思いがけず合格だった。12月に面接の二次試験がある。すっかり諦めていただけに、気持ちを入れ替えて二次試験対策の勉強にとりかかれるのか不安・・・。学校も辞めてしまってからすっかり気持ちがたるんでいるので(笑)。
25、6歳の頃、まだまだ中国語が下手だった。通訳という仕事に対する理解もなく、ガイド通訳と会議通訳とではどれほどランクが違うかということも分かっていなかった。漠然と通訳になりたいと思い、通訳案内士の資格に憧れ、この資格を取得さえすれば仕事が舞い込んでくるのだろうと思ったりしていた。それから色々あって、ずっと受験する機会を逃し、今年ようやく受験することができた。数年前からはこの資格を取っても特に何も変わらないということも分かってきたのだが、それでもやっぱり受験した。昔のような情熱(?)をすっかり失くした頃にようやく廻ってきた受験の機会。
25、6歳の当時、30歳までにはこの資格を取得しようと思っていた。取得したら自分へのご褒美にピアスを開けようと思っていた。資格を取って、ピアスを開けて、仕事に打ち込む自分を想像したりしていた。今はなんとも切ない気分・・・。

二次試験、頑張ろう。もし合格してもピアスは開けないだろうけど。25、6歳の時あんなにこの資格に憧れていた自分のために頑張ろう。資格の価値なんて考えず、過去の自分に「取ったよ!」と言ってあげるために頑張ろう。
e0027594_1315988.jpg

[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-11-20 01:34 | 国際結婚2006年の日記


<< 先生も泣く      お笑いも華流 >>