只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 27日

わが子のケース⑧

第11日目 10月26日(木)
医師から特に制限されたわけではないが、今日くらい保育園をお休みしようと思っていた。入院が長引くと思っていたから仕事も休みをとったし。
しかしマンションが断水。2歳児のいる家庭で水が出ないのは致命的。そこで渋々保育園に預けた。とても心配なんだけど。水が出たらすぐ迎えに行こうと思っているのに4時になってもまだ水が出ない。待ちきれなくなって保育園に行く。息子は元気だった。よかった。久々の保育園は楽しかったようだ。よかった。

第12日目 10月27日(金)
息子は血液製剤のガンマグロブリンを投与しなかった。ガンマグロブリンを投与した場合は半年ほど予防接種ができない。(厳密に言うと予防接種しても効力がなく、意味がないから打っても仕方ないらしい。)でも逆にガンマグロブリンを投与するとしばらくの間免疫力が高まって病気にかかりにくいとも言われる。主治医によると川崎病にかかった子供はインフルエンザ水疱瘡にかかると重症化する(アスピリンを飲んでいる為)ということで、息子はガンマグロブリンを投与してないから、退院後すぐにでも予防接種に行くようにと言われる。早速予約し、今日の夕方に接種予定。小児科医は「本当に打ってもいいの?」と私に聞いてきた。・・・そう言われると不安になっちゃうよ・・・。主治医を信じてとりあえず打つ・・・でもまだしばらくドキドキの日々が続きそう・・・。

ちなみに回復期によく見られる手の皮がむけるという症状は、息子の場合24日(火)頃から「もしかしてこれ?」という程度に少しだけむけ、「やっぱり違うかな?」と思っていたら別の場所がまた少しだけむける・・・という感じで、医師も私も川崎病の症状なのかどうか見分けがつかない。ベローンとむけるわかりやすい子もいれば、息子みたいなわかりにくいパターンもあるようなので、そんなに心配はしてないけど、ベローンとむけるとはっきり回復の兆しが見えたと判断できるそうで、医師はずっと皮がむけるのを心待ちにしていて、その様子が笑えた(笑)。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-10-27 10:23 | 川崎病になっちゃった!


<< この先のこと      わが子のケース⑦ >>