只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 26日

わが子のケース③

第4日目 10月19日(木)
朝起きると熱は37.6℃目が赤い手も赤いブツブツは減っている食欲は全然ない。私は仕事があるので母に病院に連れて行ってもらう。・・・で、すっかり忘れていたのだが、かかりつけの小児科医はちょっと難しい先生だった。母もけっこうキツイ性格。ふたりの相性はサイアクで、なんだかわからないけどケンカになったらしい。で、なんだかわからないけど母は医者に息子の血液検査をさせた。まあ医者も必要を感じたから採血したんだろうけど。採血の時暴れる息子を押さえ込むのに大騒ぎだったらしいが、なんとか採血終了。一度自宅に戻って午後にまた結果を聞きに行く。お昼にはおむすびを少し食べた息子。熱は37.5℃~37.7℃
血液検査の結果は白血球数の値が高く、とりわけ好中球(Neutro)の値が高く、またCRP定量検査の値も高く、CRP定性検査では強陽性との結果。・・・と言われてもよく分からん。つまりは強い炎症反応が出ているとのこと。小児科医は「明日熱が下がらなかったら大きな病院に入院することになる。」と言って、引き続き抗生物質を処方してくれる。しかし母は医者とケンカ中の為、きちんと薬を飲ませてくれたかは不明(泣)。息子はいつもよりは元気がないが、それでも家の中を走り回って遊ぶ。夕食もほとんど食べず、やはり舌を出す。舌が痛いのか?一口食べてはお腹をさすっている。お腹が痛いのか?痒いのか?しかしお腹の発疹はおさまったのだが・・・。熱は38℃前後。熱さましのシートを貼ると嫌がるので断念。熱は下がらないが、夜中に起きて泣いたりはしなかった。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-10-26 09:53 | 川崎病になっちゃった!


<< わが子のケース④      わが子のケース② >>