2006年 10月 25日

わが子のケース②

第3日目 10月18日(水)
薬が効いていない感じがするので、小児科を受診したいがあいにく水曜日は休診。でも朝には36.7℃に熱が下がり、朝食も食べたので翌日まで様子を見ることにする。この様子では今週中の登園は無理そう。しかし翌日の木曜日は大事な通訳の予定が入っていてどうしても出勤しなくてはならない。実家の母にHELPの電話をする。お昼頃から元気がなくなり機嫌が悪い。息子の好物をたくさん作ったのにほとんど食べない少し食べてはお腹をさすっている痒いのか?痛いのか?熱は何度測っても37.5℃~37.7℃。家にいるとどんどん機嫌が悪くなるので、ベビーカーに乗せて電車を見に行く。電車を見ているとゴキゲン。でもいつものようにベビーカーから降りようと暴れたりはしない。とても大人しい(元気がないとも言うけど)。電車を見ながらパンを少し食べる。帰るのを嫌がるので1時間以上電車を見る。ふと息子の目が充血してること、手のひらが真っ赤になっていること、いつもより息子の手が大きく、指が太くなっている(要はむくんでいる?)ことに気付く。和菓子の練りきりみたいな手だった。なんだか嫌な予感。
夕方母が到着。母に慣れるのに時間がかかったが、その後機嫌よく母と遊ぶ。熱も36℃台に下がる。しかし夕食は全然食べず、水分も摂りたがらない。食べさせようとすると舌を出したりする。ひょっとしたら舌が痛かったのかも。結局またどんどん熱が上がり、38℃に。寝る前に体を拭いてあげるとブツブツが減っている。そのせいか久しぶりに夜ぐっすり眠ってくれた。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-10-25 17:07 | 川崎病になっちゃった!


<< わが子のケース③      わが子のケース① >>