只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 07日

陣痛ウエルカム⑦

私の産院ではヨガ教室の妊婦が「出産までに要する時間の最短記録」を続々と更新していたようです。確かに時間がかかればかかるほど体力を消耗して、陣痛促進剤を打ったり、帝王切開になったりと、なるべく自然体で生むということからかけ離れてしまうのは事実です。しかし、他の人が6時間で生んだとか聞いても私はピンときませんでした。なんとなくお産=時間がかかるものというイメージがあったのです。私は結局病院に着いてから12時間後に出産しました。私にとっては普通のことでしたが、助産師さんの焦り様から考えるに、助産師さんはもっと短時間で生んで欲しかったのだと思います。もちろん、私のことを心配してくれてのことなんですけどね。
で、自分の出産を振り返ると、やっぱり自分のイメージ通りでした。陣痛が来たらひたすらダラダラして、最後に体力を残しておくというイメージのそのままになりました。短時間勝負をするというイメージは全く持っていなかったので、短時間では生まれませんでしたが、私はそれでいいんです。ただ、ひょっとしていつもいつも短時間で生むことをイメージトレーニングしていれば、短時間で生まれるのかも知れないとは思います。今度は試してみます。お産を終えての感想は「案外楽しかった」ということです。その気持ちは助産師さんにも伝わりました。最後に「いいお産でしたね」と言ってくれました。恐怖心を持ってお産に挑むのではなく、ポジティブにお産に挑むことの大切さを実感しました。まさに「陣痛さんウエルカム」です。このことを教えてくれた助産師さんにはとても感謝しています。
おっぱい育児にとても力を入れている病院だったので、怖いくらいに厳しくおっぱい指導をされ、ペチャパイの私(ちなみに大きさは関係ないらしい)でもおっぱいをあげることができました。産後もっともショックだったのは、しぼんだゴム風船のような醜いお腹です。赤ちゃんが入っている時はピーンと張り詰めてそれなりに美しかった(?)のに、赤ちゃんが出ていったら、どす黒くなり、しわしわにしぼんでいるのです。見るたび悲しくなりました。夫に対して「責任とれよ」とも思いました。数ヶ月間は醜いままでした。いつの間にか出産前のようなお腹(やや太めですが・・・)に戻りましたけど。

この数日たまたま実家に帰っているので、時間がとれて出産体験を書くことができました。忘れないうちに書き留めて、いつか息子に見せてやりたかったので、一仕事終えた気分です。
出産を控えたみなさんのお産がいいお産となりますようにお祈りしています。私もいつになるか分かりませんが、またお産したいです。今度はオマタが裂けないようにイメージトレーニングをしておきます。ではでは。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-04-07 11:05 | 妊娠・出産体験


<< 息子ダウン?      陣痛ウエルカム⑥ >>