只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

陣痛ウエルカム①

妊娠7ヶ月の時には産む病院も決まっていなかった私・・・。いい加減なものです。しかし息子はどんどん大きくなり、全然出産の心構えができていない私は正直、焦りました。あの痛そうな、超痛そうな陣痛&出産をどう迎えれば良いのか。そんな中、日本に来たばかりの夫と住む家を探し、家具を買い、なんとか生活する環境を整え、しばらく病院に行くのを忘れていた(汗)私は、近所の産婦人科にフラリと立ち寄りました。そこでマタニティヨガ教室の案内を見つけました。病院主催で週に1回、500円で参加できます。そろそろ出産に挑む体力をつけよう!という目的で参加したのですが、この教室を担当していらっしゃる助産師さんがとても素敵な方で、毎回ヨガの後その人の話を聞いているうちに、妊娠や出産に対する考えがどんどんポジティブになっていくのが自分でも分かりました。いまでもその方の色々なお話は心に残っています。そしてそのお陰でとても素敵な出産ができたし、この先もたくさん子供が欲しい、じゃんじゃん産んでやると思うようになりました(まあ、お金があればなんですけどね)。
私の文章力でその人の話の素晴らしさがどこまで伝わるか分かりませんが、ぜひ出産までに「陣痛さんウエルカム(その人がよくそう言っていたのです)」という気持ちになっていただきたく思っています。
まず、これは最近母親学級などでもよく読まれている詩なのですが、お腹の中の赤ちゃんがママとパパに話しかける詩をその人もよく読んでくれました。わたしがあなたを選びましたという詩です。
おとうさん、おかあさん、あなたたちのことを、こう、呼ばせてください。あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、わたしは地上におりる決心をしました・・・
よく「子は親を選べない」と言うけれど、そうではなく、実は子供は親を選んで、このパパとママの子として生まれたいと思ってお腹に宿るのだという詩です。プレママのほとんどはこの詩の朗読を聞くと泣いちゃうんです。ひねくれ者の私は泣きはしなかったけれど、やっぱりいつまでも心に残っていて、いつの間にかこの詩の世界に影響され、今ではこの詩の通りだと思うのです。
息子が起きちゃいました。続きはまた今度。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-03-31 16:39 | 妊娠・出産体験


<< 陣痛ウエルカム②      ろうそくの火 >>