2006年 03月 14日

要不要?

e0027594_15351741.jpg
上海での6日間のことを記憶が薄れないうちに書こうと思っていたのですが、なかなか時間がとれないでいるうちに随分日が経ってしまいました。
それでもやっぱり書いておきたいことがありまして、今回の上海滞在中にああ私ってやっぱり日本人・・・と思い知った出来事があるのです。
夫の兄は以前随分長い間Lちゃんという女の子と付き合っていて、Lちゃんも頻繁に夫の実家に泊まりに来ていました。夫の両親と夫の兄とLちゃんと4人で同居していたようなものでした。でも二人はなかなか結婚しませんでした。夫の兄もLちゃんも二人ともがイマイチ結婚に乗り気ではなかったのです。二人は避妊していたはずでしたが、ある日Lちゃんに妊娠が発覚しました。そして二人はほとんどためらうことなく中絶という答えを選びました。私にとってはとても驚きの出来事でした。しかし話を聞いてみるとどうもLちゃんの方が望んで中絶を選択したようなのです。その後数ヶ月して二人は別れました。そして今回訪中すると、夫の兄は新しい彼女とラブラブでした。
夫の母は私にLちゃんについての話をしてくれました。「長男の前の彼女ね、あの子は子供が要らないって言うから、もう別れてもらったのよ。あの子はね、子供ができたのに要らないって言ったから。あの子はね、中絶したのよ・・・・・・。」
ことのいきさつはともかく、中絶したからには心身ともにダメージを受けたに違いないLちゃん。私は「Lちゃんの体は大丈夫なのか」と夫の母にたずねました。
「大丈夫よ、中絶は簡単よ。産むよりずっとラクよ。」
それでもやっぱり中絶なんてショックが大きかったろうなあと心配する私。すると夫の母は、
え?アンタ(私のこと)、もしかして、赤ちゃんまたできたの?そんで中絶がタイヘンかどうか心配してるの?」と、話が全然違う方向へ行ってしまいました。どうやら他人の中絶をそんなに心配するのはおかしいことのようです。

このことをあとで夫に話したら、
「ああ、だって、お母さんだって少なくとも6回中絶したもん。」
と、あっさり・・・。
どうやら、中国の人々にとって中絶は日常茶飯事なできごとのようです・・・。

そういえば、妊娠したかもしれないと思ってはじめて中国の病院で検査を受けたとき、妊娠検査薬で陽性反応が出て、中国人のお医者さんに、
「妊娠してるわよ、要るの?」
と言われたとき、私はとーってもショックを受けたのを思い出しました。日本ではとりあえず「おめでとうございます」とか言ってくれるのにと、悲しくなりましたっけ。
でも中国ではまず「要不要?」って確認するのが普通なほどに中絶が盛んに行われているってことなのかなあ・・・。いくら一人っ子政策だから二人目は産めないからだとか言われても、なんだかカルチャーショックなんです。どうにも割り切れません。
夫の言葉が頭に響きます。
「俺が知ってる限りでも6回だからね、本当のところ何回かは知らないよ、少なくとも6回だよ。」
[PR]

by xiaozhuzhu | 2006-03-14 15:47 | 2006年上海へ里帰り


<< 親子カット      すっぽん >>