只今ハーフ育成中

xiaozhuzhu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 12日

ようやく

昨日、息子の歯が一本抜けました。
「歯がグラグラする~」と言い始めたのはずいぶん前で、しかし何かと神経が細やかな(?)息子はその歯に食べ物が当たらないように細心の注意を払い(笑)大事に大事に守ってきたのです。その歯の後ろ(口の奥の方)からは待ちきれずに新しい歯が生え始め、グラグラの歯の横の歯もグラグラしはじめました。ますます細心の注意を払う息子。そしたら2番目のグラグラの歯の後ろからまたもや新しい歯が・・・。
まるでサメの如く2列に並ぶ息子の歯・・・(笑)。

しかし昨日、ようやく一本抜けました。もう一本抜けるのも時間の問題だと思われます。
・・・ヨカッタ。

実は保育園の先生からも、小学校の入学前健診(就学時健康診断)でも「古い歯を歯医者さんで早く抜いてもらいなさい」と言われていたのですが・・・病院嫌いの息子が同意するはずもなく、早く自然と抜けてくれないかとハラハラしていたのです。ほんとヨカッタ。

小学校の入学前健診では「耳垢が溜まっている」との指摘も受けました(泣)。確かに、これまた神経が細やかな(?)息子は一切耳を触らせてくれないのでそりゃ耳垢も溜まるでしょう。3歳頃耳鼻科で数人で押さえ込んで掃除したっきりです。もう6歳の息子。今度は大人数人で押さえ込んでも無理かな・・・麻酔で眠らすとか?!

さらに小学校の入学前健診では「川崎病」に罹った事があると言うと、主治医に「学校生活管理指導表」を書いて貰うようにと用紙を渡されました。ううう・・・また会社休んで病院に行かなくちゃ(泣)。

小学校に提出する資料に「発達障害」である事を書いて帰宅してきたのですが、すると小学校から電話がかかってきました。内容は「普通学級を希望かどうか」。電話で事務的に聞かれるとちょっと寂しいような・・・でもまあ、やっぱり初めから言っといた方がいざ何か起こった時に周囲も慌てずに済むかなと思うしね。

とりあえず、歯が抜けてホッとしている私でした。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2010-11-12 00:32 | 2010年(5~6歳)の日記


<< 4年後      6歳 >>