2009年 12月 25日

科学&サンタさん

重力とか、天体とか…ともかく理系の話題が好きな息子。
「ママ、1℃の地球ってある?」なんて質問がいきなりとんできます(汗)。
ちなみに意味は「平均の表面温度が1℃の地球のような天体がこの世に存在するか」ってことですね。太陽の表面温度が数千度と聞いて、そんなら1℃の天体もあるかなと思ったらしいです。数字オタクの息子としては、何事も「1」から順序良く並んでないと困るんだなあ、きっと。

さて、クリスマス。息子の保育園にサンタさんがやって来ました。しかし息子は言います。「あれはサンタの格好したただの人間だよ。」
でも母はめげずに、息子の枕元にプレゼントを置きました。絵本2冊と小物2点。そのうち1冊はシールを貼って自分で完成させるという工作ブックです。シールを貼るのが大好きな息子(子供はみんなそうだけど!)、きっと気に入ってくれることでしょう。
朝起きて、息子の反応を見ると…喜んでます。そして、本物のサンタさんが持ってきてくれたと信じています。おお~やっぱり普通の5歳児だ~。

でも息子は首をかしげます。「でもサンタさんはどうしてボクがシールが好きって知ってたのかな…?」
…どこまでも疑り深い男です。
[PR]

by xiaozhuzhu | 2009-12-25 23:59 | 2009年(4~5歳)の日記


<< もっとシンプルに      ツリー >>